スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
いったい何年使っているのかな。

110511ホットサンド①


我が家のホットサンドメーカー。

(ホットサンドメーカーというよりも、
ホットサンドといった方がしっくりくる感じです。)

よくある電気式ではなく、昔からの直火式。
直接ガスコンロにかけるので、けっこう焦げやすい。w

でもこの形がなんとも愛らしく、
こんがり直火で焼けたホットサンドは
なくてはならない朝ごはんメニューのひとつ。


怪しい記憶では結婚したときに義母から譲り受けたような。。。

なので、かれこれ20年以上の年季モノ。


そういえば我が家には今でもしっかり愛用している
年季モノの調理器具がたくさん。


ユキヒラ鍋とスパテラは、高校生の頃の友達からの誕生日プレゼント。
→高校生の誕生日プレゼントが鍋っていうのもどうかと思うケド、
 とにかく当時は自分の「鍋」が欲しかった。(^^ゞ


毎日味噌汁作りに活躍している(3人分の味噌汁がちょうどよく
作れる大きさ)ミルクパンは一人暮らしを始めたときに
買ったものだからかれこれ25年近く。

包丁とペティナイフは大学時代からずっと使っているので
これらも20年以上。。。研いでいるのでだいぶ小さくなってきたけれど。


何回か引っ越しを重ねてもずっと一緒。

どれも決して高いものではないけれど、
愛着のある調理器具たち。


ルク鍋やシリットのお鍋、圧力鍋など、年季ものでない
調理器具たちももちろん大活躍してくれていますが、

こんな年季モノたちも大事に使っていきたいと思ってます。



そんな中のホットサンドメーカー直火式。

中はこんな。
110511ホットサンド②


バターを塗ってパンを置き、
具材をはさんでさらにパンを置いてしっかり挟んで直火焼き。

火加減、気をつけないと焦げやすい。

特に続けて数回焼く場合、2回目以降は
ホットサンドメーカーがしっかりと熱くなっているので極弱火にて。



焼き加減は長年使っているので、だいたいの勘。( ̄∇ ̄;)

そろそろかな、と思って見るとちょうどよく焼けてます。


ただ時々、違うことをしていて、、、

ハっと気づくとパンが焦げたアノ匂い。


そんなことにならないように、コレを使うときは
朝からちょっとだけ緊張気味です。


今日のホットサンドは、

バナナとクリームチーズにハチミツとシナモンをプラス。

常時置いてあるバナナも気候が暖かくなってきて
寒いときよりも早く熟れがち。


熟したバナナは加熱することにより、
さらに甘味が増すので
ハチミツはほんの少しだけ加えます。



『バナナとクリームチーズのハニーホットサンド』
110511ホットサンド③


【材料 1~2人分】

食パン(8枚切り)・・・・・・・2枚
クリームチーズ(kiri) ・・・・1ケ(18g)
バナナ・・・・・・・・・・・・ 小1本
ハチミツ・・・・・・・・・・・ 適量
シナモン・・・・・・・・・・・ 少々
バター

【作り方】

①ホットサンドメーカーにバターを塗る。
*バターの塊のまま直接塗ってしまいます。

②クリームチーズは小さく切り、バナナは薄切りにする。

③①に食パン1枚を置き、クリームチーズを均等にちらし、
 ハチミツをかける。
 さらにバナナを散らすように置き、お好みでシナモンを振って
 もう1枚の食パンをのせる。

④ホットサンドメーカーのフタをきっちりと閉め、留め具をはめて
 直火にかける。強めの弱火で2分ほど。
 時々裏返して、ほどよい加減で留め具をはずして焼け具合を確認。

⑤こんがりと焦げ目がついたら取り出し、食べやすく切る。




焼き加減があいまいな書き方でスミマセン。

火加減にもよりますし、2回目以降は特に頻繁に裏返した方が
焦げにくいです。



【ホットサンドアレンジ】

★大人気のハム&チーズ(フレンチマスタードを塗っても美味!)

★残ったカレーで焼きカレーパン!

★残ったミートソース&とろけるチーズ(お好みでタバスコプラス)

★ツナマヨ(玉ねぎのみじん切りを加えると食感も味もアップ)

★玉子マヨ(ゆで玉子+マヨネーズ)

★ポテトサラダ(きゅうりは入らない方がいいかな。)

★コールスローサラダ(ハム入りだとさらに美味)


おやつホットサンド♪

★チョコバナナ(刻んだ板チョコ使って)

★あずきとクリームチーズ(けっこう好きです。)

★りんご+ハチミツ(薄切りりんごのシャッキリ感が美味)




上記のアレンジ、ホットサンドメーカーがなくても、
トーストしたパンにはさんで”トーストサンド”にしたり、

はさんでからフライパンで焼いても
ホットサンド的仕上がりが楽しめます。 


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへはこちらからも訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ

パン | コメント(22) | トラックバック(0)
今日は日曜日。皆様いかがお過ごしでしょうか。

ワタクシ、今日は午前中はお休みでしたが、午後からお仕事。

実は今夜から明日、明後日と3日間、料理撮影が集中的に
行われます。

「今夜から」というのは夜10:00からです。(^▽^;)

とある和食処のメニューを一新するため、
そのメニューにのせる写真を撮影します。

撮影、といっても私が撮るのではなく、もちろん撮影は
プロのカメラマンの方。

私は料理のスタイリングです。
(料理人の方が作ったものを写真にしたときに美味しそうに
見えるよう少し手を加えます。)

夜10:00に始まって何時に終わるか。。。
考えるとちょっと恐ろしいのであまり考えない
ようにしています。(^^ゞ


ですので、コメントいただいた返信や皆様のところへの
ご訪問が少し遅くなるかもしれません。

が、コメントはありがたく読ませていただいてますし
(とっても楽しみにしています!)
ご訪問は少し遅れるかもしれませんが、伺いますので、
ご了承くださいね。


そんな慌ただしいなかでも朝ごはんはきっちり食べてます。
(私のチカラの源でもあります。)


3月も終わりに近づき、冬の間大活躍してくれたりんごも
少々食感が悪くなってきます。
(私の実家の方ではこの状態を「ボケたりんご」という言い方をします。)

そのまま食べるのはシャリっと感がないし、
味もぼんやりした感じ。

慌ただしい朝でも簡単にできるトーストに変身させました。


『スライス焼きりんごトースト』
スライス焼きりんごトースト


【材料 1人分】

食パン(8枚切り)・・・ ・・1枚
りんご・・・・・・・・・・・1/2ケ(小さめのもの)
バター、砂糖、シナモン・・・各適量


【作り方】

①りんごは1/2ケを半分にして芯を除いて皮をむき、薄切りにする。

②食パンに①のりんごを並べ、バターをちらし、砂糖をふりかけて
 トースターで7~8分焼く。

③こんがり焼けたらシナモンをふる。


【ひとこと】

☆食べるときはパンを半分に切った方が食べやすいです。

☆お子様のおやつにもいいですよ!


焼けたりんごは砂糖控えめのアップルパイの中身の
ようで、薄切りのパンとよく合います♪


それでも残ってしまったボケたりんごは
薄切りにして砂糖とレモン汁を加えて煮たり、
(ジャムほど甘くしなくても)

大きめに切ってコンポートにしたり、

バターと砂糖で炒めて”キャラメルりんご”にして
お菓子に使ったり。。。

すりおろしてカレーや焼肉のタレに使っても
いいですね!


「1日1個のりんごで医者いらず」
ともいわれるりんごはカラダが喜ぶ嬉しい栄養素が
いっぱい!

整腸作用のある食物繊維をはじめ、血圧調整をしてくれる
カリウム切っても加熱しても壊れにくいビタミンC
たっぷり含まれます。

また、ペクチンには腸内の悪玉菌を減らし、解毒効果も。


胃腸の調子が悪いときにすりおろしたりんごを
食べる、というのもうなずけます。


加熱すると、カサが減るので生の状態よりたくさん
食べることはできますが、砂糖を使う場合は
加える量にご注意くださいね。


糖分過剰になってしまうと、せっかくのりんご効果が
あっても、同時に太ってしまう原因になりかねませんので。

(自分で砂糖を加えて煮たり焼いたりしてみると、
市販のアップルパイなどがどれだけ砂糖が入っているのか
よくわかります。)


冬の間は常温保存でもイケていたりんご。
この時期そのまま常温においておくと気温が上がって
いるために速くボケがすすんでしまいます。

生でまるごと食べるのが一番ですが、
食感悪くなったりんご、腐らせる前に上手に活用して
いきたいですね。


**************************************


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
皆様のおかげで、ランキング、じわりじわりと上がっており、新規ご訪問の
読者様が増えています。

読者様が増えることにより、カラダが喜ぶごはんでさらに健康でさらに美しく
笑顔になる方がもっともっと増えるといいな~と思ってます。
 
皆様の応援クリックが更新の励みになっています。
温かいコメントのお言葉も本当にありがたく読ませていただいています!
お手数とは思いますが、
今日もクリック凸凸いただけるととってもとっても嬉しいです。(^^♪



人気ブログランキングへ

明日もおいしいごはんでワクワクいっぱい♪の1日でありますように。.:*・゚☆.。。.:*・゚☆.。


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ



パン | コメント(12) | トラックバック(0)

トーストサンド

2010/03/04 Thu 21:23

今日もクリームチーズネタです(^^ゞ

スパゲッティにしてもまだクリームチーズが
残っていませんか?

トーストサンドはいかがでしょうか。

朝ごはんにはもちろん、
おうちでの”ひとりランチ”でも
手軽にできるので重宝です♪

野菜も卵も入っているので
1サンドで栄養満点!なトーストサンドです。



『トーストサンド ~クリームチーズと玉子とほうれん草~』

トーストサンド


【材料 2人分】

食パン(8枚切り)・・・・・・・4枚

クリームチーズ・・・・・・・・・40~60gくらい

卵・・・・・・・・・・・・・・・2ケ
オリーブ油・・・・・・・・・・・大さじ1/2
塩、こしょう・・・・・・・・・・各少々


ほうれん草・・・・・・・・・・・4株
塩、こしょう・・・・・・・・・・各少々


【作り方】

①クリームチーズは耐熱容器(小鉢などでも)に入れて
 レンジで温め、やわらかくする。
*600w 20~30秒目安。温めすぎにご注意を!

②トースターで食パンをトーストする。

その間に具材の準備を。。。

③フライパンにオリーブ油を熱し、
 溶き卵に塩、こしょうを加えて混ぜ、
 強火で炒り卵にする。器に出す。
*卵は8分通り火が通ったところで器に出せば
 余熱でちょうどよくなります。


④③のフライパンでざく切りほうれん草を炒める。
 (強火、塩、こしょうで味付け)
*卵を炒めたフライパンをそのまま使います。油は敷かなくてOKです。

⑤トーストに①のクリームチーズを塗り、
 炒り卵、ほうれん草のソテーをのせてはさむ。
 2つにカットしてできあがり。


【ひとこと】
☆お好みで、卵は塩、こしょうではなく、砂糖を小さじ1ほど
 加えると、ほんのり甘さが出てこれもgoodです。


クリームチーズは少しやわらかくするとパンに
塗りやすいです。

<アレンジ>

■クリームチーズ+ハチミツ+薄切りりんご

今回は写真ないですが、これもおすすめの組み合わせ!

■クリームチーズ+アボカド+薄切りハム+レタス+マヨ

サラダ感覚で食べられるサンドです。
(熟したアボカドもパンに塗ります。)


トーストサンドはそれだけで、栄養素もおなかも満たされるので、
うちではよく朝ごはんに登場します。

あとは簡単なスープとフルーツとコーヒー!

朝から元気いっぱいにカラダが働きはじめます。


前回は明太子のお話でしたので、
今日はクリームチーズのお話を。。。

クリームチーズは、生クリーム、または生クリームと牛乳を
混ぜ合わせ、乳酸発酵させて作る熟成させないフレッシュチーズ
のことです。

よって、よくカルシウム補給には(牛乳でなく)チーズでも!

といわれますが、クリームチーズには生クリーム(or牛乳)が
かなりの量、入っていますので、ほかのナチュラルチーズより
カルシウムの量は少なくなります。


(その分、脂肪分が高めになります。)

ですので、健康重視の方にはあまりおすすめできる
チーズではないのですが、あのまろやかな口当たりと
ほのかな酸味は独特ですょね。

「おいしい」と思う感覚は消化やココロの栄養にもなりますから
時々使うくらいであれば、問題ないと思います。
ごく健康な方であれば。

(中性脂肪やコレステロール値が日頃から高い方は
控えた方がよいです。)


”おいしいもの”ってときには脂と砂糖のカタマリだったりも
しますが、(アイスクリーム、ホイップクリームなど)

それも毎日大量に継続して食べることをしなければ、
(時々の楽しみとするならば)それで、ココロが満たされるので
あれば、カラダのためにもいいのではないかな~と
私は考えます。


となるとクリームチーズも「kiri」などの使い切りポーションタイプ
の方が使いやすいですね(^^ゞ 少々割高ではありますが。。。


今日もご訪問いただき、ありがとうございます。(*^^) 
ランキングに参加しています。応援クリック凸凸いただけると嬉しいです。♪


人気ブログランキングへ

明日もおいしいごはんでピカピカ笑顔の1日でありますように☆


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます☆
↓↓↓

おきてがみ




パン | コメント(8) | トラックバック(0)

メイプルラスク

2010/02/13 Sat 21:06

10年ほど前に、天然酵母のパンの店を営む友人と2人で
パンを使った料理教室をやっていました。

先日、レシピを整理していると、そのときの
レシピが出てくる出てくる。。。

「パンDEおでかけ」、「パンDEおつまみ」、「パンDEパーティー」
・・・などなど毎回テーマを決めて7~8品のパン料理を作っていました。

その友人のパン屋さん、ダンナ様と2人でやっている
小さなお店ですが、連日行列の繁盛店!このご時世でも。


その土地を離れてしまった私、久しくお邪魔して
いませんが、レシピを発見してまたあのパンを
食べたくなりました♪

ご主人の作るパンを友人である奥さまが売っているんですが、
なんだかね、ものすごく”愛”を感じる味なのです。
単に「おいしい」だけでない何かが。。。

バケットなんか特にサイコーでした。(*^_^*)


今日はそんな思い出に浸りながら、残っていた
メイプルシロップを使ってパンでのおやつを。


『メイプルラスク』

ラスク



【材料】
フランスパン
バター
メイプルシロップ

※材料はすべて適量です。


【作り方】
*オーブンは160℃15分設定で温めておきます。

①フランスパンは7~8㎜の厚さに切る。
*フランスパンはバケットでも太めのバタールでもよいです。
*焼きたてのパンは切りにくいので、1~2日たったものがよいです。

②バターはレンジでやわらかくする。
*バター50g、500w、20秒が目安です。

③カットしたフランスパンにやわらかくしたバターを塗り、
 さらにメイプルシロップを塗る。

④天板にオーブンシートを敷き、③を並べて
 160℃に温めたオーブンで15~20分焼く。
 ほんのり表面がキツネ色になっていればOK。
*途中のぞいてみて焦げ目が強くなっているようでしたら
 ホイルをかぶせてくださいね。

*パンの水分量やオーブンによっても焼き時間に差がありますので
 調整を。


⑤少し冷ましたらできあがり。


【ひとこと】
☆フランスパンはパン屋さんによってはカットしてくれる
 お店もあるので、頼んでみてもよかも!

☆オーブンレンジをお使いの方は最初にレンジで
 バターをやわらかくしておいてから
オーブンを
 温め始めましょう。

☆できあがって完全に冷めてから、缶などに保存すれば、10日間ぐらいは
 湿気らずに美味しく召し上がれるかと思います。

(うちはそこまで持たず、2日間ぐらいでなくなってしまいますが
 。。。(^^ゞ)


アレンジもたくさん可能です。

◆バターシュガー(バター+砂糖)

◆ハチミツ

◆コンデンスミルク

◆ガーリック(バター+おろしにんにく)

◆チーズ(バター+粉チーズ)


◆ハーブバター(バター+お好みのハーブ)

◆マスタードバター(バター+粒マスタード)


いずれにしても最初にバターを塗った方がよいです。
風味と食感がよくなります。

オリーブオイル+岩塩+ブラックペッパーなんて
シンプルなものもおつまみラスクとしていいですね。

バターシュガーやハチミツにはシナモンパウダーを
少し振っても美味ですが、焦げやすくなりますので、
ご注意を。


いろんな味でちょっとした手みやげにも
喜ばれますょ^^
簡単だし。


さて、本日使った”メイプルシロップ”
楓(カエデ)の樹液を濃縮した天然の甘味料!

低カロリーカリウムカルシウムを豊富に含むので、
ダイエット甘味料、といえるかもしれません。


ただ、少々お高い割に、ホットケーキやフレンチトースト以外には
なかなか登場の機会が少ないのではないでしょうか。

もしメイプルシロップ少しだけ残ってた~なんてときは
ぜひラスクにもしてみてください!

焼いているときの香りもたまりませんよo(*^▽^*)o!


今日もご訪問いただき、ありがとうございます。(*^^) 
お帰りの際、応援クリック凸凸いただけると嬉しいです。♪


人気ブログランキングへ

明日もおいしいごはんでHappyな一日でありますように☆


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます☆
↓↓↓

おきてがみ


パン | コメント(4) | トラックバック(0)

白玉もちもちパン

2009/12/04 Fri 18:53

もちもちっとした食感が大好きです(^^♪

ブラジルのチーズ入りもっちりパン「ポンテゲージョ」

このほかにもパン屋さんに行くと最近は
たくさんの小さめもちもちパンが売っています。

ポンテゲージョのもっちり感はキャッサバ粉(タピオカ粉)の
もっちりですが、

近所のスーパーになかったり、輸入食品屋さんでも
少々高価だったり・・・

身近な食材でもっちり食感って。。。
!!!ありました^^ 白玉粉が。

白玉粉と粉チーズと牛乳と・・・家にあるもので
作ってみたら大正解!

朝ごはんにもおやつにもぴったりです。


子供にリクエストをせがまれました(*^^)v


『白玉もちもちパン』

白玉もっちりパン

【作りやすい分量】
*小さめのものが16ケ分くらい。

白玉粉・・・・・・・80g
牛乳・・・・・・・・100cc
オリーブ油・・・・・大さじ2
薄力粉・・・・・・・50g
ベーキングパウダー・・・小さじ1/2
粉チーズ・・・・・・20~30g

【作り方】
*オーブンは180℃に温めておく。

①白玉粉をボールに入れ、牛乳を少しずつ入れて、
 手で白玉粉をつぶすように混ぜていく。
*徐々に牛乳を加える量を増やしていく。
*少々のダマなら残っても大丈夫ですょ。


②①にオリーブ油を少しずつ加えながら混ぜていく。

③薄力粉、ベーキングパウダー、粉チーズを
 ふるい、②に一度に加え、手でこねる。

④生地を16等分に分けてまるめる。

⑤180℃に温めたオーブンで15~20分焼く。
*竹ぐしを刺してなにもついてこなければ
 できあがり♪


【ひとこと】
★オリーブ油がない場合はサラダ油でもOK。

★焼きたてを食べるのが一番美味ですが、
 冷めたものや次の日に食べる場合は、オーブントースターで
 少し温めてから
食べると、
 外カリッカリ、中モッチモチになります。

★粉チーズのかわりにチョコチップやドライフルーツを
 加えるアレンジもできそうです。
 (やったことないけど(^^ゞ)


白玉粉はもち米が原料なので、この独特のもっちり感を
出すことができます。
(ちなみに上新粉はうるち米からできています。)

オリーブ油は「オレイン酸」という不飽和脂肪酸が
60%以上含まれています。

この「オレイン酸」血中の悪玉コレステロールを
抑制させる働き
があるありがたい脂肪酸です。

*「不飽和脂肪酸」とは心臓や脳などの重要な器官に必要な
 必須脂肪酸で、血中コレステロールや中性脂肪を抑制させる
 働きがある脂肪酸です。





パン | コメント(2) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。