スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今日も懲りずに豆乳ヨーグルトレシピです。( ̄∇ ̄;)


使う材料も昨日のサラダにも使ったアボカドとサニーレタス
しりとり料理です。( ´艸`)

そこにトマトとクリームチーズを加えました。


涼しくなってくると、アボカドやチーズを使った
コクのあるソースもおいしくなってきます。


昨日のサラダはソースベースにアボカドを使いましたが、
今日はアボカドはしっかりそのものの味を味わって

ソースにはクリームチーズでコクづけ。


今までであれば、マヨネーズにプレーンヨーグルトを
加えて作っていましたが、

豆乳ヨーグルトであれば、マヨネーズいらず!


チーズのコクと豆乳ヨーグルトのまろやかさも
ぴったりです。




『アボカドとトマトのサラダ ~豆乳ヨーグルトチーズソース~』
111002【豆乳ヨーグ】アボカドとトマトサラダ


【材料 2~3人分】

トマト・・・・・・・・・・・1ケ
アボカド・・・・・・・・・・1/2ケ
サニーレタス・・・・・・・・2~3枚

クリームチーズ・・・・・・・18g×2ケ(kiri)
◆豆乳ヨーグルト・・・・・・大さじ2
◆塩、ブラックペッパー・・・各少々


【作り方】

①・トマトを芯を取り、1/2に切って5㎜厚さに切る。
 ・アボカドは縦半分に切り分け、皮をむいて5㎜厚さに切る。
 ・サニーレタスは洗って水けをきり、一口大にちぎる。

*アボカドを半分残す場合には、種のついた方を種つきのまま
 きっちりラップして冷蔵保存すると変色しにくいです。


②クリームチーズは耐熱小鉢に入れてレンチン(600w20秒)
 スプーンでやわらかくのばし、◆を加えてよく混ぜる。

③器にサニーレタスを敷き、トマト、アボカドを交互に
 重ねて盛る。
 ②のチーズソースをかけ、ブラックペッパーをふりかける。




★豆乳ヨーグルトの作り方⇒⇒⇒コチラ

★涼しくなってきてからの豆乳ヨーグルト作り方

 追記⇒⇒⇒コチラ



うちにはトマト小僧がいるので、年中トマト、食べてます。

ただね、やっぱり暑いときのトマトがいちばん美味しい。



チーズを加えたこのソース。

さつま芋やじゃが芋のサラダにもよく合います。^^


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


おきてがみ

おきてがみ


果物 | コメント(4) | トラックバック(0)
夏の保存食その③.

デラウェアはぶどうの中でも早めに出る品種。


毎年8月に入ると山梨からたくさん送られてきます。

が、そのまま冷蔵庫保存だとあまり持たない。(^^ゞ


洗って房からはずしたものを皮付きのまま
ジップロックに入れて冷凍しておけば


子供のおやつにとっても重宝♪

半解凍でいただくそれは天然シャーベットのように
甘く、皮もツルンとむけて子供も大喜びです。!(^^)!


たくさんあったぶどう。

今回は皮ごとジャムにもしてみました。

種のない甘~いデラウェアは加える砂糖も少なめで
ぶどうの味を存分に味わえるジャムに!!


この夏ハマった豆乳ヨーグルトにかけて
いただくのが我が家の朝の定番となっております。



『デラウェアのジャム』
110820デラウエアジャム


【材料 約180ml分】

デラウェア・・・・・・・・・3房(正味300g)
砂糖・・・・・・・・・・・・30g(ぶどうの10%)
レモン汁・・・・・・・・・・大さじ1/2


【作り方】

①デラウェアは洗って房から実をはずす。
 フードプロセッサーにて皮ごとジュース状にする。
*なるべく皮が細かくなるように少し長めにフープロにかけます。

②ホーローなど酸に強い鍋に①を入れ、
 砂糖を加えて火にかける。
 煮立ってアクが出てきたら丁寧にすくい、
 ごく弱火で15分ほど煮てレモン汁を加えて火を止め、そのまま冷ます。
*冷えると固めになるので少しゆるいかな、
ぐらいのとろみがある状態で火を止めます。


③煮沸した瓶に冷めた②を入れ、冷蔵庫で保存する。



15分ほどコトコト煮ると、いつもは捨ててしまう皮も
口に残らないほどのやわらかさになり、

パンにつけてもヨーグルトに加えても美味しい~♪


皮ごと煮ているので鮮やかな色もたまりません。^^



********************************


先日のものすごく暑かった日に立ち寄った

軽井沢近くの白糸の滝!


110820白糸の滝


昨日から東京もだいぶ涼しくなりましたが、

この日は”涼”を求める方々でいっぱいでした。^^



********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへはこちらからも訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


果物 | コメント(6) | トラックバック(0)

すいかの皮で、お漬物。

2011/08/12 Fri 20:00

すいかの丸ごと1個使い。⇒⇒参考レシピ★すいかゼリー★すいかジュース

がけっこう出るものです。

なんせ赤い実の部分は重さにしたら約半分。

皮を捨てようと思っても、ゴミの日まで日にちがあるときなどに
カットしてしまうと、生ゴミが臭ってしまったり、

かといってゴミの日まで冷蔵庫に入れておいても
かなりかさばる。。。


1個分の皮すべてを使うのはちょいと大変ですが、
少しでもゴミを減らすよう、食べられる皮を漬けものに。


110812すいかの皮③



グリーンの部分が見えなくなるほどに皮をむき、
(小さめにしてからだと包丁でもむきやすいです。)

白い部分だけで漬けた漬物はあっさりおいしく
箸休めにもぴったりです。

ま、すいかも「西瓜」と書くように、瓜の仲間ですから。


今回は2種類の漬物を。

まずはめんつゆで簡単に。

ちょっと甘めの優しい味。


この漬け汁、すいかでなくても大根やきゅうりやにんじんなどでも
おいしい漬物ができますよ。



『すいかの皮のめんつゆ漬け』
110812すいかの皮②

【材料 すいか1/6ケの皮分】

すいかの皮・・・・・・1/6ケ分(300gくらい)

◆めんつゆ(3倍希釈タイプ)・・・大さじ3
◆米酢・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
◆砂糖・・・・・・・・・・・・・・大さじ1


【作り方】

①すいかの皮:赤い実の部分はスプーンできれいに
 こそげとる。3~4㎝幅に切り、緑部分がほぼ見えなくなるよう
 (白い部分だけが残るよう)に皮をむき、3~4㎜厚さに切る。


②ジップロックなどの丈夫なポリ袋に◆を入れて混ぜ、
 ①を入れる。
 袋の中に広げるようにしてならし、口を留めてアルミトレー
 などにのせて冷蔵庫に入れ、半日(6時間以上)漬ける。
*数回裏返したり混ぜたりするとより均等に漬かります



酢を加えてさっぱり仕上げ。


お好みでごま油やラー油をかけたり、
白ごまふっても
合う味付けです。



お次はいつもの「即席浅漬けの素」を使ってのお漬物。

白うりの浅漬け小松菜の浅漬けだしトマト
だしレタスにも使っているあの配合に酢をプラスの漬け汁です。)


『すいかの皮のだし漬け』
110812すいかの皮①


【材料 すいか1/6ケの皮分】

すいかの皮・・・・・・1/6ケ分(300gくらい)

◆水・・・・・・・・・200ml
◆塩・・・・・・・・・小さじ1
◆白だし・・・・・・・大さじ1
◆米酢・・・・・・・・大さじ1


【作り方】

①すいかの皮は「めんつゆ漬け」同様に下処理する。

②ジップロックに◆を入れて混ぜ、①を入れて平らにして
 アルミトレーなどにのせて冷蔵庫で半日以上漬ける。



こちらはあっさり~♪


あとは味噌漬けにしたり、
薄切りにして塩もみ後、キムチに混ぜてしまっても
美味。


上記レシピ、両方に酢を使ったのは、
皮の白い部分にビタミンC破壊酵素のアスコルビナーゼが
含まれているため


酢を加えることにより、この酵素を破壊させる意味があります。



ですので酢のものにも最適!

薄切りにして軽く塩もみしてから三杯酢やポン酢、レモン醤油などと
和えても
イケますよ。


すいかのカラダの熱を冷ます作用
ぢつは、赤い実の部分より白い皮部分の方が効果が高いので

ゴミを減らす、ということだけでなく、食べられる部分は
できるだけ無駄なく使っていきたいと思います。



********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへはこちらからも訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


果物 | コメント(8) | トラックバック(0)

すいかジュース♪

2011/08/11 Thu 20:00

今年はすいかの高値が続いたため、いつもの年よりも
ちょっと遅めのすいかジュースですが、

丸ごとすいかが入手できたときには必ず作る
我が家の夏の定番です。

入手できたら、というよりも、このすいかジュースを
作りたいがために丸ごとすいかを買うぐらい。( ´艸`)

けっこうな量のすいかを使うので。。。


我が家のレシピは冷凍すいかを加えます。


まずは下準備。


一口大にカットして種を除き、ジップロックなどのポリ袋に
入れて平らにして冷凍。
(後でバラしやすいように)

冷凍しないものも同様に一口大にカットして種を除き、
冷蔵庫で冷やしておきます。



2日以内に作らない(食べない)場合には冷凍保存を多めに

ジュース用にしておきます。


下記レシピでは目安の分量を書きましたが、
そのままのすいかと冷凍のすいかのバランスは適当でOK!


冷凍すいかを多く入れれば、シャーベット状のスムージー風に。

冷凍すいかだけの場合にはミキサーでは回らないので、
フープロにかければそのまますいか100%シャーベットとして
おいしくいただけます。^^



『すいかジュース』
すいかジュース1100811


【材料 3人分】

すいか・・・・・・・500g(正味)
冷凍すいか・・・・・150g


【つくり方】

①すいかはカットしやすい大きさに切り、
 皮からはずして一口大に切り、種を除く。
 冷凍のものを少し作っておき、あとは冷蔵する。
*長めに保存する場合には、冷凍を多めにしておきます。

①ミキサーにすいかを入れて撹拌してジュースにする。
*回りにくいときには菜箸などで混ぜながら。

②冷凍すいかを加えて砕けるまでさらに撹拌する。
*冷凍すいかはバラバラにしておいた方が撹拌しやすいです




冷凍ものがたくさんになった場合、ジュースを作る数時間前に
冷蔵庫で自然解凍(急ぐときには室温解凍orレンジ解凍)して
ミキサーでジュースにします。

(冷凍すいかは少し残しておく。)

※解凍すると水分が出てすいかの食感も悪くなりますが、
 ジュースにする分には問題なし!


あとは上記レシピ同様に、
残しておいた冷凍すいかを加えて砕けるまで撹拌。

フレッシュすいかを使ったときと同じおいしさが味わえます。^^


すいかの甘味成分である果糖は冷やすと甘さを増す性質

すいかをジュースにして氷を入れてもいいのですが、
凍らせたすいかを加えれば最後まで薄まることもなく
おいしくいただけます。



今日は猛暑の中を自転車で出かけていたムスコが
ヘタばって帰ってきたのですいかジュースを作ってあげました。

内臓にしみわたるすいかジュースは火照ったカラダに
速効作用があったよう。^^


種をとる作業がちょいと面倒ではありますが、
冷凍しておけばすぐに作れるので暑いときには常備しておきたい
ぐらいです。



********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへはこちらからも訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


果物 | コメント(10) | トラックバック(0)
暑さをしのぐ食べ物といえば、すいかも!!



で~~ん!
110810すいか



画像では大きさわかりにくいですが、
6kg程度の中玉です。


先週ぐらいまで、すいかの高値が続いていましたが、
ここへきてグっとお求めやすいお値段に♪

お盆を過ぎるとまた高値になるそうで。。。

スイカ、食べるなら、です。^^


カットされたものを買うよりもずっとお得だったので、
3人家族ですが、1玉買っちゃいました。( ´艸`)


カットしてしまうと足がはやいスイカ。

半分は一口大にカットして丁寧に種を除いて冷凍です。
(冷凍したもののレシピはまた後日)
*黒いスジに沿って切ると種がとりやすいです。


残りの半分はそのまま食べる用にカットしたものと
ジュース用とゼリー用にカットして冷蔵庫へ。。。


1玉まるごと、半分こにしても皮ごとだとなかなか
冷蔵庫に入りませんが、

皮を除いてしまい、半分は冷凍してしまえば
残りの半分はタッパーに入れて冷蔵庫に入りやすいかと
思います。


なんせ皮付きで6kgあっても皮を除けば3kgに
なってしまうスイカです。


そのまま食べてみてけっこう甘いすいかでしたので、
ゼリーは今回は砂糖なしで作りました。


全部をジュースにしてしまうのではなく、
すいかのシャキシャキ感を残した作り方。


フレッシュなスイカの食感とぷるるんゼリーの食感が
一度に味わえます♪




『すいかゼリー』
110810すいかゼリー②


【材料 5~6人分】

すいか・・・・・・・・1/6ケ(正味600g)

粉ゼラチン・・・・・・5g
水・・・・・・・・・・大さじ2

塩(お好みで)


【作り方】

①ゼラチンは水にふりいれてふやかす。

②すいかは見えている種を除き、皮からはずす。
 一口大に切って種を取り、ボールに入れる。

③ビニール袋を手にはめて、すいかをつぶす。
(半分程度は形を残すように)

④①のゼラチンをレンジで溶かす。(600w20秒目安)
 ③に加えて混ぜ、タッパーなどに入れて冷蔵庫で
 冷やし固める。

※お好みで塩をぱらりとふっていただきます。


【ひとこと】

☆上記レシピにてすいかそのものの味が生きたゼリーに
 なりますが、すいかによってはそのままだとボヤけた味に
 なることも。

 すいかそのまま食べるときと同様に、
 塩をふっていただくことで甘さが引き立ちます。
  
 また、甘味が少ないすいかを使う場合には上記の量で
 砂糖 大さじ1ほどを加えても。
 
(ゼラチンをレンジで溶かしたとき、熱いうちに砂糖を加えて
 溶かします。)





すいかには余分な熱を冷ます作用と高い利尿作用があるのが
特徴的。

暑さに参っているときに、冷えたすいかはなによりの
薬かもしれません。


そしてスイカ果肉の赤色はトマトの色素と同様のリコピン

強い抗酸化作用を持ち、カラダのサビつきを防いで
アンチエイジング
にも効果的です。



********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへはこちらからも訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


果物 | コメント(4) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。