スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

金目鯛の煮つけ

2010/03/08 Mon 21:00

寒の戻り?というのでしょうか。
雨はやんだものの肌寒い1日でした。

先日暖かくて、また寒くなるとますます
暖かい春が待ち遠しくなってきますね。^^


さて、お天気とはぜんぜん関係ないですが、
よく「魚の煮つけが苦手」という声を耳にします。

煮崩れてしまったり、味がうまくしみ込まなかったり。。。

確かに慣れないと作りにくい料理かもしれません。


もうそろそろ旬も終わる魚ですが、
先日、金目鯛を煮つけにしてみました。

我が家の好みは少し甘めのこってり味
ごはんによく合う味付けです。

フライパンを使って煮ます!



『金目鯛の煮つけ』
金目煮つけ


【材料 4人分】

金目鯛・・・・・・・・4切れ

<A>
水・・・・・・・・・・200cc
酒・・・・・・・・・・100cc
砂糖・・・・・・・・・大さじ2
みりん、醤油・・・・・各大さじ3
しょうが(薄切り)・・1かけ分

しょうが(千切り)(トッピング用)


【作り方】

①フライパンにAを入れて強火で2~3分煮立てる。
*魚を煮る時間が短いので、この時点で
 煮汁をある程度煮詰めておきます。


②水気をふいた金目鯛を①のフライパンに入れ、
 ホイルで落としぶたをする。
 時々煮汁を魚にかけながら中火で6~7分煮る。
*魚を煮る場合の落としぶたは魚の皮がくっついて
 しまわないよう、ホイルか紙がおすすめです。


③火を止め、そのまま冷ます。
*冷めている間に魚に煮汁がしみこみます。

④食べる前に火をつけてあたため、魚を盛り、
 残った煮汁を煮詰めて魚にかける。
 千切りしょうが(針しょうが)をトッピングする。


【魚の煮つけのポイント!】

☆鍋は魚同志が重ならず、取り出すときにも煮崩れやすいので
 あまり深くない平鍋がベストです。

⇒(3~4切れ煮る場合には)フライパン(直径24~26㎝)が使いやすいですょ!

(1~2切れを煮る場合、あまり大きいフライパンですと
 煮汁が多く必要ですので、魚の数と大きさに合わせて
 フライパンor鍋を選んでくさいね。)

酒を多めに! 
 酒を多めに加えることにより、魚の臭み消しになると同時に
 魚の旨味を引き出します
 
(ただし塩分が多い料理酒を使う場合は、醤油の量も
 調整が必要です。)

煮汁はひたひたに!
 「ひたひた=材料が煮汁にかぶるかかぶらないか」ぐらいです。
 煮汁が多すぎても魚が煮汁の中で遊んでしまい、煮崩れやすいです。

落としぶたは必ず! 
 途中、魚を裏返したりしませんので(煮崩れないよう)
 落としぶたをすることにより魚の表面にまで味が行き渡りやすく
 なります。(途中、時々煮汁もかけることもお忘れなく。)


☆切り身になっている魚はほとんど処理されているかと思いますが、
 ウロコが残っていると食べにくいので、最初にチェックを。
 特に金目鯛のウロコは硬いのでご用心。



別の日に上記レシピにてカレイを煮つけてみました。。。

カレイ煮つけ


カレイの場合幅が広く、大きい魚でしたので、
26㎝のフライパンに2枚がちょうど入りました。

これからの時期でしたらアジやメバル、アラカブなんかも
煮つけると美味しいですね。

ごぼうやネギ、きのこなどを一緒に煮ても
味がしみこんでおいしくなります。


金目鯛はEPA、DHAをはじめ、
各種ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ優秀な魚です。

特に魚の中ではビタミンA、D、E、Kが比較的多く含まれ、
粘膜や皮膚を丈夫にする働きがあり、

皮膚細胞の原料となるたん白質もしっかり含んでいますので、
ハリのある肌、輝く瞳を作るためにも嬉しいお魚です。


ただしビタミンCが殆ど含まれません。
同時に野菜もたっぷり摂れると理想的です。


金目鯛の美しい皮の色はアスタキサンチン
活性酸素をやっつける強力な抗酸化作用の働きがあります。

皮部分にはコラーゲンも豊富に含まれますので、
皮まで残さず食べることによりさらに健康でイキイキ素肌美人に(^∇^*)☆♪。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆


今日もご訪問いただき、ありがとうございます。 
お帰りの際、応援クリック凸凸いただけると嬉しいです。♪


人気ブログランキングへ

明日もおいしいごはんでイキイキとした1日でありますように☆


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ



スポンサーサイト
| コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
こんばんは!
照り~!
そう、この照りなんですよ。
私が作ると見た目もこうはならないんですよね。
なるほど、先に少し煮詰めておくんですね。
恥ずかしい・・・何年主婦してたんでしょうねぇ。

今日も一つ賢くなりました。
ありがとうございます。
感謝の凸凸!
イチゴッチさんへ

> なるほど、先に少し煮詰めておくんですね。

オットが煮魚好きなので(濃い目の味の)味には
うるさく、何年も合格点をもらえないのが悔しくて
いろいろ試した結果です。(^^ゞ

最後に魚を出してから煮汁だけを煮詰めて
かけるとより照りっぽくなるかもです。
(魚を入れたまま煮詰めすぎると魚に火が入り
すぎて食感が悪くなってしまうので。)

今日もありがとうございます。^^
No title
masaki☆さん、おはようございます!
我が家もみんなお魚大好きなのですが
焼くことが多かったです。

フライパンで作ることも手軽に感じます♪
煮魚も、もっと登場させていこう!と思いました。

とくに金目鯛は、美容にもとてもGOOD!!なところが
新たな発見で
まさしく目からウロコでした(* ̄∇ ̄*)
No title
わ~~ほんと美しい~ヽ(^o^)丿
型崩れしてなくてつやっつやテリッテリで・・
さすがmasakiさん!!
こっくりが伝わってきます。

masakiさんのレシピはとっても丁寧で分かりやすくて参考になります~!!
ハリのあるお肌??
きゃ~すぐにキンメ買わなくっちゃ~ヽ(^o^)丿
No title
魚の煮付け好きです。
自分でも作りますが、
このレシピの分量覚えておきます。メモメモv-363
美味しそうですねv-353

応援!
まゆみさんへ

> フライパンで作ることも手軽に感じます♪
> 煮魚も、もっと登場させていこう!と思いました。

そう言っていただけてなによりです。^^
我が家も魚料理は圧倒的に焼き魚と煮魚の
登場回数が多いです。(^^ゞ

金目鯛、そうなのです♪
あの美しい皮の赤色は単に見た目だけでなく、
中身もある美しさだったのですね(*^_^*)

今日もありがとうございます☆
ぱおさんへ
このテリは砂糖とみりんが少し多めなのも
あるかも(^^ゞ

こっくり感がお伝えできたようで嬉しいです♪

> masakiさんのレシピはとっても丁寧で分かりやすくて参考になります~!!

ありがとうございます。^^

> ハリのあるお肌??
> きゃ~すぐにキンメ買わなくっちゃ~ヽ(^o^)丿

そうそう。魚のコラーゲンもナカナカなのです☆


いつもありがとうございます♪
ぴよこさんへ

ぴよこさん、コメント&応援、ありがとうございます。^^

この分量、少し甘めかも、です。
砂糖とみりんの量は調整してくださいね。

見た目通りの味ですょ^m^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。