スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
朝食はパンのことが多い我が家です。

季節のフルーツを大量にいただいたり、安くなっていたり
すると、ジャムを煮ます。

今の時期だったら・・・イチゴとか。
伊予柑のマーマレードとか。


ジャム、といえば最近「プリンジャム」というのを
よく見かけますが、

カスタードクリームとどうちがうんだろ。。。
と横目で見ながらまだ試していません。

召し上がったことのある方いたら教えてください~(*^^)



パン屋さんの友人と料理教室をやっていた頃に
「ミルクジャム」を作りました。

当時、フォ○ンのミルクジャムが全盛で、
それはそれで美味しかったのですが、

ちょっとイイお値段したため、なんとか自分で作れないかな~
と試作を重ねてできあがったミルクジャム♪

既成のコンデンスミルクとも違うまろやかな
味わい。フォ○ンのものに負けない味(と思える)の
ミルクジャムができあがりました^^


『ミルクジャム』
ミルクジャム
画像では違いがわかりにくいですが・・・ビンに入っているものが「ミルクジャム」
手前のココットに入ったものが「キャラメルミルクジャム」です♪


【材料 作りやすい分量】

<A>
牛乳・・・・・・・・・・200cc
砂糖・・・・・・・・・・100g
バニラエッセンス・・・・少々

生クリーム・・・・・・・100cc
*動物性脂肪40%以上のものがコク出ます。

【作り方】

①鍋にAを入れてよく混ぜる。強火にかけ、煮立ったら
 弱火にし(フツフツしている程度)、時々混ぜながら
 15分~20分、とろみがつくまで火にかける。
*ここでの「とろみ」は薄いコンデンスミルクのような感じ。
*鍋の大きさや、火の加減により、とろみがつくまでの時間は
 かわってきます。


②生クリームを加えて、煮立ったら火を弱め、
 混ぜながら1~2分煮詰めてとろみがついたら火を止める。
*ふきこぼれないようにご注意を。
*冷めると固まるので、この時点ではかなりゆるめのとろみです。


③煮沸したビンなどに入れ、粗熱がとれたら
 冷蔵庫で保存する。


~キャラメルミルクジャム~

ミルクジャム・・・・・・50ccくらい
<A>
砂糖・・・・・・・・・・大さじ1
水・・・・・・・・・・・大さじ1
<B>
水・・・・・・・・・・・大さじ1

①小鍋にAを入れて混ぜ、強めの中火にかける。
 煮立ったら弱火にし、時々鍋を動かす。
 
②全体に焦げ色がついたら火を止め、<B>の
 水を加えて再び火をつけ、混ぜながら鍋肌についた
 カラメルを落としながら少し煮詰めてトロっとさせる。
*火を止めて水を加えるとき熱いしぶきが飛ぶので、
 ヤケドにご注意を!


③ミルクジャムに②を加えて混ぜる。



【ひとこと】

☆保存は冷蔵庫にて1週間以内に!

☆ミルクジャムを作った鍋、カラメルソースを作った鍋
 ともに洗う前に水を入れて火にかけ、スパテラ(木べら)
 などで鍋肌についたものをこそげとり、
 鍋が熱いうちに(ヤケドをしないように)お湯で
 洗うときれいになりやすいです。

☆キャラメルミルクジャムの「カラメルソース」は
 かなり焦した方が”キャラメル”っぽくなります。

 今回は少し焦しが甘かったのとミルクジャムの砂糖を
 きび砂糖にしたため、画像のように見た目が
 殆どかわらなく仕上がってしまいました。(^^ゞ

(上白糖やグラニュー糖で作ったらミルクジャムも
 もう少し白っぽくなると思います。)


キャラメルミルクジャムの作り方で、カラメルソースを
混ぜてからもう1回火にかけて少し煮詰めて

バットなどに流して冷やせば、生キャラメルです!



このミルクジャム、パンに塗るのはもちろんですが、
ホットミルクやコーヒーに加えてもよく合います♪


コンデンスミルクのようにイチゴにかけたり、
お菓子作りの砂糖代わりに
使っても美味。

なんせ作ったら1週間以内に使い切りたいので、
いろんなものに使っています。


ちなみにパンはほのかな酸味のある「ライ麦パン」に
よく合います。


まだ夜は冷える時期。紅茶にキャラメルミルクジャムを
加えた”キャラメルミルクティ”でカラダも心も一緒に
温まりませんか?^^


今日もご訪問いただき、ありがとうございます。(*^^) 
ランキングに参加しています。応援クリック凸凸いただけると嬉しいです。♪


人気ブログランキングへ

明日もおいしいごはんでニコニコな一日でありますように☆


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます☆
↓↓↓

おきてがみ


スポンサーサイト
スィーツ・おやつ・ドリンク | コメント(14) | トラックバック(0)
コメント
No title
masakiちゃん、こんばんわ~ ε=ヾ(*・∀・)/

わが家も朝食は
トーストとコーヒーなの。

ミルクジャムに、キャラメルミルクジャム?
どっちもおいしそう~
ほんのり甘いミルクの香りが
パンにとってもマッチしそう♪
こんばんは!
きゃーっ、『キャラメルミルクジャム』『ミルクジャム』!!
キャラメルのいい香りが・・・あ、気のせいですか?

以前『キャラメルジャム』を買った事がありますが、美味しいけれど結構お高かったと思います。
masaki☆さんは、簡単に書かれてるけど・・・出来るかしら・・・
でも作ってみたいです。
いつもありがとうございます。
凸凸!
No title
ほんとに、あまーいいかおりが
漂ってきそうな記事ですね^^

仕事帰りのほっとした時に
このキャラメルジャムで
キャラメルミルクティ飲みたいです♪
あ!その前に作らなくては・・・・・。

生キャラメル大好きなので、
一度は作ってみたいと思ってました♪
ぜひ参考にさせていただきます。

おいしい記事をありがとうございます
初めてづくし♪
masaki☆さん
おはようございます♪
メールありがとうございました!
ミルクジャム!初めて知りましたヽ(=´▽`=)ノ
「プリンジャム」も今、masaki☆さんの記事を
見て、初めて知りました♪
今日は初めてづくしの日で♪
それもなんだか嬉しいですね(*^^*)
こんにちは^^
プリンジャムがあるのですね^^
初めて聞く名前です~??
生キャラメルおうちで作れるなんて、本当に嬉しいです。
いつも新しい発見をさせて頂いて感激です!
masakiさんには、足を向けて寝れないです~

応援ポチ!!

No title
きゃおきゃお~~ヽ(^o^)丿
めっちゃめちゃおいしそうです~!!
そのとろりん具合たまりません!!
ミルクジャム絶対食べてみたいです~
食べたことないんです。

キャラメル味まで??
masakiさんすごいです~
生キャラメル大好きなので作りたいです(^^♪
大好き
○ォションのミルクジャム好きです。
はまりました。

手作りできるなんて魅力的v-353
作ってみます。
あ、でも1週間以内に使いきり・・・
masaki☆→ちるちるちゃん
もともとコンデンスミルクの味が
好きだったので、作ってみたら
もっと美味しかったのょ~^^

けっこうハマる味☆

今日もありがとう♪
masaki☆→イチゴッチさん

>キャラメルのいい香り・・・しましたか^m^

キャラメルミルクジャムの「カラメル」作りは
ちょっと焦しすぎ?ぐらいの方がキャラメルっぽい
仕上がりになります。

そうそう、キャラメルジャム、買うとお高いですょね。

ふきこぼれとか注意すれば案外簡単にできますよ!
ぜひぜひお試しを!

今日もコメント&応援、ありがとうございます^^

masaki☆→yayaさん
うふふ^^
作っているときの甘い香りも
たまりませんょ♪

生キャラメルは、たまたまカラメルソースを
ミルクジャムに入れて火にかけたら、
煮詰まってしまい、冷蔵庫にできたら
「あら生キャラメル」という感じで
できたものです。(^^ゞ

ぜひお試しを!

今日もありがとうございます♪
masaki☆→あきさん
こちらこそ、温かいメール♪ありがとうございました。^^

ミルクジャム、コンデンスミルクの味が嫌いで
なければ気に入っていただけるかと思います。

プリンジャムはやっぱり気になるので
試してみようかな~と検討してます。
初めてのものを知るっていうのも
嬉しいですょね!

今日もありがとうございます♪
masaki☆→ユウコさん
製造元はいろんなこと考えますね^^
プリンをジャムってどんな~?
って気になります。

生キャラメルは失敗からできた賜物。
料理ってそういうところもおもしろいです。

応援&コメント、今日もありがとうございます♪
masaki☆→ぱおさん
めっちゃおいしいですよ~^^

とろりん具合、冷蔵庫で冷やすとあんな
感じのとろりんですが、できあがって
すぐ、熱いうちはもっともっと
トロトロなのです。

生キャラメルは単に煮詰めすぎて
それでも冷やしたらできちゃいました~(^^ゞ

今日もありがとうございます♪
masaki☆→マダムぴよこさん
もし、この量で多いようだったら、
ミルクジャムはレシピの半分の量でも
できますょ!

ただし、量が少ないと、蒸発しやすく煮詰まり
やすいので、火加減の注意と、煮詰める時間ももう少し
短めでよいかと思います。

何回か作るとできあがったときのトロトロ
具合で、冷やすとどれくらいとろりんになるか
わかってくるので、やってみてください~

今日もありがとうございます♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。