スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

昆布だし醤油&昆布の佃煮

2010/02/18 Thu 17:48

今朝起きるとボタボタの積もりそうな雪。。。
と思ったら朝のうちにやみ、お昼前には暖かい日差しで
春を思わせるお天気

1日で真冬と春を一度に体験した気分の日でした。

まだまだ寒いですが、確実に春の足音は聞こえているようです。


さて、話題は突然かわりますが、普段使いのお醤油、
どんなものをお使いでしょうか?

同じレシピでも、使う調味料や、微妙な火加減、
愛の込め方(?)で味が変わってきます。

調味料は、高かろう旨かろう、というわけではないですが、
やはり厳選した材料を使ったものはお高い場合が多いようです。

醤油のように日本人が頻繁に使う調味料、いつもいつも
高いものばかりも買えない。(我が家は・・・(^^ゞ)

で、お浸しなど調味料の味がダイレクトにわかる料理に使う
お醤油はそれなりのお醤油でも美味しく変身する
「昆布だし醤油」を作り置きしています。

濃い目にとった昆布だしと醤油を割ったもので、
昆布の旨味が効いています。

高血圧などで塩分制限のある方は、使う醤油すべてを
昆布だし醤油にすると、だいぶ塩分がおさえられます。
(昆布の旨味が効いているので、薄い、という感じは
それほどしません。)


『昆布だし醤油』
昆布だし醤油


【材料(作りやすい分量)】

<A>
水・・・・・・・・・200cc
だし用昆布・・・・・約10g(10㎝角3枚ぐらい←昆布の厚さによって枚数はかわります。)
酒・・・・・・・・・大さじ1

醤油・・・・・・・・200cc


【作り方】

①濃いめの昆布だしをとる。
 小鍋に水と昆布を入れて30分以上おく。
 酒を加えて中火にし、フツフツと鍋肌から煮立ってきたら
 火を弱めて1分ほど煮、火を止めて粗熱がとれるまでそのままおく。
*煮出しすぎるとぬめりや苦味が出たりするので、
 あまり煮立てないようにします。


②昆布を取り出し、醤油と合わせ、ペットボトルなどに
 入れて冷蔵庫で保存する。
*できれば2週間以内ぐらいで使いきりたいです。
 (1か月ぐらいは大丈夫ですが。。。)



【ひとこと】

☆だしをとった昆布:ジップロックなどの袋に入れて
 冷凍しておきます。50gくらいになったら佃煮を作ります。


保存は冷蔵庫にて!

食卓に出す際には画像のような小さめの醤油さしに
使うぶんだけ入れています。



ちなみに他の料理でもよく登場する「酒」ですが、
私は飲酒用の安価なものを使っています。
(そのまま飲んでもまずい、と思わないもの)

料理酒は塩分が入っているものが多く、できあがりの
料理の味に差が出てくるからです。

(料理酒をそのまま味見してみるとその塩分量の多さに
驚かされます。あ、でも最近は酒売り場にある料理酒で、
塩分があまり入っていないものもありますが。)


そして残った昆布は佃煮に。。。
(あまり量が少ないと作りにくいので、ある程度
だしがら昆布がたまったら作っています。)


『昆布の佃煮』
昆布の佃煮


【材料(作りやすい分量)】

だしをとった昆布・・・・・50g
水・・・・・・・・・・・・100cc
砂糖、酢、酒、みりん・・・各大さじ1
醤油・・・・・・・・・・・大さじ2

白ごま


【作り方】
①冷凍しておいた昆布は自然解凍(またはレンジ解凍)し、
 3~4㎝長さの千切りにする。(包丁orキチンバサミでも)

②小鍋に水と調味料、①の昆布を入れて中火にかける。
 煮立ってきたらごく弱火にして時々混ぜながら15~20分、
 汁気が殆どなくなるまで煮、そのまま冷ます。
*冷めている間に味がしっかり昆布に入ります。

③完全に冷めたら白ごまをふりかけ、タッパーなどに入れて
 冷蔵庫で保存する。


【ひとこと】
☆上記レシピは(私の好みにより)少し歯ごたえが残る程度の仕上がりです。
 厚い昆布や、やわらかめがお好みの場合は水の量を増やして
 40分くらい煮るとよいかと思います。

☆酢は昆布をやわらかくするために加えます。
 煮ている間に酸味はとぶので、仕上がりは酸っぱくありません。

☆そのままごはんのおともとして、おにぎりの具に、
 お茶漬けにしてもイケますょ!


だしをとったあとの昆布とはいえ、市販の「佃煮昆布」とは
ぜんぜん違う美味しさです。^^

しかも”だしがら昆布”にもまだまだ栄養素がたっぷり残っているのです!!


昆布にはカルシウム、マグネシウム、カリウムなど体内で生成
できないミネラルのほか、フコイダンやアルギン酸などの食物繊維
ヨードなどの栄養素が豊富に含まれ、

肝機能アップやコレステロールの抑制、体内のナトリウムを調整して
高血圧の予防、たん白質、脂質、糖質の代謝を促すなどの働き

します。

これらの栄養素、「だし」にももちろん溶け込んでいますが、
まだまだ栄養分が残っている”だしがら”も上手に利用していきたい
ものですね。


今日もご訪問いただき、ありがとうございます。(*^^) 
ランキングに参加しています。応援クリック凸凸いただけると嬉しいです。♪


人気ブログランキングへ

明日もおいしいごはんで”喜びあふれる”(よろ昆布)の一日でありますように☆


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます☆
↓↓↓

おきてがみ


スポンサーサイト
きのこ、海藻、乾物など | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
こんばんは!
昨日はどうもありがとうございました。(色々と)
さつま芋ご飯も美味しく頂きました。(^^v

だし醤油はとっても重宝します。
実家の母がいつも一緒に取り寄せてくれて、甘えています。
お家で作ればいいんですよね。今度作って母にもプレゼントしようかしら・・・

masaki☆さんのブログ、とってもキレイで見やすく、レシピも分かりやすく、大好きです。
いつもありがとうございます。
凸凸!
masaki☆→イチゴッチさん
【イチゴッチさんへ】

>どういたしまして!です。あまりお役に立てずに
ごめんなさい。(>_<)

だし醤油、記事のレシピのものはごくごく簡単なものですので、
お母様厳選のお取り寄せのものとはちょいと味が
違うとは思いますが。。。(^^ゞ

>お褒めのお言葉、胸にしみます!励みになります!!
 とても嬉しいです☆
 写真も、レシピも、もちろん味や盛り付けも
 「これでよし!」はないと思っているので、さらに
 進化させていきたいです。

こちらこそ、いつもありがとうございます。^^
やった!
おはようございます!
なんと!!
我が家でも昆布の佃煮作りますヾ(=^▽^=)ノ
昆布醤油も使っています!
今日の記事を見てなんだか嬉しくなりした♪
やっぱりmasaki☆さんの所のお料理は美味しそうですね!!
我が家の佃煮より上品で綺麗ですw

愛の込め方(?)で味って本当に変わりますよね(*^-^)ニコ
No title
わ~すご~~い!!
昆布しょうゆ自分で作られてるのですね~
私はだし醤油使っちゃってます・・(^^♪
自分で作った方が絶対おいしいですよね。
それだけで何にかけてもおいしそう~!!

昆布のつくだ煮大好きです~!!
ごまも入ってとってもおいしそう~
ヘルシーでいいですね(^^)
masaki☆→あきさん

あきさんとの嬉しいシンクロに感謝♪です。

写真、おいしそうに見えますか^^
ありがとうございます!
でもね、昆布、あわてて切ったので、
千切りが揃ってないのよ~(;一_一)
ま、それも手作りの味わい?かな、と。

お料理も「おいしくなぁれ!」「健康になぁれ!」と
いつも念を入れながら作ってます☆

いつもありがとうございます♪
masaki☆→ぱおさん
昆布だし醤油は自分で作りますが、
「めんつゆ」はしっかり買ってマス(^^ゞ

あの便利な味は捨てがたいものがあります。。。

昆布の佃煮は自分で作ると塩分や糖分が
調整できてよいですね!
どうも既成のものは塩分も糖分も
きついような気がするので。

いつもありがとうございます♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。