スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

かぶのとろみスープ

2012/11/09 Fri 20:00

かぶは火の通りがはやいので、
味噌汁やスープ、ポトフに入れてもすぐに
やわらかくなってやさしい味に。

今日はかぶの根の白い部分をすりおろし
片栗粉でとろみをつけたスープです。

「蕪蒸し」のような上品な料理ではないですが、

かぶの根には内臓の働きを活発にして
胃腸を温めて冷えを除き、咳止め効果
も期待できるので、
風邪のひきはじめにもおすすめです。



『かぶのとろみスープ』

★121109かぶのとろみスープ

【材料 3人分】

かぶ(葉付)・・・・・・・2ケ
しいたけ・・・・・・・・・3~4ケ
しょうが・・・・・・・・・1/2かけ
ベーコン・・・・・・・・・40g

オリーブオイル・・・・・・大さじ1/2
塩・・・・・・・・・・・・小さじ1/3+α
こしょう・・・・・・・・・少々

◆水・・・・・・・・・・・300ml
◆顆粒コンソメ・・・・・・小さじ1

●片栗粉・・・・・・・・・・大さじ1/2
●水・・・・・・・・・・・・大さじ1


【作り方】

①かぶは白い根の部分と葉に分け、葉はざく切りにする。
 白い部分は皮ごとすりおろす。
 しいたけは薄切り。(石づきを除いて軸も薄切り)
 しょうがはみじん切り。
 ベーコンは食べやすく切る。

②鍋にオイルとしょうが、ベーコを入れて炒める。

③香りがしてきたら、しいたけ、かぶの葉の部分と
 塩、こしょうを加えて炒める。

④全体に油がまわったら、◆を加えて火を強める。

⑤煮立ったらアクをすくいとり、フツフツとしているところに
 ●の水溶き片栗粉を加えてとろみをつけて盛り付ける。




とろみをつけたスープはこの時期、
冷めにくいのも嬉しいところ。

かぶをすりおろすと甘く上品な味の仕上がりに。

しょうがも加えてカラダも芯からポッカポカ。

ただししょうがは入れすぎると苦くなるので
ご注意を。


しいたけと少しのベーコンで旨味をプラス
してみました。



かぶの葉にもβカロテンやビタミンC、カルシウム、
亜鉛、食物繊維
などカラダに必要な栄養素がぎっしり。

スープにすれば白い部分と一緒に
おいしくいただけます。


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ

スポンサーサイト
淡色野菜 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
こんばんは~♪

カブをすりおろしてスープに…想像しただけで
優しいお味が口の中に広がって来そうです。
とろみと生姜でポッカポカ~♪^^
咳止め効果もあるのですね。
早速作って風邪ひき坊主に飲ませます。^^v
あ…風邪の引きはじめかぁ。。。
ちょっと遅かったかなぁ。^^;
ufufuegaoさんへ
ufufuegaoさん、こんにちは♪
コメントありがとうございます☆

そうそう。優しい味ですよ。^^
風邪ひきさん、だいじょうぶでしょうか。
ぢつわワタシも少しのどが痛かったので、
こんなスープを作ってみました。(^^ゞ

あ、でもからだが温まるスープなので
ひきはじめでなくても風邪ひきさんにも
よいと思います。^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。