スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

長芋の浅漬け

2010/02/11 Thu 21:25

幼い頃から我が家の食卓にはいつも漬物が並んでいました。
祖母や母お手製の。

私が育った地域では各家庭、それぞれに漬物の味があり、
それぞれの美味しさがありました。

ずっとそれを見て、味わって育った私ではありますが、
そんな母の味を引き継ぐことなく(;一_一)

簡単ですぐにできる浅漬けに走っています。

(ですので実家に帰った際にはここぞとばかり
母お手製の漬物を食べまくっています。(^^ゞ)

元気なうちにコツだけでも聞いておかなくちゃっ!


そんなわけで、今日は長芋の浅漬け。


『長芋の浅漬け』
長芋の浅漬け
左奥に見えているのはヤーコンです。昆布を混ぜています。


【材料(作りやすい分量)】

長芋・・・・・・・・・300g(皮付き)
<A>
塩・・・・・・・・・・小さじ1
昆布茶・・・・・・・・小さじ1/2
赤唐辛子・・・・・・・1本

※すべての材料を半分にしてもOKです。


【作り方】
①長芋は皮をむき、7㎜厚さほどの半月切りにして
 ビニール袋に入れる。

②<A>をすべて①のビニール袋に入れ、長芋に
 調味料をなじませるようにやさしくまぜ、
 そのまま冷蔵庫で6時間くらいおく。


【ひとこと】
☆塩の量は長芋重量の1.6~1.7%くらい。(他の野菜でも同様)
 昆布茶は少量でOKです。

☆柚子や昆布を一緒に加えても違った味わいが
 楽しめます。



季節の野菜、なんでもいいのです。

今だったら、かぶ、大根、キャベツ、白菜、水菜なんかもいいですね。
何種類かの野菜を混ぜても美味しいですし。

「浅漬けの素」なんて便利なものもあり、
私もアレ、嫌いではないのですが、いくら簡単なものであっても

自分で塩加減して
”愛”を込めて(←大げさ(^^ゞ)作ったものの方が
味わい深い気がします。


昔の漬物は「保存食」としても機能していたため、
塩分が強いものが多かったのですが、

最近では、塩分がだいぶ控えられているものが好まれて
いるようです。

浅漬けは漬ける時間が短いため、ビタミンミネラル
それほど損なわれることなく、食物繊維も生の状態と
かわらず含まれます
ので、サラダ感覚でいただけるかと思います。

でも、やはり「塩」を使っていることにかわりはないので、
”食べ過ぎ”にはご注意!

野菜の一品としてほどほどに召し上がるのがよいですね。

できれば「塩」も天日干しとか、天然塩とか、自然塩とか
いわれているミネラル豊富なものの方が塩分の角がない
美味しい浅漬けに仕上がります。


今日もご訪問いただき、ありがとうございます。(*^^) 
お帰りの際、ポチポチっと押していただけると嬉しいです。♪


人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます☆
↓↓↓

おきてがみ


スポンサーサイト
いも類 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
おはようございます!
長芋って浅漬けに出来るんですね!!
びっくりですv-237
昨日は炊き込みご飯作りました(*^-^)
おこげがあんまり出来なくてちょっと残念でした(^^;;
masaki☆→あきさん
【あきさんへ】

長芋の浅漬け、嫌いでなければ唐辛子のかわりに
わさびを少し加えてもよく合いますょ^^

土鍋で炊きこみごはん、早速ためしてみて
いただけましたか。('-'*)

火加減やお米の水分量によっても炊きあがりが
かわってくる場合があるので、
何度か作ってみるとおこげのコツもわかるかと
思います。
最後、強火30秒のところ、1分ぐらい強火にしても
いいかも、です。
(うちの土鍋の場合ジリジリっとこげるような
音が聞こえるのですが。。。)
また試してみてくださいね(^o^)/

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。