スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
「オトナのしょうが焼き」で使った
新しょうが漬け
残るは漬け汁のみとなりました。

手作り保存食のいいことのひとつは
残った漬け汁まで無駄なく安心して
使いきることができるところ。


今日は残った漬け汁を使ってのさっぱり
混ぜごはん。


具材はかんぴょう、干ししいたけ、ひじき、
にんじん、油揚げ
とどれもだいたい我が家には
ストックのある材料たち。


トッピングには梅干しと青じそを刻んでのせて
さっぱり度アップ♪


じめっとしがちかと思えば、まるで夏のように
暑い日もあるこの時期にぴったりの
食べやすい混ぜごはんです。




『初夏のさっぱり混ぜごはん 
     ~新しょうが漬け汁リメイク~』


120629初夏の混ぜごはん


【材料 3人分】

米・・・・・・・・・2合
押し麦・・・・・・・大さじ2


かんぴょう(乾)・・・15g
干しシイタケ・・・・・3ケ
ひじき(乾)・・・・・大さじ1
にんじん・・・・・・・小1/2本
油揚げ・・・・・・・・小1枚


新しょうが漬け汁・・・大さじ3

◆砂糖・・・・・・・・・大さじ1
◆酒・・・・・・・・・・大さじ1
◆みりん・・・・・・・・大さじ1
◆醤油・・・・・・・・・大さじ3
◆だしの素・・・・・・・少々

白ごま・・・・・・・・・大さじ1

卵・・・・・・・・・・・2ケ
砂糖・・・・・・・・・・小さじ2

梅干し・・・・・・・・・1ケ
青じそ・・・・・・・・・5枚
もみのり・・・・・・・・適量


【作り方】

①米は洗って炊飯器の内釜に入れ、2合の線まで
 水を入れる。押し麦を加えて普通に炊く。

②・干ししいたけは水で戻して千切りにする。
 ・かんぴょうは洗って塩もみして3分ほどゆでる。
  水にさらして冷まし、水気を絞り、細かく切る。
 ・ひじきは水で20分もどす。
 ・にんじんは薄い輪切りにしてから千切り。
 ・油揚げはキッチンペーパーで油をふきとり、
  1/3に切ってから千切りにする。
*干ししいたけ:急いで戻す場合にはフタ付き耐熱タッパーに
 砂糖水とともに入れてレンチン。
*かんぴょうは一度にたくさん下処理しておいて
 冷凍しておくと味噌汁や煮ものなどに手軽に使えます。


③②のすべてを鍋に入れ、干ししいたけの戻し汁を入れる。
 水をひたひたに加え、◆も加えて落としぶたをして
 火にかけ、煮立ったら強めの弱火で20分煮てしばらくおく

④・青じそは縦半分に切ってから千切りにして
  キッチンペーパーでギュっとしぼる。
 ・梅干しは種を除き、丁で叩く。

⑤卵を溶きほぐし、砂糖を加えて混ぜ、炒り卵にする。

⑥①のごはんが炊けたらボールに移して
 新しょうがの漬け汁をまわしかけ、しゃもじで
 切るように混ぜながらうちわであおぐ。

⑦⑥の間に③を再び火にかけ、強火で時々混ぜながら
 煮汁を飛ばす。

*鍋を傾けても汁気が出なくなるまで。

⑧⑥のごはんが温かいうちに⑦と白ごまを加えて
 切るように混ぜる。

⑨キッチンペーパーを濡らして絞り、⑧の上にかけ、
 しばらく冷ます。

⑩器に⑨を盛り、炒り卵、梅干し、青じそをトッピングして
 もみのりをちらす。
 


【ひとこと】

☆新しょうがの漬け汁がない場合には合わせ酢にて。

 ・米酢(or黒酢)・・・・大さじ2
 ・塩・・・・・・・・・・小さじ1/3
 ・砂糖・・・・・・・・・大さじ1


 上記で米2合分に対する合わせ酢の量です。
 (塩分控えめの寿司酢です。)





新しょうが漬けそのものが残っていたら、
もちろん一緒に加えてしまっても◎。


コツは混ぜ込む具材の煮汁をしっかり
飛ばしきって汁気をなくすこと。


けっこう濃いめの味になりますので、
塩分控えている場合にはある程度煮詰めたら
ざるにあげて汁気をきります。


新しょうがのさっぱり漬け汁と
梅干し、青じそも加わってとっても食べやすい
混ぜごはん。


さらに漬け汁残っていれば、
ドレッシングベースとしても。

オイルと醤油少し、あればレモン果汁を絞れば
野菜がモリモリいただけます♪


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ
スポンサーサイト
ごはん、餅 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。