スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
4月からのお弁当作りが始まって早2か月。

・・・とはいっても仕事で家を空けがちなワタシ。


コンビニや購買で買ったお弁当があまり好きでない
ムスコのために、

ワタシがいない間はオットが四苦八苦しながらの
お弁当作り。

今じゃスーパーへ行けば、
これでもかっってぐらい凍ったまま入れられる
冷凍食品がずらりと並んでいるけれど、

どうやらそんな便利なものもムスコの口には
合わないようす。( ̄∇ ̄;)


そんなことになることは目に見えていたので、
高校を選ぶ際、本気で「給食のある都立高校、、、」
と探したけれどあるはずもなく。。。(・▽・)


いろいろ考えた結果、
ワタシがうちにいる間に冷凍できるものを作り、
そのままお弁当箱に入れられるよう、
冷凍保存食を作り置くことにしました。
(詳細はレシピ後に。)



レシピは懐かしの味♪「金時豆の甘煮」
圧力鍋使用なので、火にかけるのは30分とかかりません。

最初に豆を水に浸したり、火を止めてから
味を含ませたりするので、

時間はかかりますが、一度にたくさん作っておけば
お弁当に限らずとも冷凍しておけて、自然解凍だけで
いただけるので、常備菜としても重宝です。



『金時豆の甘煮』

120601金時豆の甘煮


【材料(作りやすい分量)】

金時豆・・・・・250g

◆砂糖・・・・・150g
◆みりん・・・・大さじ2
◆醤油・・・・・小さじ1
◆塩・・・・・・少々


【作り方】

①金時豆は洗ってたっぷりの水に入れ、
 一晩(8~10時間)浸す。

②①の水を捨て、圧力鍋に豆を入れ、
 新たに水をひたひたに入れて
 ホイル(中央に穴をあけて)で
 落としぶたをしてフタをする。

③圧力強にて強火にかけ、おもりが上がって
 湯気が出てきたら弱火にして10分煮る。

④圧を抜き、フタを開けて◆を加え、
 落としぶたを再びかぶせ、フタはせず
 強火にかける。

⑤煮立ったら弱火にして15分煮て火を止め、
 そのまま冷まして味を含ませる




売っている煮豆よりも砂糖をかなり少なく
しているので、甘さ控えめな仕上がりです。

みりんを少し加えると照りもよくなり、
旨味もアップ。


煮たばかりを味みると、殆ど甘くないので
これでいいのか?と思ってしまいますが、

冷めていく間にぐんぐんと煮汁を吸い込むので、
冷めた頃にはほどよい甘味になっています。


冷蔵庫保存の場合には3~4日。
その間は煮汁に豆を浸しておきます。

余った煮汁は砂糖がわりに肉じゃがや煮ものに
利用して無駄なく使いきり。


そして”お弁当用の冷凍保存” 
汁気をきり、アルミパックに小分けにしてアルミトレーに
並べてラップをかけて、(なるべく)急速冷凍。


カチカチに凍ったものは
ジップロックに入れ替えて冷凍保存。

2週間以内ぐらいに使いきります。


他の冷凍できるおかずも同じように冷凍保存。

120601お弁当保存食②


今回は、、、

・チキンナゲット
・肉団子
・鮭の塩焼き
・春菊のくるみ和え
・小松菜の黒胡椒炒め
・かぼちゃ煮
・ひじき煮
・金時豆の甘煮
・コーンとひよこ豆のサラダ



ここでのポイントはアルミケースに
ふんわり入れて冷凍してしまうと、

お弁当箱に入れて解けたときに
隙間ができてお弁当箱の中で偏ってしまうため、

お弁当箱の形に合わせてギュギュっと詰めること。
(細長めに。)


どれも凍ったまま詰めればお昼には
ほどよく解けておいしく食べられます。


わざわざお弁当用に作ったものはなく、
どれも夕食のおかずを多めに作って
残ったもの取り分けておいたものを冷凍保存。


上記のものをいくつか日替わりでピックアップし、

あとはプチトマトやきゅうりなど
そのまま入れられる野菜や

余裕のあるときには卵焼きなどを加えれば、
見た目、味、栄養素バランスもOK。


これならば、オットが超早起きせずとも
ムスコが選んでお弁当箱に入れられます。

あ、でも
「ナゲット+肉団子+鮭」だけって組み合わせは
NGよ、と釘を刺すことも忘れずに。(^^ゞ



作りたてのおいしさとはいかないまでも、
少しは母の愛、伝わるかな。。。(・▽・)



このストックが終わるまでに仕事から戻れますように。


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ

スポンサーサイト
豆類 | コメント(10) | トラックバック(0)
コメント
出張で家にいない時のお弁当となると難しいですね~
ちなみに卵焼きもしっかり火を通して焼いて
切って一切ずつラップに包めば冷凍できますよ
昔、雑誌に載っていて私もやってます
masaki☆さん

おはようございます♪

お弁当もストックしてるとすぐに出来ますね!
いいこと聞いちゃった(*^.^*)
アルミケースって便利ですね♪

もう6月ですね^^
早いなぁ。。。

masaki☆さん、いつもありがとう(^人^)感謝♪
すごい冷凍のストックですねぇ。
おどろいちゃいました。完璧やわ。
うちの冷凍室と全然違うから恥ずかしいです。
うちは肉とかそのまま冷凍しているものばかりです。
masakiさんは仕事も家事も両立されていますね。
お弁当準備素晴らしい!

母の愛、ばりばり伝わります~。

お弁当用冷凍、私が出かけているときの
夫のランチ用に参考になります。
ペガサスママさんへ
ペガサスママさん、コメントありがとうございます☆

オットも段々に慣れてきていろいろと
コツがわかってきたみたいですけれど。(^^ゞ
やっぱりやってみるとわかってくることって
あるみたいですね。
卵焼きはオットができるお弁当料理の数少ない
レパートリーのひとつなので冷凍せずにとっておいて
あげました。^m^
あきさんへ
あきさん、こんにちは♪
コメントありがとうございます☆

そうそう。お弁当、ぜんぶでなくても
いくつか冷凍したもの、そのまま入れられるものを
用意しておくとすっごく気軽にお弁当が
できますよ(*^^)v

6月。今年の折り返し地点ですね♪
後半も楽しんでいきましょ。

こちらこそ、いつもありがとう、あきさん。^^
ぴよこさんへ
ぴよこさん、コメントありがとうございます☆

う~ん。ほんとはあまり冷凍ストック増やしたく
ないのですけどね。(^^ゞ
作ったものそのまま入れてあげたいです。

こんなに冷凍ストックあるのはあまり
一般的でないと思いますよ。
ワタシもうちにずっといるときには、
野菜とか甘酒とか、トマトソースとかギョーザとか。(^^ゞ
そんな感じですよ。

> masakiさんは仕事も家事も両立されていますね。

う~ん。これは家族の協力があってこそですね。^^
小暮さんへ
小暮さん、コメントありがとうございます☆

本当は作りたてを入れてあげたいのですけどね。(>_<)
なんせムスコが高校に入ったとたんに
さらに家を空けるようになってしまった
イケナイ母です。(^^ゞ

なのでうちにいるときにはせめてもの
罪滅ぼしにてなるべくリクエストに答えるように
しています。

お弁当の1品でも冷凍ストックのものがあると
気楽ですね。^^
きゃー、ちょうどお弁当用に金時豆作ろうと思ってたところなんです。
レシピのせていただいて嬉しいですー!
早速今豆を水に浸けておきましたよ。
楽しみー♪
mariさんへ
や~、mariさん、金時豆に反応くださって
嬉しいです。^^

金時豆、ワタシにとってすっごく懐かし
味で、時々食べたくなるのです。

一度にたくさん作っておけば冷凍保存できる
ところもありがたい。。。

ほっこりと煮えた味のしみこんだ煮豆、
たまりませんね。^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。