スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
この春2回目のロールケーキを作りました。


ワタシが作るロールケーキは
シフォンケーキと同じ生地の”シフォンロール”


卵白と卵黄、別々に泡立てるので、
ケーキ生地がふんわりとキメの細かい焼き上がりです。


今回のロールケーキはコチラの基本レシピを
をアレンジして、

薄力粉→米粉、牛乳→豆乳で。


オイルはキャノーラ油(菜種油)使用です。


旬のイチゴをたっぷり巻きこみました♪



『米粉と豆乳のシフォンロール』

120419米粉と豆乳のシフォンロール


【材料 1本分】

卵・・・・・・・・3ケ
きび砂糖・・・・・60g
キャノーラ油・・・大さじ2
バニラエッセンス・2滴
豆乳・・・・・・・大さじ2
米粉・・・・・・・60g

生クリーム・・・・100ml
きび砂糖・・・・・大さじ1

イチゴ・・・・・・1/2パック


【作り方】
*オーブンは180℃15分設定

①卵は卵黄と卵白とに別のボールに分け、卵白にきび砂糖の
 半量を入れてハンドミキサーで泡立て、メレンゲにする。

②卵黄のボールに残りのきび砂糖を加え、
 ①のハンドミキサーで白っぽくもったりとするまで泡立てる。
*ハンドミキサーはメレンゲを作った後、洗わずにそのまま使ってOKです。

③②にキャノーラ油、バニラエッセンス、豆乳を順に
 少しずつ加えてその都度よく混ぜる。
*混ぜるのはハンドミキサーの「中」程度の速度で。

④③のボールに米粉を加え、ゴムベラで粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
*米粉はふるわなくてOKです。

⑤④に③のメレンゲを2回に分けてさっくり混ぜる。
*メレンゲ1回目はよく混ぜてなじませ、2回目は泡をつぶさないように
 混ぜます。


⑥天板にクッキングシートを敷き、⑤を流して24㎝四方ほどに四角く
 生地を伸ばし、表面を平らに整え、180℃に温めたオーブンで15分焼く。
*生地を天板に流すときには真ん中に一度に入れてから伸ばします。
*焼いている途中、焦げ目が強くなるようであればホイルをかぶせます。


⑦イチゴは洗ってヘタを除き、水分をふきとり、
 小さいものは1/4に、大きめのものは1/6~1/8にカットする。

⑧⑥が焼けたらすぐにシートごとケーキクーラーや網の上などに移し、
 ラップをかけてそのまま冷ます。

⑨生クリームに砂糖を加えて少し角が立つ程度に泡だてる。
*ロール生地の上でクリームを伸ばすときにも硬くなるので、
 少しゆるめぐらいでOK。


⑩⑧が冷めたらシートからはずし、巻き終わりになる端を
 安定するように斜めに切り落としておく
*「シートからはずし」=シートごと巻くので、巻きやすいようにシートから
 ケーキをはがしておく、ということです。
 

 巻きはじめの方に1㎝幅3本の筋目を包丁でつけておく。
*切り落とさないようにご注意を!切れ目を入れることで
 巻きやすくなります。

 
 さらにクリームなしでぐるりと巻いて”巻き癖”をつける。

⑩ケーキ生地がのっているシートよりも少し大きめに
 ラップを切ってシートの下に敷く。
 
 ホイップクリームを生地に塗り伸ばす。
*巻き終わりの方にいくに従って少なめに塗っていく。
 
 カットしたイチゴを手前半分ほどに均等にばらまく。
 手前からシートごと巻いていき、シートごとラップに包み、
 巻き終わりが下になるようにして冷蔵庫に入れる。
*3時間以上冷蔵庫に入れておくとラップをはずしても安定したロールになります

【ひとこと】

☆生地は焼きすぎると硬くなり、ロールにするときに
 ひび割れやすくなります。
 
 オーブンによっても温度や焼き上がりに差があるかと
 思いますので、レシピの時間は目安としてくださいませ。





【作り方】が長くなりました。。。(汗)


が、それほど難しくはないです。慣れれば。( ̄∇ ̄;)

巻きながら生地に多少のヒビが入ろうが、
クリームがはみ出ようが、

冷蔵庫で落ち着かせてカットしてみると
案外”ロールケーキ”になっているもの。^^



画像↑、切り口の生地が少し茶色っぽいのは
きび砂糖を使っているため。


巻きこみのクリームは乳脂肪35%を使ったので
わりとさっぱり仕上げです。


米粉と豆乳使用のロールケーキはいつものロールケーキ
よりもあっさり、それでいてしっとり&ふんわり♪


持ち運びもしやすいので手土産にも重宝で喜ばれます。^^






蛇足ですが。。。

コレ↓
120419なべつかみ


軍手の2枚重ね

我が家の「鍋つかみ」であります。

まったく色気も可愛げもないのですが。

指があるので使いやすく、気軽に洗えるのも
嬉しいところ。

1ダース(軍手の1ダースです。)で買うと
かなりお安いので傷んできたら迷わずサヨナラすることも
あまり気になりません。
(とはいっても丈夫なのでけっこうもちます。)


最近は軍手型のオッサレ~な鍋つかみも
ありますが、20年ほど前から愛用の”作業用軍手鍋つかみ”
やめられそうにありません。。。( ̄∇ ̄;)



*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ



スポンサーサイト
スィーツ・おやつ・ドリンク | コメント(10) | トラックバック(0)
コメント
食感は…?
v-132 イチゴの季節だし、豆乳入りもいいですね、
 コメ粉は、サラサラで振るわなくてよいところが、重宝します。
 スポンジの食感は、小麦粉と違いますか?
 モチモチになるのでしょうか…?
    <ののちゃんより>
おおー!ロールケーキ!!!

私、まだ、この人生で一度もロールケーキ作ったことありません。

巻くという最後の作業に、すべて仕上がりの見た目が託されているかんじで、いつか練習してから…と思っていたのですが、実際練習する機会がありません。

あー、チャレンジしちゃおうかな~。
反則です~~~><
こんな売り物みたいなロールケーキが作れちゃうなんて
masaki☆さんずるい~~~!!!笑
私来世はmasaki☆さんの子供に生まれたい・・・
ロールケーキ美味しそうです。
米粉が無いから、小麦粉で作ろうかなぁ。
イチゴの季節に作りたいですね。
いい♪
masaki☆さん

おはようございます♪

米粉と豆乳いいですね!
カラダにもいい♪♪
お腹にも軽そうですね(*^^*)

軍手、気がつかなかったぁ、
鍋つかみにちょうどいい(笑)

真似しちゃおうかな(*^^*)
kitcatさんへ
kitcatさん、コメントありがとうございます☆

そうそう!米粉、ふるわなくていいのも
嬉しいところです!!

仕上がりのスポンジ食感はもちもちというよりも
”しっとりふんわり”な感じです。

ワタシもぢつわもっともっちり感出るのかな~と
思ったのですが、そうでもなかったです。
あっさりとした食べやすい味でしたよ。^^

小暮さんへ
小暮さん、コメントありがとうございます☆

そうなのですよね。ワタシも初めて作るときには
キンチョーしました。(^^ゞ

でもね、記事にも書きましたが案外大丈夫なものですよ。

・スポンジを焼き過ぎないこと(巻くときにひび割れしやすい)
・巻きはじめに切り込みを入れておくこと。
・クリームを塗る前に巻き癖をつけておくこと。
・クリームは手前多め、向こう側にいくに従って少なめに
 していくこと。
・巻き終わりを下にして冷蔵庫でしっかりと
 落ち着かせること。

などポイントはけっこうありますが。(^^ゞ

ぜひとも作ってみてくださいませ~♪
えいりさんへ
えいりさん、コメントありがとうございます☆

え~! 売り物なんてめっそうもないですよ。(^^ゞ
最後のつなぎ目、画像では見えませんが、
けっこう恥ずかしいことになっていたりするのです。(^^ゞ
でも味はいいですよん♪

> 私来世はmasaki☆さんの子供に生まれたい・・・
あ~ 嬉しいですね。^^
えいりさんのような可愛らしい女の子。
来世はお願いします。(笑)
ぴよこさんへ
ぴよこさん、コメントありがとうございます☆

いつもはワタシも薄力粉使用で作りますよ。
卵別立てだとふんわり感アップでキメも
細かく仕上がるのでこの方法で作っています。

イチゴの甘酸っぱさも見た目も色も
ロールケーキにはぴったりですね。^^
あきさんへ
あきさん、こんにちは♪
コメントありがとうございます☆

そうなんです。米粉で軽い仕上がり、と
いう感じです。

ロールケーキ生地、薄く伸ばして焼くので
焼き時間が短いところも嬉しいです。^^

うふふ。軍手の2枚重ねなべつかみ、
使ってしまうとやめられません。^m^
ぜひ真似してくださいませ~♪



管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。