スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
昨日の記事、「クリームチーズの酒粕漬け」
残った粕床

クリームチーズを漬けただけなので、
魚や肉を漬けたときのようなにおいも残らず
まだまだ使えます。

そのまま粕汁にしたり、味噌汁やスープに
加えても
OK♪

(それが一番お手軽ですね。^^)


今日は炒め物に使ってみました。


脂肪が少ないぶん、火を通すと仕上がりが
パサつきがちな鶏ムネ肉やささみ。

酒粕入りの漬け床でもみこんでしばらくおくと
あら不思議。

しっかり炒めてもしっとりの食感なのです。


今日のレシピはささみを使っておりますが、
ムネ肉でも同様の作り方でOK。

酒粕が入っているので、しっとり+コク旨な仕上がり。


肉の方にしっかり下味をつけておくので、
きのことねぎには軽く味をつけるだけです。



『ささみときのこの酒粕炒め』

120113ささみときのこの酒粕炒め


【材料 3人分】

鶏ささみ・・・・・・・・4本(250g)
しめじ・・・・・・・・・1パック
長ねぎ・・・・・・・・・1本(青い部分もすべて)

「クリームチーズの酒粕漬け」の漬け床・・・50g
 (前日のレシピ分量の漬け床で残ったものすべて)
◆醤油・・・・・・・・・・大さじ1

サラダ油・・・・・・・・・大さじ2
塩・・・・・・・・・・・・小さじ1/2
こしょう・・・・・・・・・少々
酒・・・・・・・・・・・・大さじ2


【作り方】

①ささみはスジを除いてそぎ切りにして◆をもみこみ、
 30分ほどおく

②しめじは石づきを除いて長いものは半分に切ってほぐす。
 長ねぎは斜め切り。青い部分は斜め薄切りにする。

③フライパンにサラダ油大さじ1を熱して②を一気に入れ、
 塩、こしょうをふり、強火で炒める。

④焦げ目がついてきたら酒大さじ1を加えてさらに炒めて
 火を通し、一旦ボールに取り出す。

⑤④のフライパンに残りのサラダ油を入れて熱し、
 ①のささみを混ぜた漬け床ごと入れて広げ、
 強めの弱火で焼きつける。
*炒める、というより「焼きつける」感じです。
*火が強いと酒粕入りなので焦げやすいです。


⑥焦げ目がついたら裏返して焼き、酒大さじ1をふりかけて
 フタをして1分20秒ほど蒸し焼きにして火を通す。

⑦⑤に④を加えて強火で全体を炒め合わせて器に盛る。




酒粕の量はそれほど多くないのでほんのり遠くで
香る仕上がり。

しっとりとやわらかくなったささみは、
酒粕入れない下味で焼いたものとはまったく別物の
できあがりです。


今回はちょこっと漬けだった漬け床をすべて使いましたが、

多めに漬け床作ったときには、
チーズの後に野菜や魚の粕漬けにしてもいいですね。

どちらにしても最後まで無駄なく使いたいもの。


漬け床には昆布や唐辛子、柚子の皮を入れても
風味良く仕上がります。


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ



スポンサーサイト
肉、卵、チーズ | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
masaki☆さん こんばんは~e-490

大好きな使いまわしレシピ
ありがとうございますv-344

ささみのパサつく食感がちょっと苦手だったのですが、酒粕につけるとしっとりコク旨に変身するんですねv-352

早くクリームチーズ→ささみ→粕汁の酒粕三段活用やってみたいですe-343
MsToyPooさんへ
MsToyPooさん、コメントありがとうございます。^^

使いまわして、使い切ったとき、
不思議な達成感があるものです。!(^^)!

ささみのパサつき、ムネ肉も。
酒粕との相性、バッチリです。(*^^)v

いろいろ試してみてくださいね♪
MsToyPooさんにもおいしいシアワセが届きますように。。。


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。