スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

小松菜のナムル

2009/10/24 Sat 01:08

緑の葉っぱの野菜たちが元気な季節になってきました!

これからの季節、ほうれん草や小松菜、ブロッコリーなど
色の濃い野菜が美味しくなってきます。

旬の時期に食べるのは栄養価も高いので、たくさん食卓に
取り入れていきたいですね。

で、本日は「小松菜

ビタミンB2、ビタミンC、カロテン、カルシウム、鉄分などの栄養素が
豊富に含まれています。

特にビタミンB2とカルシウムは野菜の中でもトップクラスの含有量!

ビタミンB2は糖質、脂質、たん白質の代謝に深くかかわっているため、
不足すると肌荒れや、頭皮が脂っぽくなったり、フケが出やすく
なったり・・・

美容には欠かせないビタミンのひとつです

ビタミンB2はレバーやうなぎ、イワシやチーズなどの動物性食品に
比較的多く含まれるビタミンです。

カラダに蓄えておくことができないビタミンB2。
毎日でも摂り入れたい栄養素ですね。

また、本日ご紹介の「ナムル」にはごま油とごまを使いますが、
ごまの油で小松菜のカロテンの吸収率が高まり

ごまに含まれるビタミンEと小松菜のカロテンの相乗効果で
美肌効果も期待できますょ♪

そしてそして、「ごま」にもカラダに嬉しい栄養素がたっぷりなのですが、
話が長くなりますので、ごまのことはいずれまた。

粒のままの「ごま」」よりも「すりごま」の方が栄養素がカラダに
吸収されやすい
ことだけ・・・(ここ大事!)

ホントは粒のままの「ごま」を使う前に炒って、すり鉢ですったものを
使った方が香りよく仕上がりますが、

市販の「すりごま」でも十分美味しいナムルを作ることができます。


『小松菜のナムル』繝ャ繧キ繝泌・逵・91016+竭。_convert_20091024004112

【材料(2~3人分)】
小松菜・・・・・・・・・1/2束

<ナムルダレ>
塩・・・・・・・・・・・・・小さじ1/3
白すりごま・・・・・・大さじ1
にんにくすりおろし(チューブ)・・・1㎝
ごま油・・・・・・・・・・大さじ1/2

【作り方】
①小松菜はゆでて、さっと水にくぐらせて水気をしぼり、
 3~4㎝に切る。
*ビタミンC、ビタミンB2は水に溶けやすいので、ゆでる時間は
 なるべく短く!


②ボールにナムルダレの材料を混ぜ、①を加えて混ぜる。

★小松菜以外にも、ほうれん草、大根葉、カブの葉、水菜、
 ニンジン(千切りにしてさっとゆでたもの)、もやし、きゅうりなど

 このナムルダレを覚えておけばいろんなナムルを作ることが
 できます!

★お好みで醤油を少し加えたり(その場合は塩を少し減らして)、
 お弁当に入れる場合はニンニクを抜いたり、
 アレンジ可能です。


カンタンにできるのであと一品!というときにも便利!

野菜がたくさん食べられます。

スポンサーサイト
緑黄色野菜 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。