スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

デトックス★ベジスープ

2011/11/25 Fri 20:00

虹色合宿でのお料理、3品目は、”デトックス★ベジスープ”♪

ローフードを入れた”ゆるベジディナー”だった虹色合宿

たぶん六甲の山の上はこの時期寒いであろう、、、と思い、
温かく野菜を煮込んだスープもメニューのひとつに
入れました。

REBIRTHのテーマに沿って、
”浄化”の意味も込めたデトックスープ。


最初に生野菜を使ったベジロールやローカレーを
いただいて酵素をカラダに摂り込んだあと、
最後にあったかスープをいただきました。


野菜はデトックス効果がたっぷりのものばかり。


下記のレシピは合宿で作ったものを
作りやすい分量にかえたものですが、

材料ご覧の通り、けっこういろんな野菜が
中途半端な量で入ってます。


材料の野菜にこだわらず、冷蔵庫の野菜室掃除の
つもりで
、あるものなんでも入れちゃいましょう♪

玉ねぎとセロリ、にんにく、しょうがはイイ味に
仕上げてくれる&カラダを温めてくれる効果も高いので
ぜひ入れたいところ。

ドライトマトはなくてもいいですが、
(あるとスープに深い味わいがでますが)

だし昆布も旨味の素!

それともうひとつのポイントは
野菜ブイヨンを使うこと。

市販のコンソメなどでもできますが、
野菜ブイヨンを使うことにより、
野菜の旨味がさらに引き立ったスープに仕上がります。


水の量はひたひた(材料の頭が出るか出ないかぐらい)にて。
これで大丈夫?ってぐらいで大丈夫。(*^^)v

煮込んでいくうちに野菜から水分が出てきて
ほどよくなります。



『デトックス★ベジスープ』
111125ベジスープ①


【材料 3~4人分】

◆玉ねぎ・・・・・・・1/2ケ
◆キャベツ・・・・・・1/8ケ(100gくらい)
◆にんじん・・・・・・1/4本
◆セロリ・・・・・・・1/2本(orセロリの葉)
◆大根・・・・・・・・5~6㎝ 
◆しめじ・・・・・・・1/4パック
◆しいたけ・・・・・・2枚
◆ピーマン・・・・・・1ケ

押し麦・・・・・・・・大さじ2~3
ドライトマト・・・・・1枚
にんにく・・・・・・・小1かけ
しょうが・・・・・・・小1かけ
ローレル・・・・・・・1枚
だし昆布・・・・・・・5㎝くらい
ドライバジル(あれば)・・・少々

塩・・・・・・・・・・小さじ1/2+α
野菜ブイヨン・・・・・1ケ(お湯300mlに1ケのもの)
こしょう・・・・・・・少々
水・・・・・・・・・・500mlくらい

ドライパセリ


【作り方】

①◆の野菜は1㎝ぐらいの角切りにする。
*なるべく野菜の大きさを揃えると、仕上がりがキレイです。

②ドライトマトは長さを半分に切って千切り。
 にんにくは薄切り。
 しょうがはみじん切りにする。
 だし昆布は1㎝ほどに切る。

③鍋にドライパセリ以外の材料をすべて入れる。
*水はひたひたぐらいです。

 強火にかけて煮立ったら、アクをすくい、
 フタをして弱火で20分、火を止めてそのまま余熱で
 20分以上おく。

④盛り付けの前に温め、盛り付けてドライパセリをふる。


【ひとこと】

☆「野菜ブイヨン」は水の量、300mlに1ケとか500mlに1ケとか
 いろいろですが、最初は少なめに入れておき、
 煮込んでから足りないようであれば足していきます。



カレーやシチュー、他のスープと同様、
作ってすぐよりも次の日がやっぱり美味!


我が家ではけっこうヘビロテなメニューのひとつですが、
(以前にもこんなデトックスープを記事にしていました。)

作るときには上記レシピの2~3倍量作っちゃいます。
(ちなみに3人家族です。)


もうね、分量はいちいち計りません。

大きめの鍋にある野菜ぶっこんで、水をひたひたに入れて
15~20分煮込んで味を調整したあとは余熱におまかせ。



野菜ブイヨンと塩の量は最初少なめにしておいて
煮込んでから味をみるときに足した方が
味の調整がしやすいです。


あ、あと押し麦もぜひ入れたいところ。

野菜と一緒に放り込めばできあがりのときには
プチプチ食感のおいしさが一緒に味わえます。


こちらはさらに具沢山。

111125ベジスープ②
じゃがいもやブロッコリーも加えました。



そのままでいただくのはもちろん、

次の日にはトマト水煮缶を加えたり、

玄米加えてリゾット風にしたり、

カレー粉やハーブ類を足したり、、、




アレンジ次第で味も七変化です。


で、さらに余ったらこんな風にも。

111125ベジスープ③

市販のカレールウを加えてベジカレー


スープそのものにしっかり味がついているので
トマト水煮缶や豆乳を加えて味を調整します



野菜の旨味がたっぷり出ているので、
肉がなくてもおいしい仕上がり。^^

このカレーも玄米や雑穀米によく合います。
(画像は玄米をブレンドしたごはんです。)


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ

スポンサーサイト
スープ、汁もの、鍋 | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
体にとっても優しそうですし、温かくて、栄養価も高くて、それに野菜の旨みを堪能できそう♪すごく素敵なレシピですね。べジカレーもぜひ作って食べてみたい。コメントありがとうございます。おかげさまで昨日よりは咳もおさまり、改善傾向にあります
デトックスベジスープいいですね~e-343

何と言っても、自由自在にアレンジして
使いまわしができるのが嬉しいですv-344
すてきー!
連日ベジメニューの連ちゃんではないですか~!
全部参考にさせていただきます~。
このスープも美味しそうv-10
スープいいですね。
これから寒くなるし、大量に作っておけば
一品助かるかも。
残り野菜で作ってみます。
ちびむすびさんへ
ちびむすびさん、コメントありがとうございます☆

肉類が入ったスープとはまた違う、
野菜本来のおいしさが存分に味わえるスープです。^^

ベジカレーも新しい世界!という味ですよ♪

寒くなってきましたので、無理されませんよう
ご自愛くださいね。
MsToyPooさんへ
MsToyPooさん、コメントありがとうございます☆

一度にたくさん作っておいて、次の日も、
その次の日も別の味わいでさらにおいしく
いただけるのは、嬉しいですよね。^^
一品できている、と思える安心感もおまけで
付いてきます。(*^^)v


小暮さんへ
小暮さん、コメントありがとうございます☆

不思議ですね。ベジ生活を続けていると、
以前ほどお肉が食べたい!と思うことが
なくなってきました。(^^ゞ
ただ、うちには肉命の中学生がいるので、
食卓にはお肉も登場していますが。

野菜の旨味が堪能できるベジスープは
寒い時期の味方です!(^^)!
ぴよこさんへ
ぴよこさん、コメントありがとうございます☆

我が家の冬の食卓には頻繁に登場するスープです。^^
そうそう、1品でもできていると思うと
気もラクになりますよね♪
時間をおくとさらにおいしくなるスープ、
ひよこ豆なんかの水煮を加えてもおいしいです。


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。