スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

もやしだけの逸品。

2011/08/05 Fri 20:00

仕事先の居酒屋で、つきだしからグランドメニューへと
昇格した「もやし」。


勝手に出されるつきだし(お通し)は、
残されることもしばしばですが、

このもやしはおかわりがくるほどの人気ぶりでした。


お客様からのリクエストもあり、グランドメニューへと昇格。

その後も人気は衰えず、



たかがもやし。

されどもやし。



家でも簡単に作れるようにちょこっとアレンジしたレシピ。


もやしは袋のままじゃぶじゃぶ水洗い。

ゆでずにフライパンでの2分蒸し。


火は通っているけれど、シャキっと感は残した
蒸し焼き加減。


余熱もしっかり活用で節エネです。


ごくごく簡単料理ですが、

敢えてコツといえば、

★蒸したもやしの水きりをしっかりすること。

★熱いうちに漬け汁と和えること。

★冷蔵庫でしっかりと味をなじませること。


ぐらいか。


レシピは作りやすいもやし1袋分ですが、

倍量作っても、きっとあっという間になくなります。( ̄∀ ̄*)




『つきだしもやし』
110805つきだしもやし?


【材料 3人分】

もやし・・・・・・・・1袋
◆醤油・・・・・・・・大さじ1・1/2
◆ごま油・・・・・・・大さじ1/2

白ごま・・・・・・・・適量


【作り方】

①もやしは袋をあけて水を入れてふり洗い。(2~3回)

②水気をきり、(多少水分残っていてOK)
 フライパンに平らに入れて強火にかける。
 ジリジリと音がしてきたら強火のままフタをして1分
 フタをあけて混ぜ、再びフタをして火を止め、1分蒸らす。
 ザルにあげて水をきる。

③ボールにAを混ぜ、②のもやしを熱いうちに加えて混ぜる。

④粗熱がとれたら冷蔵庫でしっかりと冷やす。
*6~8時間。できれば途中、数回混ぜるとより味が均等になじみます。

⑤器に盛り、白ごまをひねりながらかける。


※お好みでラー油やお酢をかけてどうぞ♪




【アレンジ】

★刻んだザーサイやネギを加えても美味。

★練り辛子を漬け汁に溶いても。




そのままいただくのはもちろんですが、

冷奴にのせたり、冷やし中華にのせたり、、、

もやし中華!
110805つきだしもやし?


ぶっかけそうめんにたっぷりのせた「もやしそうめん」
けっこうイケます。



はやめに使わなくちゃ傷んでしまうもやし。

使い切りメニューとしてもぜひどうぞ。



********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへはこちらからも訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


スポンサーサイト
淡色野菜 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
もやしはシャキシャキ感大事ですよね~
茹でるより蒸すなんですね
ペガサスママさんへ
ペガサスママさん、コメントありがとうございます☆

もやし、茹でてもいいのですが、暑い夏、茹でるための
お湯を沸かすだけでも時間かかるし暑いので^^;
蒸し焼きにしました。
お湯沸かす時間でシャッキリ仕上げになるので、
私は夏に限らずこのやり方なんです(^^)
もやし、家計にも優しくていいですよね~
あのしゃきしゃき感がたまりません!

昨日のトマトも美味しそう~
うちではもっぱらアボガドとのコンビでしたが
紫蘇もとっても美味しそうですね。
そのままおそうめんと絡めていただこうかな♪
mariさんへ
mariさん、コメントありがとうございます☆

もやしのシャキシャキ感♪は耳からも食感も
楽しめますよね。^^

トマトとアボカドのコンビも大好き♪
そうですね。青じそとの組み合わせ、
トマトのおいしいジュースも出てくるので、
素麺にもぴったりだと思います。!(^^)!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。