スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
βカロテンやビタミンC、食物繊維も多い
夏が旬のかぼちゃ。

さつま芋同様、デンプン質に甘味があるため、
ヘルシースィーツには大活躍ですが、

おかずとなると、、、

煮付け?天ぷら?ポタージュ??

サラダ?チーズ焼き?コロッケ??


いろいろできることはできますが、
どうも男性陣にはあの甘味をおかずに、

というのが苦手な方が多いようです。


おいしいんですけどね。あの甘味が。^m^


で、今日はおかずにもなる味噌炒め


火が通りやすいよう、皮をところどころむいて
フライパン焼きした後、お酒でゆるめた味噌を
加えて香ばしく絡めました。


仕上げは青じそでさっぱりと。


少し焦げた味噌の味とかぼちゃの甘味。
なかなか合います。




『おかずカボチャ ~味噌炒め~』
110729おかずかぼちゃ


【材料 3人分】

かぼちゃ・・・・・・・1/8ケ
サラダ油・・・・・・・大さじ1

◆味噌・・・・・・・・大さじ1
◆酒・・・・・・・・・大さじ2

青じそ・・・・・・・・5枚


【作り方】

①かぼちゃは火が通りやすいよう、ところどころ皮をむき
 5㎜厚さに切る。
 
 ◆は混ぜておく。

 青じそは軸を除き、縦半分に切って千切りする。
 キッチンペーパーでぎゅっと絞り、アクと水分をとる。


②フライパンに油を熱し、かぼちゃを重ならないように並べ、
 強めの弱火でフタをして3分。裏返してフタをしてさらに
 3分ほど焼いて火を通す。

③混ぜた◆を加えて強火にし、全体に絡ませる。

④器に盛り、千切りの青じそをトッピングする。


【ひとこと】

☆あまり火を使いたくない場合には、カットしたかぼちゃを
 レンチンでやわらかくしてから仕上げの味噌炒めのみ
 フライパンでもOKです。

(かぼちゃをレンチンでやわらかくする場合には、
 かぼちゃの下にキッチンペーパーを敷いておくと
 ほどよく水分を吸い取ってくれます。)





汁気が出にくい料理ですのでお弁当にも◎。

いつものお醤油味の煮つけとはちょっと違う
おいしさが味わえます。


カボチャまるごとですと、かなり日持ちしますが、
カットしたものを買うとワタの部分から傷みやすいです。

すぐに使い切らない場合でもワタは最初に
除いておく
のがおすすめ。


カボチャの黄色が濃い方がβカロテンも豊富に含まれます。

胃腸を丈夫にして体力をつける作用もあるので
夏の疲れが出ている方にも最適食材。


冷たいもので冷え切った胃腸を温める働きも
持ちあわせます。



今回は大き目の1/4個で買ったものの半分(1/8個)を使いました。

残りはまた別の料理にしましたのでまた次回に。。。


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへはこちらからも訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


スポンサーサイト
緑黄色野菜 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
おお!
ほんとにお弁当にぴったり~
おいしそう~!!

かぼちゃの味噌炒め、
んー。
惹かれます( ´∀`)


やっとこ週末だねー
素敵な週末を・・・☆
ちるちるちゃんへ
ちるちるちゃん、コメントありがとう☆

お弁当も最近めっきり作る機会が減ってしまった
けれど、かぼちゃの味噌炒め、多めに作って
焼きコロッケみたくしてもおいしいかな~なんて
作りながら思っていました。^^

ちるちるちゃんも一週間、お疲れさま~
過ごしやすい天気♪楽しんでね。(^_-)-☆

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。