スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

大根の皮の浅漬け

2010/01/03 Sun 21:33

今が旬の大根。この時期、なますにしたり、
煮物にしたり、お雑煮に加えたり。。。と
出番が多い野菜かと思います。

おろしたり、漬物にする場合は皮ごと使うのが
栄養素摂取からみるとベストではありますが、

煮物やふろふき大根、サラダに使う場合は
皮を厚めにむくことが多いかと思います。

そんなときの皮、捨てていませんか?

よく洗って使えば美味しい浅漬けに変身です^^


『大根の皮の浅漬け』
大根の皮の浅漬け


【材料】
大根の皮・・・・・100g
大根葉・・・・・・適量
塩・・・・・・・・1.5g(小さじ約1/3)
昆布茶・・・・・・昆布茶についてる小さじ1/2
*塩は大根の皮の重さ対して1.5%の塩分です。

【作り方】
①大根の皮は食べやすい長さの千切りにする。
 大根葉は細かく切る。

②タッパーなどに①と塩、昆布茶を加えて混ぜる。

③そのままフタをして冷蔵庫で1~2日おく。
*次の日から食べられますが、2日くらいおくと
 味がよりなじみます。
*お好みでゆずの皮を加えるとより風味がよくなります。


【ひとこと】
☆大根の皮はよく洗ってから使いましょう!

☆少々メンドーではありますが、大根の皮の重さを量り、
 塩の分量を1.5%にすることによって失敗なくできます。

☆昆布茶がない場合は、出汁用昆布をキッチンばさみで
 細かく切って加えてもOKです。

☆ジップロックなどの袋に入れた方がはやく漬かるかも、
 なのですが、大根葉を細かく刻んで加えているため、
 
 袋に大根葉がくっついてしまうので、今回タッパーで
 漬けています。皮から水分が出て十分に漬かりますょ。


ちょっとした箸休め、お茶うけにもなるので、
作っておくと便利です。

一度に大根の皮が少ししか出ない場合は、
よく洗ってからビニール袋に入れて次に皮が出るまで
とっておいたりします。


大根の皮、ぢつは実の方より栄養素が詰まっています。

ビタミンCは実の2倍含まれるといわれ、ビタミンP、
カリウム、食物繊維
なども豊富です。

ビタミンPとは毛細血管を強くするビタミンで、
不足すると、肌のツヤが悪くなったり、青あざができやすく
なったり、風邪をひきやすくなったりします。


それから、浅漬けに使う「塩」ですが。。。

みなさまお料理にどんな塩をお使いでしょうか?
今はスーパーでもさまざまな種類の塩が売られているので

こだわる方はお料理によって使い分け、という方も
いらっしゃるかもしれません。

浅漬けに使う塩は特に塩の味によってできあがりの
味が違ってきます。

できれば、天然塩とか自然海塩という名で売られている
ミネラル豊富な塩を使うとよりマイルドで口あたり
よい浅漬けに仕上がります。



ランキングに参加しています!
ポチポチっと凸凸していただけると励みになります♪



FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます(*^_^*)
スポンサーサイト
淡色野菜 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
大根の皮を使った浅漬け~♪
う~ん、地球にもお財布にも
優しいねε=ヾ(*・∀・)/

確かに、捨てられてしまいそうな
皮だもんね。
おいしくいただけるなら
ちゃんと使ってあげないとね!
ポチ×2★
Re: No title
【ちるちるちゃんへ】
刻んで干したり、醤油漬けにしたり。。。
大根の皮もいろんな使い道が
あるからね~♪

今回は一番オーソドックスで簡単な
エコ料理でした☆
No title
大根の皮はそんなに栄養があったのですね!
今までは捨てていました・・・

”昆布茶”を使う、ということも新たな発見です。
今度使ってみますね!

応援凸(*'-'*)


Re: No title
【まゆみさんへ】
コメントありがとうございます(*^_^*)

昆布茶を使うと”それなりの味”に
仕上げてくれるのでナカナカ便利ですょ!

大根おろしにする際は是非皮ごとが
オススメです☆







管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。