スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
とっても過ごしやすい気候の今の時期。

毎年、10月の今頃の1週間、どこからともなく
金木犀の香りが漂います。

ワタクシ、金木犀の香りが大好きで、
あの芳しい香りを感じると幸せ気分♪です。^^

昼間、家にいるときでも窓を開けておけば
あの香り。。。仕事もはかどります!

が、オットに言わせると「トイレの香り」と。( ̄∇ ̄;) イワレテミレバソウダケド
ま、よく芳香剤に使われる香りでもあるので

それもそうですが、決してワタクシ、芳香剤の
あの香りが好きなのではなく、

今の時期に感じる自然の金木犀の香りが好きなのです。(^^ゞ



そしてこの時期のサンマ、随分安くなってきました。
(ちょっと強引な結びつけ)


今日は骨まで食べられるしょうが煮を。


レシピは以前にアップした「いわしの梅しょうが煮」とほぼ一緒。

今回は骨まで食べたかったのでお酢を加えました。


『圧力鍋で骨までやわらか♪さんまのしょうが煮』
さんまのしょうが煮


【材料 3人分】

さんま(頭、内臓抜き)・・・・・・・2尾
しょうが・・・・・・・・・・・・・・1.5かけ

◆水・・・・・・・・1カップ
◆酒・・・・・・・・1/2カップ
◆砂糖、みりん・・・各大さじ1
◆醤油・・・・・・・大さじ2
◆米酢・・・・・・・50ml


【作り方】

①さんまは水洗い後、水気をふきとり、4等分の筒切りにする。
*内臓あった部分は念入りに。

②しょうが1かけは薄切り。残りは千切りにする。

③圧力鍋に①のさんま、②の薄切りしょうが、◆を加えて
 フタをして、圧力強にて強火にかける。

④おもりが上がって湯気が出てきたら弱火にして20分

⑤火を止めてそのまま冷めるまで放置する。

⑥食べる前に温めて盛り、千切りしょうがをトッピングする。


【ひとこと】

☆温めるときにささがきごぼうや焼きねぎを加えると
 野菜も一緒においしく召し上がれます。

「いわしの梅しょうが煮」のように
 梅干しを加えたり、青じその千切りをのせてもさっぱりと
 いただけます。


☆このままお弁当のおかずとしてもGood。



【ヘルシーポイント】

★骨までしっかり食べられるので、カルシウム補給にも!




圧力鍋にもよるかと思いますが、
火を止めて放置する時間があれば、弱火にかける時間は
もう少し短くてもいいかもしれません。

今回のしょうが煮、ホロっと骨まで箸で崩れるやわらかさ。
まるで缶詰のような。。。


別に煮たものを義母に持っていったのですが、
入れ歯の義父母もおいしく食べてもらえたようです。ヽ( ̄▽ ̄)ノ



米酢を加えておりますが、煮ている間に
酸味は飛びますので、仕上がりのときに酸味は残りません。

骨までやわらかく魚を煮たいときや、
肉をやわらかく仕上げたいときにはお酢を加えると
ホロっと食べやすく。

お酢を加えることにより、魚の骨までやわらかくするとともに
魚の生臭みをとる働きも。

ありがたきお酢パワーに感謝です。


サンマに含まれる栄養素はコチラをご参照くださいませ。


旬の魚は栄養価が高いうえに脂ものっており、
安価なのもうれしいところ。

さぁ、次はサンマで何を作ろうかな~。。。


********************************

~お知らせ~

『料理とアロマのコラボレーションセミナー』

料理もアロマも植物たちの大切な命をいただくという
根っこは一緒。
今回のセミナーでは同じハーブやオイルを使っての料理と
アロマクラフトの実践をいたします。

■日時:11月20日(土)11:30~14:45

■場所:東京自由ヶ丘
  カフェ スプーンブレッド

■参加費:6000円

■内容:
第1部 お料理教室
第2部 アロマクラフト教室
 

アロマセラピストのmariさんとワタクシとのコラボセミナーです。^^

詳細はコチラから⇒⇒⇒(クリックでジャンプします。)

■申し込み
 お名前(ハンドルネームある方はハンドルネームも)、
 電話番号を明記の上、このブログのサイドバーにあります
 メールフォームからお願いします。



********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。


レシピブログに参加しました!


人気ブログランキングへ


おいしいごはんで明日もハッピーな1日を過ごせますように。.:*・゚☆.。。.:*・゚☆.。


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ

スポンサーサイト
| コメント(10) | トラックバック(0)
コメント
こんばんは♪
金木犀、もう香ってますか?
私も大好きです。
でも、ご主人のおっしゃる『トイレの香り』も分かります。(^^;

圧力鍋で、さんまの骨まで柔らく頂けて良いですね。
お酢で酸っぱくないの?
って思ったら、飛んじゃうんですね。

> さぁ、次はサンマで何を作ろうかな~。。。
何かなぁ・・・楽しみだなぁ。。。(*^^*
凸凸凸!
No title
こんばんは~。
圧力鍋で作るとホント骨を感じないくらい柔らかくなりますもんね。
カルシウムも摂れてバッチリ~。

あ~、私も旦那さまと同じかも~。どうも思い出してしまいますね(笑)。
No title
masaki☆さん、おはようございます。
私も金木犀の香りは大好きです。
なんだかなつかしく、タイムトリップするような気がします。
さんまのしょうが煮は丸ごと食べられて、子供にもバッチリですね!
お魚が好きなので大喜びしそうです!!
No title
実は、圧力鍋、持っておりません。
でもこれ作りたい
です。
酢を入れるのがポイントなんですね。
やっとさんまの値段が落ち着いてきましたね。
イチゴッチさんへ

イチゴッチさん、こんにちは!

> 金木犀、もう香ってますか?

イチゴッチさんのところはまだですか?
私の住むところは今すごいです!
散歩も自転車乗っていても家の中にいても
とってもいい気分で過ごせます。^^

最近こそ金木犀の芳香剤って少ないですが、
やはりそれを想像してしまう方は多いようですね。。。(^^ゞ

お酢パワーで骨までやわらかく!
まぁ圧力鍋であればお酢入れなくてもやわらかくは
なりますが、生臭みもなく、わりとさっぱりとした仕上がりですよ。

サンマ以外にも秋鮭やサバもおいしいですからね~
魚好きな我が家には嬉しい季節です。^^

今日も応援いただき、ありがとうございます!



ひろぼさんへ

ひろぼさん、こんにちは!

ひろぼさんのサンマもしっかり味がしみこんで
とってもおいしそうでした。^^
骨まで無駄なくいただけると食材の無駄も出ず、
おいしく栄養補給もできていいですよね。

秋はこっくり煮込んだものもおいしく食べられて
いい季節ですね。

> あ~、私も旦那さまと同じかも~。どうも思い出してしまいますね(笑)。

あらら。ひろぼさんもそうですか。(^^ゞ
男性は特にそうなのかな。。。

今日もありがとうございます!

まゆみさんへ

まゆみさん、こんにちは!

> 私も金木犀の香りは大好きです。

わ~♪嬉しい。^^
ほんと、この香りを感じると懐かしいですよね。
うん十年前のこの時期のことをハッキリと思いだしたり
します。

お子様、魚お好きですか。
そしたら骨までおいしく食べられるのは喜ばれると
思いますよ~!
しっかりごはんに合う味付けなので、ごはん食べる量も増えるかも。^m^

今日もありがとうございます!


ぴよこさんへ

ぴよこさん、こんにちは!

圧力鍋なくてもホーローや鋳物(ルク鍋など)鍋
(酸に強い鍋)でお酢加えてコトコト煮れば
骨までやわらかくなりますよ!
ちょっと時間かかってしまいますが。

圧力鍋、最近のものはデザインもオシャレで
3ℓくらいの小型のものもあるので使い慣れると
重宝かも。

ただ、途中で味見できなくて調味料足したりできないので
きちんと仕上がりの味がわかっているものだと
いいのですが。。。あ、でも豆煮るときやかたまり肉やスネ肉を
やわらかくするにもとっても便利です。 ^^

> やっとさんまの値段が落ち着いてきましたね。

旬の時期にそれが高いとなんだかがっかりですものね。。。
秋の間にたくさんいただきたいですね。

今日もありがとうございます!



さんま~
秋の味覚のさんま♪

私も圧力なべ持ってないんですよ^^
あ、ルクでいけますか?
よし、活躍してもらいましょ~。
コトコト・・コトコト
美味しい音がするかな??

ほろほろさんま
ご飯がすすみそう~。

今はホウレンソウが高いですね^^
あやさんへ

あやさん、こんばんは!

> あ、ルクでいけますか?

イケますよ~♪
40分くらい煮てそのまま放置しておけば、、、
たぶん骨までやわらかになってるハズ。

> コトコト・・コトコト
> 美味しい音がするかな??

煮込みもコトコトのおいしい音、いいですよね♪
耳からもおいしい。^^
圧力鍋だとシューーーですから(^^ゞ

新米もおいしい季節。
炊きたてのごはんと一緒にどうぞ~!(^^)!

> 今はホウレンソウが高いですね^^

もっと寒くなった頃には値段が落ち着いてくれる
ことを祈ります。^^

今日もありがとうございます!




管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。