スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

和風ジェノバめん

2010/08/24 Tue 21:00

「ジェノバソース」は
バジルの葉、にんにく、松の実、オリーブオイル、塩を
ベースト状にしたもの。
(あ、チーズを加えてもおいしいですね。)

バジルを栽培していた頃にはどんどん増えるバジルを使って
毎年のように作っておりましたが、最近はお休み中。

パスタはもちろん、肉料理や魚料理、ドレッシングベースにも
使えてとっても便利でした。

・・・と書いているうちにあの味が懐かしくなってきたので
来年は植えようかな~。



今日は和風バジル(青じそ)を使った和風ジェノバめん

ソーメンよりちょっと太めの冷麦を使って豚肉とともに
炒めてみました。


豚肉でコクと旨味が出て、プラス青じそのさわやかな香りが
食欲をそそります。

ひとりランチのときにもお手軽ですよ。


『和風ジェノバめん』
和風ジェノバめん


【材料 2人分】

冷麦(乾)・・・・・・・200g
オリーブオイル・・・・・大さじ2
にんにく(薄切り)・・・2かけ分
青じそ・・・・・・・・・10枚くらい
豚小間切れ肉・・・・・・100g
(下味:醤油、酒 各小さじ2)

白だし・・・・・・・・・大さじ1
塩・・・・・・・・・・・少々
醤油・・・・・・・・・・小さじ1


【作り方】

①たっぷりのお湯をわかし、冷麦を硬めにゆでる。

②青じそは硬い軸を切り落とし、縦半分に切ってから千切り。
 キッチンペーパーでぎゅっと絞って水分とアクを除く。

③豚肉は細切りにして下味をもみこむ。

④フライパンにオリーブオイル大さじ1とにんにく薄切りを入れて
 中火にかけ、にんにくが少しキツネ色になったら③を加えて
 強火で炒めてしっかり肉に火を通す。

⑤冷麦がゆであがったら水にさらしてしっかりと水気をきり、
 ④のフライパンに加える。

⑥残りのオリーブオイルを冷麦全体にかけ、トングなどを使い、
 全体を混ぜるように炒める。

⑦白だし、塩を加えてさらに炒め、最後に醤油をまわしかけ、
 ②の青じそ(トッピング用に少し分けておく)をちらして
 全体を混ぜる。

⑧器に盛り、残しておいた青じそをトッピングする。


【ひとこと】

☆豚肉にしっかり下味をもみこむことで、豚肉のおいしさを
 引き出すことができます。

☆にんにくは少し色づいたところで豚肉を入れると、
 豚に火が通ったころににんにくもこんがりといい色に仕上がります。

☆冷麦は水にさらしたあと、ザルに押し付けるようにしっかりと
 水気をきります。

☆冷麦を加えて炒めている間はずっと強火にて。

☆白だし→めんつゆでもOK。(ただし、少し茶色っぽい仕上がりに)

☆3人分以上を作る場合は2人分ずつぐらいで作った方が作りやすく、
 味にもムラができません。



最近あまり食欲ないワタクシは冷麦100gでも十分でしたが、
男性や育ち盛りのお子様などは120~150gくらいあっても
ペロリと食べられてしまうかもしれません。

豚肉+青じその味が冷麦とよく合い、あとひく味となり、
どんどん入ってしまいます。ヽ( ̄▽ ̄)ノ 


【ヘルシーポイント】

豚肉には疲れの原因となる乳酸が貯まるのを防ぐ働きのある
 
ビタインB1が豊富に含まれるので、お疲れ気味のときにぜひ
 食べていただきたい食品です。

 さらに硫化アリルを豊富に含むニンニクと組み合わせることに
 より、B1の吸収率がアップするので、夏バテのときにも最適♪

青じそにはβカロテンとカルシウムが豊富。
 βカロテンには活性酸素をやっつける抗酸化作用がありますので、
 暑さで参っている方にもおすすめ


麺に千切りの青じそを加えているので1人分でたっぷりの
青じそを食べることができます。
(お好きな方はレシピの量よりも増やしていただいてOK)


青じその香り成分(ベリラアルデヒド)には嗅覚を刺激して
食欲を増進させる働きもありますので、

食欲ない方にもおすすめのメニューです。


********************************

<青じその保存>

青じそは、そのまま冷蔵庫に入れておくとすぐにしんなりしてしまいます。

空き瓶に水と一緒に入れて、冷蔵庫へ入れておけば
2週間ぐらいもちますよ。(できればもっとはやく使いきりたいですが。)

水は時々替えます。

しそ

水と洗った大葉を入れて逆さまにして冷蔵庫へ。
(大葉の軸が瓶のフタ側になるように)


使いたいときにすぐにピンピンの大葉が取り出せます。

(水を入れたビンを逆さまにして水が漏れないことを
ご確認くださいね。)


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。


レシピブログに参加しました!


人気ブログランキングへ


おいしいごはんで、暑さに負けずに過ごせますように。.:*・゚☆.。。.:*・゚☆.。


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ



★TV番組『魔女達の22時』で人気爆発!★


★人気女性誌掲載のリアルクローズが大集合★

スポンサーサイト
麺類、パスタ | コメント(16) | トラックバック(0)
コメント
No title
こんばんわε=ヾ(*・∀・)/

冷麦のジェノベーゼ!
麺が細くて、またいつもの
ジェノベーゼと違った感覚で
いただけるねー♪
おいしそう!!

今日もお疲れさまでしたー(。→∀←。)
No title
パスタみたいですね。
美味しそう。
あー今日、青ジソ買えばよかったなぁ。
こんばんは~♪
素麺や冷麦は、どうしても多めに茹でてしまいます。
足りないといけないと思うので。。。
で、結局残っちゃうのよねぇ。
冷麦は素麺より太い分、食べ応えがありそうです。

豚肉に下味をしっかりもみこむのですね。
ついつい手を抜いてしまいます。(^^;
ちょっとしたひと手間、大切ですね。^^
凸凸凸!
ちるちるちゃんへ

ちるちるちゃん、こんばんは!

フツーに食べる冷麦も大好きなのだけど
ちょっと飽きてしまったの(^^ゞ

青じそたっぷりもなかなかイケました(*^^)v

> 今日もお疲れさまでしたー(。→∀←。)

ちるちるちゃんもお疲れさまでした~!
いい夢見てね^^

今日もありがとう!
ぴよこさんへ

ぴよこさん、こんばんは!

和風パスタ感覚で食べられますよ♪
白だしがなかなかいい仕事をしてくれました。^^
機会があればぜひお試しくださいね。

今日もありがとうございます!


イチゴッチさんへ

イチゴッチさん、こんばんは!

素麺や冷麦、余ってしまったときは
少しの量のときは次の食事の味噌汁に入れてしまってます。(^^ゞ

冷麦、なぜか昔は苦手だったのですが、
揖保の糸の冷麦を食べたらソーメンよりも
好きになりました。^^

> 豚肉に下味をしっかりもみこむのですね。

この料理に限りませんが、肉に下味のひと手間で
仕上がりが随分違うものになるような気がしますよ。

今日も応援いただき、ありがとうございます!

No title
おはようございます!

紫蘇をバジル代わりにいいアイデアいですね♪

冷や麦、色んな食べ方があり、
いいですね!!!

夏バテ大丈夫でしょうか。。。
栄養あるもの食べて
お体に気をつけてくださいね!!!
No title
和風!!
美味しそうです~~~♪

しかも、保存方法。。。
今日も勉強になりました。。。♪

そっかそっか。。。逆さま。。。。。(笑)

応援!!
冷麦♪
こんなレシピもあるんですね♪

あ!しそのガラス瓶
私ゴマ入れにしてます(笑)

冷麦久しく食べてないです・・・・・。

写真と文章で、匂いがしてきそう・・・。
食いしん坊バンザイ!パワーでしょうか?
No title
おはようございます~♪
和風ジェノバめん、すごく美味しそう◎
これはぜひ参考にさせて頂きますね。

青紫蘇の保存も水につけて保存するのは知っていたのですが、逆さまにするアイデアがあったとは!
これも参考にさせて頂きます<m(__)m>

☆☆
No title
うわ~美味しそうですね~
豚肉でコクと旨味、青じそさっぱり・・・最高です~

にしても。
シソの保存方法、知りませんでした~
すごい、すごい!これからは絶対こうやって保存します!
素晴らしい知恵をありがとうございます!
三十路さんへ

三十路さん、こんばんは!

まだまだツルツル麺がおいしい暑さです。

普段もボーっとしているワタクシですが、
長引く暑さに「ボー」に輪がかかっています。(w)

ひどい夏バテでないので、なんとか
がんばっていますよ。
ご心配いただきましてありがとうございます。^^

実りの秋を迎える前に体調、ととのえておきたいですね。

今日もありがとうございます!

とっすぃぃぃさんへ

とっすぃぃぃさん、こんばんは!

はい!またまた白だし大活躍です。^^
入れすぎるとクドくなりますが、
少しの量だと本当にいい仕事、してくれますよね。
白だし♪

青じその保存、フタをあけたときに軸の方から
とれるので使いやすいです。^^

今日も応援いただき、ありがとうございます!


あやさんへ

あやさん、こんばんは!

> こんなレシピもあるんですね♪

や、世の中にはあるかどうかわかりませんが
私が勝手に作りました。(^^ゞ

あやさんはあの瓶、ゴマ入れですか。^^
使いやすい大きさですよね。(元ジャムの瓶(*^^)v)

素麺でもいいのですが、なんとなく、
冷麦で作ってみました。

おいしい匂い、感じていただけましたか?
食いしん坊バンザイ!ですね♪

今日もありがとうございます!



gorontaさんへ

gorontaさん、こんばんは!

gorontaさんに参考にしていただけるとは
なんだか恐縮ですが、
こんなんでよろしければ、ぜひ~♪
豚肉+青じその組み合わせがワタクシとっても
好きなのです。^^

青じその保存、母からの智恵であります。(^^ゞ
けっこう長く持つのでびっくりです。

今日も☆☆、ありがとうございます!

mariさんへ

mariさん、こんばんは!

は~い!おいしいです。^^
食欲なくてもペロっと食べられてしまいました。
青じその香りがあとをひくんですよね~。

シソ保存、水は少なめでOKですよ。
(軸部分が水にふれるぐらいで)
そのままだと、すぐにしんなりしてしまうし、
コップに水でもいいのですが、ラップが必要だったり
冷蔵庫の中で倒れると水浸しになるし、
瓶は重宝(しかも逆さまです。(^^ゞ)

今日もありがとうございます!




管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。