スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

紫大根の魔法

2010/06/10 Thu 21:00

紫大根が1本100円でしたので、迷わずゲット♪

紫大根①

短く太く、皮が紫、茎や葉の部分まで紫です。

半割りにしてみるとこんな感じ。

紫大根②

皮部分に紫色が強く、中の方は白い部分も見られます。

この紫色はポリフェノールの一種「アントシアニン」
紫キャベツや紫玉ねぎ、ブルーベリーやなすの皮などの
”紫色”に含まれる成分と一緒です。

アントシアニンは強力な抗酸化作用があり、
カラダのサビつきを防ぐとともに、血液をキレイにする働きがあります。

よって皮部分に紫が多く残る紫大根は皮を残しての調理

まずは定番「甘酢漬け」です。


『紫大根の甘酢漬け』
紫大根⑤


【作りやすい分量】

紫大根・・・・・・1/4本(150g)
◆砂糖、米酢・・・各大さじ6
◆塩・・・・・・・小さじ2


【作り方】

①紫大根はよく洗い、皮付きのまま2㎜ほどの厚さの
 イチョウ切りにしてビンに入れる。

②◆を鍋に入れて煮立て、アツアツのうちに①のビンに入れ、
 ふたをしっかりと閉め、逆さまにして冷蔵庫へ。

*ビンは逆さまにしても水もれしないものを使ってください。

③時々ビンをふり、次の日には食べられます。


【ひとこと】

☆レシピの甘酢は「すし酢」とまったく同じ配合です。
 市販のすし酢を使ってもOK。

☆ビンを逆さまにしておくことにより、フタをあけてすぐの
 上の方から(しっかり漬かった部分から)食べることができます。

☆ビンのフタをきつく閉めすぎてしまい、開かなくなって
 しまったら、熱湯にフタ部分を少しつけるとラクに開きます。

☆残った甘酢はオリーブオイルなどを足してドレッシングとして
 無駄なく使います。



ビンに入れた①の状態
紫大根③
甘酢は大根に浸りきっていませんが大丈夫。


次の日の状態
紫大根④
しっかり漬け汁も漬かっており、きれいなピンク色に!


アントシアニンと酢のチカラでピンク色♪
こういうのを見たときに「料理は科学だな~」と思います。

幼いころ、母が作っているこれをみたとき
「お母さん、魔法かけたの!?( ̄O ̄;) 」
と驚いたものです。


ある程度の日持ちがしますので、箸休めやお茶うけとして、
また、お弁当の彩りとしても重宝。


紫大根が手に入ったときにはぜひ作りたい一品です。

紫大根料理、明日も続きます。

************************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
今日も応援クリック凸凸いただけるととっても嬉しいです。(^^♪



人気ブログランキングへ

おいしいごはんで、明日もハッピーな1日でありますように。.:*・゚☆.。。.:*・゚☆.。


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


※サイドバーにBMIの計算フォームを追加しました。
 身長と体重を入力するだけですので、ご自身の体調管理によろしければお試しくださいませ!

(美容体重とボディバランスチェックはこちらがお役に立つかも⇒⇒⇒ボディバランスチェック


スポンサーサイト
淡色野菜 | コメント(12) | トラックバック(0)
コメント
No title
おはようございます!

紫の大根、初めてみました!

とっても綺麗な大根の甘酢漬けですね♪
残った残った甘酢もちゃんと利用できるのですね!!!

是非、作ってみようと思います!!!
初☆
masaki☆さん

おはようございます^^
こんなに紫の大根、初めて見ました!!
味は同じですよね??
自然ってすごいですね(*´∇`*)
No title
私も紫の大根、初めてです。
綺麗な色ですね。
美味しそうです。
No title
紫大根ですか!初めてみたかも。
つけたときの色はアントシアニンと酢が反応してでた色なんですね。
へ~
ハーブティーでも色の変わるものがありますが本当に魔法みたいで子供はもちろん大人もなんだかわくわくしますよね。

そういえば赤シソジュースを作るときに湯がくと水が紫に、葉っぱは緑に変わるのが楽しくて仕方ありません。
でもあれはなぜなんでしょう???
No title
こんにちは。
色鮮やかですね~。
凸~♪
No title
わ~紫大根??
初めてみました~!!
そういう色で漬けてあるのは見たことありますが・・
そうやって作るのですね。
さすがmasakiさんどんな食材でも使いこなせてすご~~い!!

これとってもおいしそう~
絶対箸とまりませんね(^^♪
三十路さんへ

三十路さん、こんにちは。

ちょっとどぎつい色ではありますが、
自然の色ですので彩りなどでうまく
活用できそうですょね。

ちょっと甘めの酸味もクセになり、
食べ始めると止まらないかも^m^

残った甘酢にもアントシアニンがたっぷり
含まれていますから、無駄なく利用したいです。

今日もありがとうございます!
あきさんへ

あきさん、こんにちは。

初めてでしたか。^^

赤かぶと同じような感じで甘酢に漬けると
こんなに鮮やかなピンク色になるのですよ。

紫色もすごいですよね。
自然ってほんとに偉大ですね。

今日もありがとうございます!

ぴよこさんへ

ぴよこさん、こんにちは。

ぴよこさんもお初でしたか。
あまりメジャーではないかもしれませんね。
けっこうどぎつい紫色が鮮やかなピンク色に
変身するのは感動です。(*^_^*)

今日もありがとうございます!
mariさんへ

mariさん、こんにちは。

ハーブティでも色の変わるものがあるのですね。
自然のチカラってほんと、すごいですよね。

そうそう!大人もワクワクする魔法のようです!(^^)!

> そういえば赤シソジュースを作るときに湯がくと水が紫に、葉っぱは緑に変わるのが楽しくて仕方ありません。
> でもあれはなぜなんでしょう???

たぶんそれは水に溶けやすいアントシアニンが溶け出て
葉っぱはしそ本来の緑色に戻る?
ってことでしょうか。。。
赤シソのあの色も本当にキレイですね♪

いつもありがとうございます!

ぱおさんへ

ぱおさん、こんにちは。

ぱおさんも初めてですか?
紫大根のアントシアニンとお酢のチカラで
あの鮮やかなピンク色!
赤かぶの甘酢漬けと一緒ですね~

本来は塩漬けして水分絞って、、、という
工程が一般的かと思いますが、私はこの
やり方がラクチンでいつもこれです(^^ゞ

> 絶対箸とまりませんね(^^♪

そうなんです!食べ始めると止まりません(*^_^*)

今日もありがとうございます!

ずんださんへ

ずんださん、こんにちは。

ちょっとどぎついですけどね。ピンク色。
でも自然の色でこれだけの色が出るって
すごいな、といつも思います。

今日も応援いただき、ありがとうございます!


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。