スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ふきみそ

2010/04/02 Fri 21:00

春の味覚「ふきのとう」が実家から届きました~♪

ふきみそ


実家の庭は日当たりがよいためか、実はお正月ごろから
ふきのとうが顔を出しており、母はふきみそ作ったり、

酢味噌にしたり、刻んで味噌汁に入れたり、天ぷらにしたり、
と実家の食卓にはふきのとうがよく登場していたようです。

4月に入ってもまだわんさか出てくるようで。。。
送ってもらいました。

独特の苦みがニガテな方もいらっしゃいますが、
私は昔から食べ慣れた味のためか、春にこれを味わうことが
ないとなんだか忘れものをしたような感覚に。


たくさんあるときには迷わずふきみそ!

母からレシピを聞いて毎年作っているのですが、
同じ材料で同じ作り方のはずなのに、
何かが違う。。。(もちろん母作の方がおいしいのです。)

まぁ料理って同じ材料で同じ作り方(のハズ)で作っても
作った人によってできあがりの味に差が出てくるところが
おもしろかったりするわけですが。。。(←単なる言い訳)

まだまだ私も修業が足りないようです。( ̄∇ ̄;)


『ふきみそ』
ふきみそ料理


【材料(作りやすい分量)】

ふきのとう・・・・・30ケぐらい(100g)
サラダ油・・・・・・大さじ3

<A>
・味噌・・・・・・・大さじ4
・砂糖・・・・・・・大さじ2
・みりん・・・・・・大さじ1


【作り方】

①Aの調味料を合わせておく。

②ふきのとうは洗って土や汚れを除き、水気をきる。

③粗みじんに切る。(フードプロセッサーだとラクチンです。)

*まな板の上で切る場合は広げた牛乳パックの上で切ると
 アクがまな板につきません。
*4~5回に分けてみじん切りにするとやりやすいです。


④フライパンにサラダ油を熱し、③を強火で炒める。
 全体に油がまわったら、①を加えてさらに強火で炒め、
 味噌がなじんで全体がまとまる感じになったら火を止める。


*ふきのとうが油を吸うのでサラダ油は少し多めです。
*炒めすぎるとやわらかくなりすぎるのでほどほどに。
*炒めてすぐは少しやわらかめ。冷めると少しかたくなります。



【ひとこと】

☆味噌→信州味噌、砂糖→きび砂糖、みりん→本みりん
 を使っています。

☆けっこう苦味の強い仕上がりです。
 苦味をおさえたい場合は、刻む前に沸騰した湯でさっと
 ゆで、水にさらして水気を絞ってからきざみます。

 または、少しちぎって水に放ち、半日ほどアク抜きをしても。

☆加える砂糖の量を増やすことによっても苦味がおさえられます。




1回作ってしまうと、日持ちするので、ふきのとうがたくさん
ある場合は多めに作り、いろんな料理に応用します。

このふきみそだけでごはんのおともには最高ですが、
確実にごはんの食べすぎになりますので。。。(^^ゞ


今日はオードブル風のおつまみと(そんなにかっこいいものでは
ないですが。)油あげにふきみそぬってロールにして焼いたものを
作ってみました。

ふきみそおつまみ

「ふきみそDEおつまみ」
薄~く(1~2㎜)スライスした半月の大根の上に
クリームチーズとともにふきみそをのせます。

(手前のスライストマトは・・・口直しです。)

チーズのまろやかさとふきみその苦味がマッチして
Good!完全に酒の肴ですが。。。


ふきみそ揚げロール

もう1品は「ふきみその油あげロール」

中ぐらいの油あげをキッチンペーパーで表面の油をふきとり、
ふきみそをぬります。手前からロールにしてつまようじで
8箇所ほどとめ、オーブントースターでこげめがつくまで焼き、カットします。

(焼くときはつまようじの出ている部分をホイルかぶせて
おくとつまようじがこげません。)

油あげ自体に味がないので、ふきみそとよくマッチします。


このほかにも。。。

・おにぎりにぬって「やきおにぎり」

・マヨネーズを少し混ぜて「ふきみそディップ」 (スティック野菜や春キャベツに添えて)

・魚や肉に塗ってグリルで焼く「ふきみそ焼き」

・ボイルしたイカと和えて「イカのふきみそ和え」

などなど・・・かまぼこや豆腐に添えてもおいしいです。

上記画像の大根と組み合わせたおつまみでは「クリームチーズ」を
使いましたが、

「モッツァレラチーズ」と合わせても美味!

以外が組み合わせではありますが、モッツァレラにクセが
ないため、よく合います。



ふきのとうの独特の苦み成分(アルカロイド、ケンフェノール)は
ポリフェノールの一種で、消化促進、肝機能強化(→疲労回復)の

働きをし、活性酸素を除去するとともに、新陳代謝を促し、
細胞の活性化
に役立つといわれています。


ふきのとうは腸の掃除をする食物繊維、ナトリウムの排泄を
促して高血圧予防にもなるカリウムも含み、カラダの毒素や老廃物を
排出する働き
があります。

春野菜に苦味があるものが多いのも、冬の間眠っていたカラダを
目覚めさせ、カラダに溜めこんだ毒素を排出する、という
自然界独特の働きがあるようです。


ただ、この苦味成分のアルカロイドには一部、毒性も認められており、
(カラダにいいこと、悪いことが表裏一体ということですね。)
多量を継続して摂るとあまりカラダにはよくないようです。

ですので、くれぐれも食べ過ぎにはご注意を。


なんでもそうですが、「これが効く!」といわれている
食品でも「ばっかり食い」はいけません。

ほかの食品もとりいれながら”バランスよくほどほどに”
春の味覚も味わっていきたいものです。


**************************************


今日もご訪問いただきまして、ありがとうございます。
お帰りの際、応援クリック凸凸いただけるととっても嬉しいです。(^^♪



人気ブログランキングへ

明日もおいしいごはんでワクワク最高♪の1日でありますように。.:*・゚☆.。。.:*・゚☆.。


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ



スポンサーサイト
淡色野菜 | コメント(12) | トラックバック(0)
コメント
こんばんは!
『ふきのとう』をお料理した事無いです。
外食で天ぷらとかで頂くものだと思っていました。(/▽\)ハズイ

なるほどぉ・・・『ふきみそ』にすると、色んなメニューになるんですね。

masaki☆さんのこと、スゴイ!って思ってたんですが、そのmasaki☆さんのお母様は、もっとスゴ~イ、お師匠さんですね。(^^v

今日もお勉強させて頂きました。
ありがとうございます。(^^☆

応援凸凸!
イチゴッチさんへ

ふきのとう、あるところにはわんさか野生で
生えていたりするのですけどね~

そうなんですよ~
ふきみそ、作っておくとなにかと便利なのです。
(ただしうちのコドモは食べません。(^^ゞ
ニガイので。オトナの味ですね。)

母は漬物とかふきみそとかきゃらぶきとか
保存食みたいなものはとっても上手です。
普通のおかずはあまり得意じゃないみたいです。(^^ゞ
学べるところは学んでおかなきゃ、と
思っています。

いつもありがとうございます♪

No title
ふきのとうを買わないので、
ふきみそは初めてでした。
こうして、いただくのですね。
美味しそうです。
No title
ふきのとう 大人の味です
四季のある日本は
やはり旬のものをその時期に食べる
それが自然で体にも良いんでしょうね
まだブログのキャリアは浅いんですが
masaki☆さんのブログを拝見して
料理には発想と行動が必要なんだと
感心させられています
ふきのとう。
masaki☆さん

おはようございます。
私の住んでいるところは南国なので、
ふきのとう、食べたことがないんです。
どんな味なのかなぁ(*´∇`*)
機会があったら、食べてみますね♪

今日のお料理も美味しそうです^^
春ですね♪
ふきみそロールに興味津津です。

こうして食べることもできるんですね♪
てんぷらくらいしか思いつかないんですよ^^

いつもレシピありがとうございます。

オードブルおしゃれですね♪
ぴよこさんへ

私もふきのとうは「買う」というよりも
庭から「とる」というものと思っていました。
(寒い地方ならではですね。)

春の大人の味、という感じです。

今日もありがとうございます!
とみとしさんへ

旬の味、その季節に味わうからこそ
カラダもココロも喜ぶように思います。

料理や食材などに関しては好奇心いっぱい
ですぐに行動に移すのですが、
それ以外のことはなかなか。。。(^^ゞ

なんでもそうだと思いますが、
「やってみて(行動してみて)はじめて
わかること」(失敗しても成功しても)が
次へのステップにつながるように思います。

いつもありがとうございます!
あきさんへ

そっか~。ふきのとうは寒いところならではの
ものですものね。。。

ふきのとうは独特のほろ苦さがたまらない
大人の味です。
食べ慣れないと口に合う、合わないは
あるかも(^^ゞ
機会があればぜひ、食べてみてくださいね!

今日もありがとうございます♪
yayaさんへ
ふきみそロールは「ねぎみそ」ロールで
やっていたものをふきみそにしてみたら
ナカナカでした。(*^^)v

オードブルは本当に思いつき。(恥)
そこにあったもので作った、という感じです。

あのほろ苦さを生かしたお料理、
まだまだいろいろできそうです。

少しの量をただ刻んで味噌汁に入れるのも
とっても春の香り♪です。

PS:ことづても拝見しました。ありがとうございます。^^

いつもありがとうございます☆
No title
わ~ふきのとう味噌おいしそう~ヽ(^o^)丿
私もふきのとう大好きです・
苦みがたまりません!!

masakiさんのお母様もお料理上手なのですね~
masakiさんのお料理上手はお母様譲りなんですね。
母の味って自分で作っても何か違ったりしますよね(^^♪
ふきのとう味噌のおにぎり食べてみたいです~
ぱおさんへ

あの苦味、たまりませんよね~^m^

母の料理上手はある特定のものだけ
(と本人は言ってます。)
漬物とか煮ものとか。。。
(いわゆる田舎料理は上手です。)

ふきみそおにぎりはお酒のあとに最高です♪
(あ、お酒のあとじゃなくてもおいしいです。(^^ゞ)

今日もありがとうございます☆

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。