スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
毎日の献立作りで意識していること。


ワタシの場合は冷蔵庫の中身との相談。
野菜中心の献立。生野菜を摂り入れること。

(そのときワタシが食べたいもの(・▽・))

それから「まごわやさしい」


食品それぞれにはメリットとデメリットが
混在しますが、

いろいろな食品を(なるべく)バランスよく
いただいてこそ、それぞれの栄養価も
カラダの中で効果を十分に発揮できるもの。



意識しないと忘れがちなのが
我が家の場合、きのこと海藻


気づいたときにはこれらを味噌汁やスープに入れる
ことも多いですが、

買い置きの多いしめじやわかめを使っての
こんな副菜も箸休めにいいものです。



『わかめとしめじの梅しょうが和え』

★121005わかめとしめじの梅しょうが和え


【材料 3人分】

しめじ・・・・・・・・・大1パック
わかめ(戻して)・・・・70g

酒・・・・・・・・・・・大さじ1
塩・・・・・・・・・・・少々

梅干し・・・・・・・・・1ケ
しょうが・・・・・・・・1/2かけ
ポン酢・・・・・・・・・大さじ1


【作り方】

①しめじは石づきをカットしてフライパンに広げる。
 
酒と塩をふりかけ、フタをして強めの中火で
 1分蒸し焼き。フタをあけて混ぜ、再びフタをして
 弱火で1分。火を止めて1分蒸らす。
 アルミトレーなどに広げて冷ます。

*きのこのフライパン蒸し焼きはサラダや
 和えものに使うときに重宝です。


③梅干しの種を除き、包丁でたたく。
 しょうがはみじん切りにする。

④③をボールに入れ、ポン酢を加えて混ぜ、
 わかめとしめじを加えて和え、器に盛る。


【ひとこと】

★レタスなどの葉物野菜を敷いて器に盛り、
 上記レシピにごま油をオリーブオイルを
 混ぜて盛れば和風サラダテイストに。




少し取り置きしておいて、
次の日のお弁当には汁気をとって入れたりも。

一晩おくことで味が十分に
しみこんでいるので、
お弁当に入れてもおいしく食べられます。



わかめもしめじも食物繊維がたっぷり含まれる
食品たち。


買い置き食材でのこんな一品があると、
野菜不足解消にも役立ちます。


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ

スポンサーサイト
きのこ、海藻、乾物など | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。