スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

手羽先のレモン醤油焼き

2012/08/25 Sat 20:00

骨付きの手羽先はドーンとボリューム感が
出るので、大きめのお皿に盛ると
テーブルが一気に華やぎます。^^

ほんとはスープをとって
”旨出汁冷やしラーメン”にしようと思って
買った手羽先。。。( ̄∇ ̄;)

スープをとった手羽先でも
こんな風に主菜として登場させてしまう
我が家ですが、

ラーメン買うの忘れたので
今日は生のままの手羽先をそのまま調理。


いつもは名古屋的甘辛味にすることが
多いですが、こう暑いとどうしても
さっぱりといただきたい、、、

ってことで本日はシンプルな「レモン醤油焼き」
にしてみました。



『手羽先のレモン醤油焼き』

120825手羽先のレモン醤油焼き


【材料 2~3人分】

手羽先・・・・・・・・8本
塩・・・・・・・・・・小さじ1/2
こしょう・・・・・・・少々
醤油・・・・・・・・・大さじ1

レモン(くし切り)・・・1/2ケ分
ブラックペッパー


【作り方】

①手羽先は水気をふきとり、皮目と反対側の身の方
 (骨と骨の間)に包丁で切れ目を入れる。
*味をしみこみやすく&火の通りをよくするために。

②塩、こしょうを全体にまぶし、10~15分おき、
 キッチンペーパーで水気をふきとる。

③フライパンに手羽先の皮目を下にして並べる。
 中火にかけてフタをする。ジリジリとしてきたら
 少し火を弱め、5~6分、皮目にしっかりと焦げ目が
 つくまで動かさずに焼く。


④焦げ目がついたら裏返し、フタをしてさらに1~2分
 焼いて焦げ目をつけ、火を通す。

⑤醤油をまわしかけ、手羽先全体に絡ませて火を止め、
 レモンを絞る。

⑥器に盛り、レモンを添え、お好みでさらにレモンを
 かけたり、ブラックペッパーをかけていただく。




食べるとき、手がベットベトになるので、
おてふき1人1枚の準備が必要ですね。。。(^^ゞ


たくさん作って身だけをほぐし、
次の日の和えものやスープ、チャーハンなどの
具材としても
◎。

最初に少し塩をまぶしておくことで、
中まで味がしみこんでおります。


皮目から焼くことで、手羽先自体の脂がけっこう
出てくるので改めての油は今回使いませんでした。

唐揚げのようなカリっと感出すためには
油ひいてからの方がよいですが、

これはこれでなかなかイケます。

レモンはぜひフレッシュ使用で。


多めのブラックペッパーがワタクシ好みでございます。




*゚..:。:..:*゚束の間の夏休み③:.。:..:*゚.:*゚..


黄昏時の稜線。。。

120825黄昏時②

茜色の夕日に反射したほんのりピンク色に
染まった雲もとってもキレイ。




時折聞こえるカラスの声だけの
静寂した展望台。

120825黄昏時①

視線をずらすとちょうど夕日が沈みかけて
いるところでした。


日々の喧騒を忘れさせてくれるおだやかな風景。


明日も笑って過ごそうね。^^


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ

スポンサーサイト
肉、卵、チーズ | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。