スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今年も梅雨の時期。

雨ばかりでじとじとして嫌だな~と思うこともあれば、
雨のおかげで大地の恵みが育み、

夏の水不足にも悩まされずにすむ。
と思えば、雨も悪いことばかりではないもの。


事実はひとつでも見方によって良くも悪くもなることは
雨に限ったことではないかもしれません。



ぢつわ、雨ってそんなに嫌いではありません。ワタシ。
あ、出掛ける予定のないときの話ですが。( ̄∇ ̄;)


しとしとと降る雨の日、家にいるときは
なんとなく落ち着いてしまいます。
気圧が低いからか、、、



そんな日にぴったりのパン作り。

パン作り、といっても生地作りはホームベーカリーに
おまかせの半手作り。(・▽・)


我が家のホームベーカリー(HB)、
20年以上も前からがんばっているためか、

最後までパンを焼くと最近うまく焼けないため、
生地作りだけで活躍です。

まぁ考えてみれば家電製品は10年が寿命といわれて
いますから、そろそろ替え時なのかもしれませんが、

生地作りはきちんと機能してくれるので、
もう少しがんばってもらおうかと思っています。



今日のレシピは我が家の古いHB、オーブンでの作り方。

一次発酵までしてくれるHBも多いので、
それぞれの使い方に合わせていただければ、と思います。

オーブンも機種によってクセが違ったりするので、
レシピは目安にて。


パウンド型を使っているので、小さめの食パン、
という感じの仕上がりです。




『レーズンとくるみのミルクブレッド』

120610レーズンとくるみのミルクブレッド


【材料 パウンド型(縦20㎝×横11㎝×高さ7㎝)1本分】

強力粉・・・・・・・250g
ドライイースト・・・小さじ2
砂糖・・・・・・・・大さじ1
塩・・・・・・・・・小さじ1
バター・・・・・・・大さじ1(12g)
牛乳・・・・・・・・180ml

◆レーズン・・・適量
◆くるみ・・・・適量


【作り方】

①ホームベーカリーに◆以外の材料を順に入れ、
 「生地作りコース」スタート。
*ドライイーストは粉の真ん中をくぼませて入れます。
 水分はまわりから。
*バターは細かくしてから加えます。
*我が家のHBは生地作りで約2時間です。


②レーズンはぬるま湯でもどす。
 くるみは粗く刻む。

③①が終了したら生地を取り出し、表面がなめらかに
 なるようにボールに入れ、オーブンの発酵機能にて
 40分、1次発酵させる。
*生地が2.5~3倍に膨らむまで。

④フィンガーテストしてOKであれば、
 まな板の上に出し、ガス抜きをしてスケッパー(or包丁)で
 2等分にしてそれぞれの表面がなめらかになるように丸め、
 乾いた布巾をかけてベンチタイム10分。
*フィンガーテスト:人差し指を生地に突っ込み、
 そのままの状態が保たれれば1次発酵完了。
 戻ってしまうようであれば未発酵。


⑤④の切りをそれぞれ20×15㎝ほどの長方形に麺棒で伸ばす。
*生地の上下にラップを敷けば、ラップの芯でも伸ばせます。

⑥⑤の生地のそれぞれにレーズン、くるみを均等に
 バラまき、生地を三つ折りにして向きをかえ、
 長い方に伸ばして20㎝ほどにする。

⑦手前からしっかりと巻き、巻き終わりをつまんで閉じ、
 閉じ目を下、渦巻きが横になるように型に入れる。
*型の隅と生地同志の間は隙間をあける。

⑧再びオーブンの発酵機能にて40分間、二次発酵。

⑨オーブンから出し、乾いた布巾をかけておく。

⑩オーブンを180℃に温める。

⑪天板に⑨の生地が入った型をおき、
 オーブン下段で6~10分、表面に焦げ目がつくまで焼き、
 焦げ目がついたらホイルをかぶせてさらに20分ほど
 (合計30分)焼く。

オーブンから出し、粗熱をとり、型からはずして冷まして
からカットする。


【ひとこと】

☆バターは最初に16等分にしておくと、
 1片が約12g=大さじ1に。

 頻繁に使わない場合にはカットしてから冷凍しておくと
 便利です。




レーズンとくるみは残っていたものをすべて使いたかった
ので、”適量”表記でごめんなさい。



レシピは進化するもの、と思っていますが、
今日のレシピは20年前に作っていたパンのレシピ
そのまま( ̄∇ ̄;)


パンに関してはあまり発展のないワタクシです。w


牛乳を豆乳にかえたり、強力粉の一部を全粒粉や米粉に
かえたり、レーズンやくるみのかわりにチーズや
チョコを加えたり。。。


アレンジはいろいろ。

面倒でなければ、数個に分けてまるめてのプチパンや、
編み込みやねじりパンなど、同じ材料使っても
形を変えてみるのもおもしろいもの。


この方法、時間はかかりますがHBが生地作りしてくれている
間や、発酵や焼いている間にも他のことができるので、
ワタシは仕事をしながらのパン作りです。(^^ゞ


パンが焼けてくる間にキッチン中に漂うあの香りは
シアワセの香り♪^^


焼きたてのパンはサイコーにおいしくて
何もつけなくてもおいしくいただけます。


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ

スポンサーサイト
パン | コメント(6) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。