スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ふきと油揚げのおかか煮

2012/05/07 Mon 20:00

幼い頃は苦手でも、大人になってから
好きになる味ってけっこうあります。

わさびや唐辛子などの辛いもの、
春野菜や山菜、ビールなど(^^ゞ、苦味のあるものの
おいしさがわかってきたのは大人になってから。

ふきもそんな食べ物のひとつです。


スーパーの野菜売り場には早々と
”夏野菜コーナー”ができていたりしますが、

まだまだ春野菜、健在です。


ふきは、色鮮やかに仕上げる”青煮”にすることが
多いですが(ワタシの場合)、

今日はしっかりと味をしみこませた
おかか煮で。

”おかか煮”とはいってもおかかを加えるのは
最後の仕上げ段階です。



『ふきと油揚げのおかか煮』

120507ふきと油揚げのおかか煮


【材料 3~4人分】

ふき(細め)・・・・・・・10本(160g)
油揚げ・・・・・・・・・・小1枚

◆水・・・・・・・・・・・1カップ
◆だしの素・・・・・・・・少々
◆酒・・・・・・・・・・・大さじ1
◆みりん・・・・・・・・・大さじ1
◆うす口醤油・・・・・・・大さじ1弱

削り節・・・・・・・・・・小1パック


【作り方】

①鍋にふきをゆでるお湯をわかす。

 ふきは洗ってまな板の上におき、塩を多めに(分量外)
 ふりかけ、板ずりする。
 鍋に入る長さに切り、2分ほどゆでる。
*煮ものに使うので硬めゆで。
 
 水をはったボールに移し、何回か水を替える。

 スジをむき、氷水に30~1時間さらしてアクを抜く。
*氷水にさらすことで色鮮やかに。

②油揚げはキッチンペーパーで表面の油をおさえるように
 ふきとり、食べやすい大きさに切る。

③鍋に◆を入れて煮立て、①のふき、②の油揚げを入れ、
 落としぶたをして2~3分煮て火を止め
 そのまま半日(6~8時間)おく。

④再び火をつけて2分ほど煮る。
 最後に削り節を加えて器に盛る。



ふきの色を生かしたかったので、
醤油は”薄口醤油”を使いました。


煮てすぐと、しばらくおいたものとの味は
雲泥の差。

短い時間煮たあとにじーーーっくりと味を
しみこませるのがポイント
です。


冷めながらじわじわとふきに味がしみこむので、
できれば次の日がよりおいしい。


下処理やアク抜き、味がしみこむまでに時間は
かかりますが、

たまにはこんなスローな料理もいいかもしれません。



ふきには咳止め、血液浄化、毒消しなどの
効果もあるのだとか。

昨日(5/6)が満月でしたので、5/21の新月までは
”排出と浄化”の期間。


食物繊維やカリウムも豊富なふきはデトックス食材とも
いえますので、

この時期、カラダの内側からの浄化には
ぴったりの食材です。^^



*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ

スポンサーサイト
淡色野菜 | コメント(6) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。