スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
暖かくなってくると冷たい麺類もおいしくなってきます。

真夏のクソ暑いときには、
さっぱりとしたそうめんや冷麦が美味しいですが、

春真っ盛りの今は、ちょっと濃厚つゆでいただく
麺類もおいしいもの。


今日は定番のゴマダレではなく、”くるみ”を
すりつぶした香ばしい「くるみダレ」にしてみました。


蕎麦つゆって案外難しい。てか、ちょいと面倒。

何種類もの”節”を使い、時間をかけて丁寧に作った
”かえし”はこだわりのお蕎麦屋さんに任せるとして。笑


そうめんやうどんのつけ汁は、市販の「めんつゆ」でも
十分だけど、

蕎麦つゆとなるとやはり違う感じ。


その点、くるみダレにすることで、ちょっとごまかし、
ではないけれど、市販の乾麺蕎麦もおいしくいただけます。



『くるみダレ蕎麦』

120423くるみダレ蕎麦


【材料 3人分】

蕎麦(乾麺)・・・・・・・・420g

<くるみダレ>
くるみ・・・・・・・・・・・・・60g
めんつゆ(3倍濃縮タイプ)・・・60ml
水・・・・・・・・・・・・・・120ml

<薬味>
万能ねぎ、もみのり、おろししょうが

※2~3倍に薄めためんつゆ・・・適量


【作り方】

①くるみダレを作る。
 くるみはフライパンで軽く空炒りしてすりばちに入れる。
 10~15分かけてしっかりとすりつぶす。

②①にめんつゆ、水を順に少しずつ入れ、その都度よく混ぜる。

③鍋にたっぷりのお湯を沸かし、表示通りに蕎麦をゆで、
 水にさらし、最後に氷水でしめる。

④②のくるみダレを3つの器に分けて薬味とともに
 蕎麦に添える。


※くるみダレはけっこう濃いめなので、お好みで
 薄めためんつゆを足していただきます。




市販の乾麺蕎麦も水にさらしてから
最後に氷水にさらすことでキュっとしまって
コシが強くなり
、おいしくなります。


このつけダレ、もちろん冷たいうどんでもイケる味。


最近ではすりごまならぬ、”すりクルミ”も
売っていますが、やはりすりたてが一番美味しいので、
そのあたりだけは少しだけ丁寧にしてみました。


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ



スポンサーサイト
麺類、パスタ | コメント(6) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。