スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

小松菜の花のお浸し

2012/04/30 Mon 20:00

GW3日目。


本日もキッチンに引きこもり、お仕事。

今日も、6月に改装オープンする
回転寿司のデザートの試作です。



試作では1回目で納得いくものができることも
あれば、

2回、3回と、レシピを少しずつ変えていきなら
ようやく完成に至るものも。


「失敗は”失敗”ではなく、フィードバック」

とはワタナベ薫さんから学んだ大好きなコトバ。


頭で考えていたことが、実際作ってみて
思うようにならないこともしばしば。

うまくいかなかったことは
確実に次へのステップと繋がっていきます。^^


というわけで明日も試作は続きます。

ガンバレ、ワタシ。( ̄∇ ̄;)



さて、先日行った近所のスーパーの野菜売り場。

地元農家の方が作った野菜のコーナー。
そこで見つけた珍しい野菜。

”小松菜の花”

120430小松菜の花


一見、菜の花と間違えそうな可愛らしい
黄色い小さな花をつけた小松菜。


お浸しにしてみました。




『小松菜の花のお浸し』

120430小松菜の花のお浸し


【材料 3~4人分】

小松菜の花 1束(200g)

◆白だし・・・・・・・大さじ1
◆水・・・・・・・・・大さじ2
◆薄口醤油・・・・・・小さじ1

削り節


【作り方】

①鍋にたっぷりのお湯を沸かし、小松菜の花の
 軸の方から入れてゆでる。

②ボールに冷水を入れてゆでた小松菜の花を浸して
 冷まし、軽く絞る。
 絞った小松菜の花を縦に持ち、上から醤油小さじ1/2ほど
 (分量外)をたらして90%くらい絞り、3㎝長さに切る。
*醤油絞り=仕上がりが水っぽくならないように。
 他のお浸しのときも同様に。


③ボールに◆を混ぜ、②を加えて和え、器に盛り、
 削り節をかける。




少し苦味が残るところも菜の花に似ている
春の味。

今の時期しかいただけないかと思うと
感謝とともにシアワセいっぱい♪



お浸しといえば、いつもはだし醤油をかけるだけ、
が多いですが、

白だしと薄口醤油を割って作った濃いめのお出汁は
お浸しにぴったりで、

野菜そのものの味を引き立てるとともに
より一層美味しくしてくれます



今回の小松菜の花もおいしい出汁のおかげで
ペロっといただけました♪



白だしはコチラを使用。

お吸い物にするときに15倍に薄めるタイプのものです。


以前にちょっとケチってお安いものを
使ってみたら仕上がりの味がぜんぜん
違うのですよね。(^^ゞ

少しの使用量で”料亭の味”感覚です。


本来は自分で昆布やかつお節などからだしをとるのが
一番なのですが、

なかなかできないときにも美味しい白だしは
とっても役立つ助っ人になってくれます。


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ



スポンサーサイト
緑黄色野菜 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。