スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ゆるベジ和風キムチ

2012/03/18 Sun 20:00

この冬作った和風のキムチ

「キムチ」とはいっても韓国唐辛子やあちらの食材を
使った本格的なものではなく、

野菜と日本で入手しやすい材料や調味料で作った
”ゆるベジキムチ”

なぜ”ゆるベジ”かというと、100%野菜ではなく、
アンチョビを使ってあとはキムチの素にも
野菜がいっぱいなので。


キムチといえばアミの塩辛が定番で、旨味の元とも
なりますが、

その辺では売っていないことが多いため、
アンチョビの缶詰めを使ってみました。


あとは昆布や削り節、切干大根などの和素材と
野菜をふんだんに。

冷凍しておいた甘酒もあったので、砂糖代わりに
入れました。

辛味もコチジャン、一味唐辛子と家にあったもので。。。


本格キムチとはちょっと違う感じですが、
これはこれで手作り感あるおいしさです。



『ゆるベジ和風キムチ』

120318ゆるベジ和風キムチ


【材料(作りやすい分量)】

<白菜和風キムチ>

白菜・・・・・・・・1/4ケ(835g)
塩・・・・・・・・・25g(白菜の3%塩分)


<和風カクテキ>

大根・・・・・・・・・500g
塩・・・・・・・・・・15g(大根の3%塩分)


~和風キムチの素~

◆アンチョビ・・・・・・6本
◆長ねぎ・・・・・・・・10㎝
◆にんにく・・・・・・・3かけ
◆しょうが・・・・・・・2かけ
だし昆布・・・・・・・5×10㎝ 1枚
切干大根・・・・・・・30g
にんじん・・・・・・・1/2本
りんご・・・・・・・・1ケ
ニラ・・・・・・・・・1/2束
●削り節・・・・・・・・3g(小袋1パック)
●白ごま、白すりごま・・・各大さじ2
●コチジャン、甘酒・・・・各大さじ2
●醤油・・・・・・・・・・大さじ1


<作り方>

①白菜はざく切りにして塩をまぶし、
 大きめのジップロックに入れて空気を抜いて封をする。

②大根は1.5㎝角の角切りにして塩をまぶし、
 白菜同様、ジップロックに入れて空気を抜いて封をする。

 <和風キムチの素を作る。>

③◆はみじん切りにしてボールに入れる。
 だし昆布はキッチンバサミで細く切り、上記のボールに入れる。
 にんじん、りんごは千切りにしてボールに入れ、
 ニラはざく切り、切干大根はほぐしてボールに入れる。
 ●もボールに入れ、よく混ぜ合わせ、ぴっちりとラップをする。

④①~③を冷蔵庫に入れ、6~12時間おく。

⑤白菜、大根の水気を数回に分けてしっかりと絞り、
 それぞれをボールに入れる。

<仕上げ>

⑥③を⑤のそれぞれのボールに分け入れて(白菜の方が量が多いので
 少し多めにする。)和える。

⑦⑥をそれぞれジップロックに入れて(汁が漏れないよう二重袋に)
 冷蔵庫保存。

<食べ頃>

3日目から食べられます。(浅漬け)

1週間ほどするとほどよい漬かり具合の和風キムチに。


【ひとこと】

☆アンチョビは缶詰めタイプを使いました。
 6本使って3本残り。
 
 残ったものは冷蔵庫でもある程度は保存可能ですが、
 冷凍してもOKです。




3日目から食べ始めて徐々に味がなじんでいく
ところを味わえるのもまたいいもの。

時間はかかりますが、おうちキムチができる
ワクワク感(?)も捨てがたいです。

まぁ待ちきれなくて、作った翌日から
味見しちゃったりするんですけど。。。( ̄∇ ̄;)



白菜や大根を漬けた塩分(3%)は、浅漬けよりも
強めの塩加減。

なので、冷蔵庫で保存すればそこそこ日持ちは
しますが、そのまま食べるのに飽きてきたら、

きのこや豆腐と炒めたり、やきうどんや醤油味の
やきそばに加えたり、細かく刻んで納豆に混ぜたり、、、

いつものキムチ同様に使えます。


ぢつは上記レシピの和風キムチの素、
白菜漬けなどに混ぜなくても

「和風キムチの素」だけでもおいしい漬物感覚で
いただけます。


甘酒ない場合には代わりにハチミツでもOKです。


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ



スポンサーサイト
淡色野菜 | コメント(6) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。