スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

菜の花のせたちらし寿司

2012/03/03 Sat 21:08

ひな祭りでしたね~。

ひな祭りといえばちらし寿司♪

我が家の”ちらし寿司”といえば
コチラでもご紹介したベジちらし


春野菜もイロイロ出てきているので、
もっと春野菜づくしにしようかと思ったのですが、
春っぽいものは結局菜の花だけ。( ̄∇ ̄;)

菜の花、トッピングに使ったので
パッと見だけ、ちょっぴり春らしいちらし寿司です。

あ、でもやっぱりワタシの作るちらし寿司、
けっこう地味ですので、
どうぞ普段ごはんのご参考までに。。。


「たけのこ」も春野菜ではあるのですが、
フレッシュなものが店頭に並ぶのは4月中旬以降。

今回は水煮を使っております。

ぢつわワタクシ、水煮のたけのこのあの独特の匂いが
どうも好きになれないので、ほとんど使うことは
ないのですが、

使うときには下処理にてさっとゆでしてから使うと
随分と違います。

まぁどうしてもたけのこ入れなきゃ味が違うのよ。
ってほどのものでもないので無理して入れることも
ないのですけどね。^^



『菜の花のせたちらし寿司』

★120303菜の花のせたちらし寿司


【材料 3人分】

米・・・・・・・・・2合

<寿司酢>

◆砂糖・・・・・・・大さじ3
◆塩・・・・・・・・小さじ2/3
◆米酢・・・・・・・大さじ3

白ごま・・・・・・・小さじ2

<寿司飯に混ぜ込む具材>

たけのこ水煮・・・・70g
にんじん・・・・・・4㎝
油揚げ・・・・・・・小1枚

●酒、みりん、砂糖・・・各大さじ1
●醤油・・・・・・・・・大さじ2
●だしの素・・・・・・・少々

<上にちらす具材>

菜の花・・・・・・・・・1/2束
醤油・・・・・・・・・・小さじ1

卵・・・・・・・・・・・1ケ
砂糖・・・・・・・・・・小さじ1
塩・・・・・・・・・・・少々

ガリ、もみのり・・・・・各適量


【作り方】

①米はいつもより少し硬めに炊く。

②小鍋にお湯をわかす。
 たけのこは小さめの薄切りにして、さっとゆでる。
*下処理にひと手間かけると水煮独特の臭みが抜けやすくなります。
*たけのこの食感を残したい場合には少し厚めに切ります。

③・にんじんは2㎜厚さに切って千切り。
 ・油揚げは縦半分に切り、細切りにする。

④鍋に②、③、●と水をひたひたに入れ、
 落としぶたをして中火で10分ほど煮る。
 しばらくおいて味をなじませてから強火で水分を飛ばす。

⑤菜の花はさっとゆで、流水をかけて冷まし、
 醤油小さじ1/2で醤油絞り。
 2~3㎝に切り、残りの醤油小さじ1/2をふりかけて下味をつける。

⑥卵を溶きほぐし、砂糖、塩を混ぜて炒り卵を作る。

⑦ガリは千切りにする。

⑧ごはんが炊きあがったら、おひつやボールに移し、
 混ぜ合わせたAを加えてしゃもじで切るように混ぜ、
 うちわであおぐ。

⑨汁気をきった④と白ごまを⑧に加えて混ぜ、
 器に盛り、菜の花、炒り卵、千切りガリ、もみのりを
 彩りよく飾る。



砂糖はいつもきび砂糖を使っております。
寿司酢を混ぜるときに、砂糖がすべてキレイに
混ざりませんが、

アツアツごはんに混ぜると、ごはんの熱で溶けますので、
気にせずにそのままごはんに混ぜてます。


上記レシピの寿司酢、ずーっと我が家定番の味なので、
当たり前のように今回も作ってしまいましたが、、、

作ってから、黒酢使って砂糖と塩をもっと減らして
ヘルスィ~な寿司酢を作ってみてもよかったな、
と反省。( ̄∇ ̄;)


次回ちらし作るときには、
寿司酢開拓してみようかと思います。


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ



スポンサーサイト
ごはん、餅 | コメント(14) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。