スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
お正月にたくさん食べたお餅もそろそろ
中途半端に残る頃。

先日は残った切り餅でトッポギ風にしてみましたが、

今日はおかき(揚げせんべい)を作りました。


薄切りにしたお餅をしっかり乾燥させてから
油で揚げて味付けします。


包丁が切りにくいとお餅を薄切りにしにくいので
包丁はしっかり研いでから


薄切りにしたお餅。乾燥した今の時期、
風通しのよい場所であれば1日でヒビ割れできるほどの
乾燥状態に。

念のため、今回は2日間干しましたが。


鏡開きでバラバラにしたお餅も同じ方法で
おかきが作れますが、

その場合はお餅をしっかり乾燥させるために
(お餅の大きさにもよりますが)2週間ほどの
乾燥期間
が必要です。



『残ったお餅でサクサクおかき♪』
~塩味&みりん風味の焦がし醤油味~

120111おかき①


【材料(作りやすい分量)】

切り餅・・・・・・・・3ケ
揚げ油

(A)塩
(B)砂糖:みりん:醤油=1:1:1


【作り方】

①切り餅は2㎜厚さの薄切りにする。
(横に置いて縦切り)

②干し網(or盆ザルなど)に広げて、
 風通しのよい場所で(この時期であれば)
 2日間ほど干す。
*お餅が乾燥してヒビわれができるくらいまで。
*昼間→外干し 夜→部屋干し


120111おかき②

③揚げ油を熱して乾燥したお餅を中温ぐらいで揚げる。
*油は新しいものを使います。
*お餅を油の中に入れると膨らむので、たくさん入れすぎないよう
 ご注意を。
*油の温度が高すぎるとすぐに焦げるので油は中温程度で。
 温度が低すぎても時間がかかります。


④乾燥したお餅が膨らんでキツネ色になったらしっかりと
 油きりし、熱いうちに半分に塩をふりかける。(A)

⑤残りの半分はBの”みりん風味の焦がし醤油味”に。
 フライパンに砂糖、みりん、醤油を各同量
 (今回はすべて大さじ1)を入れて強めの中火で
 フライパンをまわしながら煮詰める。

 とろみがついてきたら塩をふっていない方の半分を入れ、
 強火にして全体にタレをからめ、アルミトレーなどに
 平らに広げて冷ます。



【ひとこと】

☆完全に冷めたらジップロックなどの袋に入れて
 あれば空いた缶に入れて保存します。

(もしあれば、海苔の缶などに入っているシリカゲル
(乾燥剤)を一緒に入れておきます。)



今回はシングルパックされた市販の切り餅を使ったので、
そのまま薄くカットすることができました。

硬~くなったのし餅や冷凍してあったお餅など
硬くて切りにくい場合には少しだけ(包丁が入るぐらい)
レンチンすると切りやすいです


(やわらかくしすぎると切りにくくなりますので
ほんの少しのレンチンで。)


Bの ”みりん風味の焦がし醤油味”。

おいしいのですが、砂糖入りなので歯にくっつきやすいかも
しれません。( ̄∇ ̄;)

揚げたてにさっと醤油をまわしかけるだけもOKですよ♪


その他に味付けのアレンジとして

カレー塩(カレー粉+塩)、抹茶塩、七味塩、青のり塩

(これらの味付け塩の場合にはビニール袋に入れて
 少しずつシャカシャカふる
とまんべんなく味付けできます。

 が、少しの量でしっかりつくので塩の入れすぎにはご注意と
 おかきはシャカシャカ振りやすい少しずつ
ビニール袋に
 入れます。)


薄切りにしているので、乾燥時間も揚げ時間も
短くてすむ
おかき。


冷めてからおやつにするのもいいですが、
揚げたてもサイコーですよん。( ̄▽ ̄)

(レシピの盛り付け画像↑だいぶつまみ食いして
しまったので量が減ってます。(^^ゞ)



残ったお餅の活用法。

去年作ったモッチーズinお好み焼きも好評でした。^^


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ



スポンサーサイト
ごはん、餅 | コメント(6) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。