スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今年もたくさん煮た黒豆

残った黒豆でシフォンケーキにしてみました。


黒豆を多めに使いたかったので、型は
大きめの直径20㎝のもので。

煮汁を加えたぶん、砂糖は控えめ。


黒豆や煮汁の甘さによっても砂糖の量は
かわってきますが、


下記レシピでもけっこう甘さ控えめな仕上がりです。



『煮汁も使った”黒豆シフォンケーキ”』

120105煮汁も使った黒豆シフォンケーキ


【材料 20㎝シフォン型1つ分】

卵・・・・・・・・・・・5ケ
砂糖・・・・・・・・・・50g
黒豆の煮汁・・・・・・・50ml
バニラエッセンス・・・・3滴
サラダ油・・・・・・・・大さじ2
薄力粉・・・・・・・・・100g
黒豆(ラム酒漬け)・・・150g

サラダ油(型塗り用)・・・適量


【作り方】

※オーブンは170℃15分設定にしておく。
※シフォン型にサラダ油をキッチンペーパーで塗っておく。
※黒豆は粗く刻み、キッチンペーパーでしっかり水分をとる。


①卵は卵黄と卵白に分ける。
*卵白はメレンゲにすると増えるので大きめのボール
 (濡れていないきれいなボール)で。


②卵白のボールに砂糖の半分を加え、
 ハンドミキサーで角が立つほどのメレンゲにする。

③卵黄のボールに残りの砂糖を加え、
 ②のハンドミキサーで泡立てる。
白っぽく、もったりとするまでしっかりと泡立てる。)
*最初にメレンゲを作っておくと、ハンドミキサーの羽根を
 洗わずに卵黄を泡立てられます。
 

④③に黒豆の煮汁、バニラエッセンスを加えてよく混ぜる。
 さらにサラダ油を少しずつ加えながらその都度よく混ぜる。

⑤④に薄力粉をふるいながら入れ、黒豆も混ぜる。
 ゴムベラで粉っぽさがなくなるまで混ぜる。

⑥⑤に②のメレンゲの1/3量を加えてよく混ぜる。
 さらに1/3量を加えて混ぜ、最後にメレンゲのボールに
 移しかえて泡が消えないように大きく混ぜる。
*メレンゲは数回に分けて混ぜることにより、泡が消えにくくなります。

⑦油を塗った型に⑥を流し、3回ほど上から落として空気を抜く。
 天板にのせ、170℃のオーブンで15分焼き、
 160℃に下げてさらに25分
ほど焼く。(合計40分)
 竹串を刺して何もついてこなければOK。
*途中、表面がキツネ色になったらホイルをかぶせます。

⑧焼きあがったら大きめのグラス(orマグカップ)を裏返した
 上に型を逆さまにしてかぶせて冷ます。
 粗熱がとれたらナイフで型からはずす。


【ひとこと】

☆黒豆は煮汁ごとラム酒をふりかけておいたものを
 使いました。




黒豆はそのまま加えると沈んでしまうことがあるので、
粗くきざみました。

とはいっても黒豆の食感も残したかったので、
1粒が1/2~1/3の大きさになるぐらいの刻み方


シフォンケーキはメレンゲをしっかりと作り、
焼きはじめ10分くらいの温度を下げなければ

しっかりと膨らんでフッワフワの仕上がり♪


バターも使わず、甘さも控えめな黒豆シフォンは
朝ごはんにも。


ゆるめにホイップした生クリームがあれば
最高ですが、今回はなしで。(^^ゞ


煮汁も最後まで使いたい黒豆。

まだ煮汁が残っているので、残りはホームベーカリーで
パンを焼くときに水分として加えようかと思います。^^


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ



スポンサーサイト
スィーツ・おやつ・ドリンク | コメント(12) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。