スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

塩豚と根菜のポトフ

2011/12/09 Fri 21:39

ゆるゆるローフード&フルモニ&玄米&ベジ中心
な生活にしてから、

「肉が食べたい!」と思うことが殆どなくなってきました。


食べるものを変えることにより、
食べたくなるものも変わる
、という新たな発見。


それでも育ち盛り、食べ盛りの15歳のムスコは肉命。( ̄∇ ̄;)


ワタシはほんのひとくちの味見程度と料理の出汁程度に
肉があればよいので、使う肉の殆どはムスコへ、、、


本日のポトフも3~4人分でブロック肉、使う量は200gです。

それでもしっかり旨味が出て野菜もおいしくなって
スープも◎。


スーパーではブロック肉は少なくても400gくらいからの
パック売りなので、

塩豚は一度に作っておいて、別の日に違う料理にも使います。


塩豚は塩をすりこんで3~5日ほど肉を熟成させたもの。

熟成とともに旨味も食感もアップしますが、

それほど長くおかなくても1日(24時間)おいただけでも
そのままの豚肉を使うよりも随分とおいしくなります。


今回は夏に作ってまだあるバジルの塩漬けの塩を
使ってみました。

(ちなみに他のハーブやペッパーもすりこんで
数日おいた豚肉を燻製すればベーコンです。)


根菜は皮をむかずにそのままで

皮のまわりにはカラダに必要な栄養素がたっぷりと含まれます。

できれば有機野菜や減農薬、無農薬野菜を皮ごと使いたい。
(ゴミも減って手間も減ってラクチンエコ調理にもつながります。)


煮込み料理は圧力鍋で作ることも多いワタクシですが、
今日のポトフは敢えてお鍋でコトコトと。

そうはいっても煮込む時間は35分。

あとは火を消して放置で冷める間においしくなります。



『塩豚と根菜のポトフ』

★111209塩豚と根菜のポトフ①


【材料 3~4人分】

◆豚バラブロック・・・・・・・200g
バジルの塩漬けの塩・・・小さじ1(6g)
→豚肉重量の3%塩分

大根・・・・・・・・・・・・・6㎝(200g)
レンコン・・・・・・・・・・・120g
にんじん・・・・・・・・・・・1本
玉ねぎ・・・・・・・・・・・・1ケ
長ねぎ・・・・・・・・・・・・1本
にんにく・・・・・・・・・・・1かけ

※干ししょうが・・・・・・・・4~5枚
ローレル・・・・・・・・・・・1枚

水・・・・・・・・・・・・・・800ml
酒・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
バジルの塩漬けの塩・・・小さじ1(後から足す塩)
ブラックペッパー


【作り方】

<塩豚の仕込み>(ポトフを作る1日前に)

①豚バラブロックの水気をふきとり、塩を全体にすりこむ。

②キッチンペーパーで肉を包み、ビニール袋に入れて
 冷蔵庫で1~2日おく。

*豚バラブロックはなるべく脂が少なく、脂と赤身が
 キレイな層になっているものを選んでいます。
*2日以上おく場合には毎日キッチンペーパーを取り替えます。



<ポトフ>

①・大根は3㎝の半月切り。
 ・レンコンは乱切り。
 ・にんじんは大きめの乱切り。(1本を3等分)
 ・玉ねぎは大き目のくし切り。
 ・長ねぎは4~5㎝の長さに切る。
 ・にんにくは皮をむいてつぶす。
*大根、レンコン、にんじんはよく洗い、皮をむかずに
 そのまま使っています。
*どの野菜も大きめに切ります。


②仕込んだ塩豚を3等分に切り、フライパンに(油をひかず)
 中~強火で各面を焼き、焦げ目をつける。
 途中出てくる脂をペーパーでふきとる。
*鍋で焼くと鍋が焦げてしまうことがあるので、
 フライパンで焼いてある程度脂を落としてから鍋に入れます。


③厚手の鍋に②の肉、①の野菜、干しょうが、ローレル、
 水、酒を入れてフタをして強めの中火にかける。
*水はひたひたの量にて。

④煮立ってきたらアクをすくい、コトコトするくらいの
 弱火にて20分煮る。
 味をみて、塩で調整し(まだ煮ることも考慮のうえ)
 さらに15分煮て火を止め、そのまま冷めるまで放置する。
*火にかけている間はアクはこまめにすくいます。
*ゆるやかに冷めていく間にじんわりと味がなじんでいきます。


⑤食べる前に温めて盛り付け、お好みでブラックペッパーをふる。


【ひとこと】

粒マスタードを添えてもよく合います。

☆鍋はなるべく厚めの鍋(多重層鍋)で作るとおいしくできます。
 土鍋でもOK。
 
 そうでない鍋の場合には火にかけた後、フタをしっかり閉め、
 新聞紙で包んでからバスタオルでくるんでおいても
 簡易保温鍋がわりになります。

☆後から足す塩は小さじ1にしてありますが、野菜の量により
 水の量も多少変わってきますし、煮詰まり具合によっても
 味が変わってくるので、味をみて調整してくださいませ。

☆朝作って夜、夜作って次の日にいただくなど、
 ある程度、作ってから時間をおいた方が味がなじんで美味。

☆塩豚は食べる前に薄くカットして鍋に戻して温めてから
 盛りつけた方が食べやすいです。

☆セロリやカリフラワーを加えても美味。
 じゃが芋を加える場合には煮崩れしにくいメークインが最適。
 中ぐらいの大きさであれば丸ごと一個をそのまま加えます。

 メークインでないじゃが芋を加える場合には皮をむいた丸ごと
 ④の残りの15分煮る前に加えます。




今回使った鍋は10年以上お世話になっている
ル・クルーゼの赤い鍋。

お肉は少なめですが、野菜やスープにも十分に
旨味が行き渡り、野菜がメインの洋風おでん的ポトフです。


カラダを温める効果のあるショウガ。

そのままのものより漢方薬にも使われる干ししょうが
(乾燥しょうが)の方がカラダを温める持続性があるので


今回は自家製干ししょうがを使っています。

※薄切りにして盆ザルなどに広げ、天日干しにて1日干したもの。



寒い夜にほっこりとおいしいポトフ。

パスタやグラタン、洋風のごはんがメインのときに、
できれば前夜に作っておきたい一品です。


もしポトフが残ったら、次の日の朝はポタージュにしても
とっても美味♪

111209塩豚と根菜のポトフ②
根菜の旨味が凝縮されてこれはこれでおいしい~☆


スープごとミキサーにかけて豆乳(or牛乳or生クリーム)を
足せば少しだけ残ったポトフも2~3人分に変身です。^^


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ

スポンサーサイト
肉、卵、チーズ | コメント(8) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。