スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

もみもみフルーツ♪

2011/12/08 Thu 17:49

フルモニ(朝ごはんにフルーツ)生活を始めてから
快腸はもちろん、午前中の仕事にも集中力が
高まったような気がしています。

もともと朝にフルーツは食べていましたが、
それはパンやスープにフルーツを組み合わせる、
といった感じ。

最近のワタクシ、たっぷりのフルーツがメインとなり、
パンを一緒に食べることは殆どなくなっています。

寒くなってきてから、フルーツのあとに
温かいスープをいただくことはありますが。


フルーツはそのままいただくとそれほどの量は
食べられないもの。

季節のフルーツを組み合わせたり、青菜や豆乳、
豆乳ヨーグルトを加えたスムージーにしたり。

ま、モノによってはそのままいただくこともありますが。


そして、ムスコが小さい頃によく作っていた
「もみもみフルーツ」も再び、最近ではよく作るように
なりました。

(”もみもみ”は、小さいお子様でもできる作業。
子供が小さい頃は遊び感覚でとっても喜んでやっていました。
ちょっとフォローは必要ですが。(^^ゞ)



今の時期でもまだお店の店頭に並んでいる洋梨、みかんなどを組み合わせて。

やわらかく熟した柿やバナナも”もみもみ”には最適♪


数種類のフルーツを組み合わせて(ビニール越しではありますが)
手でもんだその味はミックスジュースを思わせる感じです。

マッサージしてもらうときに、機械でのマッサージよりも、
人の手で直接揉んでもらった方気持ちがいいように、

ミキサーやジューサーでガーっと撹拌したものとは
また違うソフトな(?)おいしさです。

もみもみ加減はお好みで。

少し果肉が残ったぐらいのスムージーと果肉を一緒に
いただけるぐらいのもみ加減がおいしいかと思います。



『もみもみフルーツ♪』

111208もみもみフルーツ


【材料 2人分】

バナナ・・・・・・・1本
みかん・・・・・・・2ケ
柿・・・・・・・・・1ケ


【作り方】

①フリーザーバッグなどの丈夫なポリ袋に
 バナナを適当に折って入れる。

②みかんの皮をむいて適当にほぐして入れる。

③柿は皮をむき、適当に切り、種を除いて
 袋に入れる。

④袋の上から手でもみほぐす。


【ひとこと】

☆使ったポリ袋は洗って干して、穴があくまで使用可能です。




上記レシピは一例です。

今の時期だったらリンゴを加えてもいいし、

アボカドキウイフルーツもよく合います。

(アボカドやバナナが入ると腹持ちもよくなります。)


熟した柿やみかんなど、ちょっと水分がある
フルーツを一緒にした方が
もみやすく、食べやすいです。

みかんは皮をむいてそのままほぐして加えれば
OKですが、

オレンジやグレープフルーツの場合には薄皮が硬いので
スクィザーで絞ってから加えた方が
食べやすいかと
思います。


少し残念だった(甘味が少なかったり食感がイマイチだったり)
フルーツも、他のフルーツとの組み合わせにより、
おいしく変身♪

渋柿をそのまま放置しておいた熟れて甘くなった柿。

ぢつはちょっと苦手でしたが、
もみもみフルーツにはぴったりでした♪

これからの季節はイチゴが出てきたり、
いろんな柑橘類も出てくる時期。


フルーツそのままいただくのとはまた違ったおいしさが
味わえます。^^


朝の果物は金、と昔からいわれているように、

朝にフルーツをいただくことはカラダにとっても効率的。

体内の代謝機能が正常に働き、新陳代謝も活発に。

”フルモニダイエット”なんていうのもあるらしいですが。。。

特にダイエット目的でなくても、寝ている間に失われた
脳の栄養源となるブドウ糖をはじめ、フルーツに含まれる
ビタミン類や酵素、有機酸など、

空腹時にいただくことにより、カラダの内側から
すっきりと目覚めることができます。

午前中から元気ダッシュしたい方、
新陳代謝を高めたい方にも
朝にたっぷりのフルーツはおすすめです。


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ

スポンサーサイト
果物 | コメント(14) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。