スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

サバの味噌煮

2011/12/05 Mon 20:00

12月もあれよあれよという間に日々が過ぎていきます。

そろそろ来年の目標を決めたいところ。

・・・とその前に今年の目標を振りかえらねば。


来年の手帳も準備できたので、
そろそろ新年に向けて頭も切り替えていこうと思います。



今日のレシピはサバの味噌煮

今回のレシピ、魚の中までじんわり味がしみこむ、
というよりも、濃いめのタレを絡めて食べる感じの
味噌煮です。

味噌と同量の醤油を加えていますが、
この辺はお好みで比率は加減してくださいませ。
(味噌の味にもよりますし)

おいしくなってきた長ねぎをこんがりと焼いた
あしらいが味噌の味ともよく合います。



『サバの味噌煮』

111205サバの味噌煮


【材料 2人分】

サバ・・・・・・・・2切れ
しょうが・・・・・・2かけ
長ねぎ・・・・・・・1本

◆水・・・・・・・・150ml
◆酒・・・・・・・・50ml
◆砂糖・・・・・・・大さじ2
◆みりん・・・・・・大さじ2
◆醤油・・・・・・・大さじ1
◆味噌・・・・・・・大さじ1


【作り方】

①鍋にサバ霜降り用のお湯を沸かし、皮面に切れ目を入れた
 サバを網じゃくしにひとつずつのせ、沸いたお湯にさっと
 浸し、霜降りして臭みを抜く。
*網じゃくしがない場合にはざるにサバをのせて
 両面に熱湯をかけます。


②しょうがは1.5かけ分を皮付きのまま薄切りにし、残りは
 皮をむき、トッピング用に細い千切りにする。
*しょうがの皮にも強い香りがあるので、
 一緒に煮るしょうがは皮付きのまま薄切りにします。


③フライパンに◆を順に入れながら火をつける。
 味噌を煮汁で溶き入れ、薄切りのしょうがを加えて
 強火で煮立たせる
*2切れぐらいの少量の場合には小さめのフライパンが便利。
 小さいフライパンがない場合には18㎝ほどの浅めの鍋で。


④サバの皮面を上にして③に入れ、フタをして強めの弱火にして
 時々煮汁をサバにかけながら10分ほど煮て火を通す。
*できればこのまましばらくおいて味をなじませるとより美味。

⑤④の間に長ねぎをブツ切りにしてトースターでほんのりと
 焦げ目がつくまで焼く。

⑥サバと⑤のネギを盛りつけ、④の煮汁をとろりとするまで
 煮詰めてサバにかけ、千切りのしょうがをのせる。


【ひとこと】

☆味噌は「信州味噌」を使っています。
 味噌の種類により、塩分もかわってきますので、
 味噌、醤油の量は調整してくださいませ。

(最初少なめに調味料を入れ、ある程度煮えてから味をみて
 調整しても。)

☆こってり味噌煮にしたい場合には、醤油を入れずに
 味噌のみで。




最初の霜降りは少々面倒ではありますが、
仕上がりを生臭くしないために是非行いたい下処理。

もっとやるならば、霜降りの前に
塩少々をふってしばらくおいて、臭みを出す

という方法もありますが、今日は省略。

フライパンで煮ることで、途中煮汁がかけやすく、
取り出すときにも煮崩れしにくいです。

(ただし、2切れの場合大きいフライパンだと
煮汁が浸りませんが。)


サバ+ネギ ⇒ 冷え性、貧血の改善


に効果的。

サバには抵抗力をつけるビタミンB2
増血作用の鉄分、疲労回復に作用するタウリンなどが
含まれるので滋養強壮にも働きます。


これから年の瀬にかけて疲れも出やすい時期。

サバの味噌煮で体力、気力アップの手助けを。


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ

スポンサーサイト
| コメント(6) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。