スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今日で11月も終わりですが、

数えてみたら、、、、、

なんと11月は半分以上、東京の家を留守に
しておりました。( ̄0 ̄;)

新しい店のOPENがあって不規則な日々が続いたり、
出張が長引いたり、、、

疲れも溜まっていたのか、
久しぶりに高熱出しました。(-。-;)


食欲もなく、カラダの節々が痛い。。。

食べたくても食べられない、味もわからない
ってことはワタシの場合仕事にもならないわけで。。。


ソッコー眠って汗かいて、
翌朝には熱は下がり、食欲もボチボチ。。。

すりおろしたりんごを少しずつ食べながら、
翌日の夜にはほぼ回復。

でもまだ安心はできないので静かに過ごしております。。。


”年中元気”だけが取り柄のようなワタクシ。

滅多に具合悪くなったり風邪ひいたりすることもないので、

こんなことがあると、周りからは”鬼の撹乱”
言われてますが( ̄∇ ̄;)


「あ、ワタシも人間だったのね。」とか

「少しは胃を休めろってことだよね。」とか


そんなことを思いつつも、

やはり具合悪いと通常の生活ができません。

いつも周りに無理しないで~と言ってる自分が
具合悪くなったので、なるべく無理せずに
しっかりなおるまでなるべくおとなしくしていようと思います。


そうそう!ちょっと回復してきたら、
飲む点滴甘酒もワタシにとってはイイ薬。

すりおろしたしょうがを多めに入れると
カラダも芯から温まります。^^


風も冷たくなってきました。
そろそろ1年の疲れも出る頃でもあります。

皆さまもどうか体調にはお気をつけくださいませ。



そんなわけで、今日は以前の記事のアレンジレシピを。。。


ちょっと前から気になっていた「豆乳マヨネーズ」

市販のものもありますが、けっこうお高いのですよね。

豆乳ヨーグルトを作るようになってから、

マヨラーなワタシもマヨネーズ消費が減ってきました。

豆乳ヨーグルトに調味料をちょこっと加えるだけで
マヨネーズ代わりに使えるので♪


今日はフレンチマスタードを使った豆乳ヨーグルトの
ソースを。

サラダソースとしてはもちろん、

豆腐のステーキやエビやホタテ、鶏肉のソテー、フライもの
などにも使えます。


フレンチマスタードを加えると、辛味は殆どありませんが、
色がとってもキレイになり、目にも鮮やか!!

グリーンサラダをより色鮮やかに引き立てます。



『豆乳ヨーグルトのマスタードソース』

111129ノンエッグ★豆乳マヨソース


【材料 2~3人分】

豆乳ヨーグルト・・・・・・・大さじ2
フレンチマスタード・・・・・大さじ1
EXオリーブオイル・・・・・・大さじ1/2
塩、こしょう・・・・・・・・各少々
おろしにんにく・・・・・・・少々

サニーレタス、トマト


【作り方】

★ボールに材料を順に入れ、
 その都度ホイッパーでよく混ぜる。


【ひとこと】

☆フレンチマスタードの量はお好みで加減してくださいませ。
 入れすぎても辛くはなりませんが、マスタードの
 酸味が出やすくなります。

☆豆乳ヨーグルトでなく、フツーのプレーンヨーグルトを
 使う場合にはヨーグルト自体に酸味があるので、
 マスタードの量は控えめに。

☆アボカドにもとってもよく合うソースです!




お手軽豆乳ヨーグルト。基本的な作り方は、

タッパーなどの容器に
プレーンヨーグルト大さじ山盛り2杯豆乳400ml
少しずつ混ぜながら加えて混ぜ、

そのまま室温で7時間ほど放置

なのですが、この「室温」。季節によって差がありますよね。

今の寒い時期でしたら15~16℃くらいでしょうか。

暖房を入れているかどうかでもかわってくるかと
思いますが。

15~20℃くらいの場合には、

★まず豆乳を鍋に入れて40℃ほどに温める。

(スプーンなどで混ぜながら、フチがフツフツとなる前まで。
 ワタシは指つっこんで温度みちゃいます。(^^ゞ手はキレイに洗ってからね。
 お風呂よりぬるめぐらい。)


!豆乳を熱くしすぎると菌が死んでしまうのでうまく固まりません。

★種ヨーグルトに温めた豆乳を少しずつ加えながら混ぜたら、
 
 新聞紙(1日分)に包み、その上からバスタオルで包んで
 せんたくばさみでとめておきます。
 
 

なんともレトロな保温方法ですが。( ̄∇ ̄;)

新聞紙+バスタオルの保温力って案外スゴイです。


フタ付きの発砲スチロールの箱があればそれに入れておいても
いいですね。

またはタオルにくるんで保冷バッグに入れてもいいかもしれません。

要は、なるべく冷めないように(冷めても冷たくならないように)
温度を保つ
、ということです。


最近は種ヨーグルトを多めに入れているので、
4時間ほどでヨーグルトになることも。

(種ヨーグルトの量や温度によっても固まる時間には差が
あるかと思いますので、時々覗いて固まり具合を見てくださいね。)


豆乳ヨーグルトができあがったら、次に作る種ヨーグルトとして
山盛り大さじ2杯分を別容器に冷蔵庫保存
しておけば、
次に作るときにも使えます。(なんともお得~♪)


ちなみにフレンチマスタードですが、
我が家では粒マスタード以上に消費量が高い調味料です。

というのもドレッシングやソースのベースとして
たっぷりと使うことが多いため。

辛味が殆どないので辛いの苦手なムスコにもOKです。


豆乳ヨーグルトソース以外のに野菜マリネのベース
キャロットサラダ

マスタードドレッシングのベースとしても
活躍しています。



マヨラーなワタシのマヨネーズ消費量が減ったほかの
豆乳ヨーグルトレシピはコチラから ↓↓↓

豆乳ヨーグルトチーズソース

アボカドグリーンサラダ

さつま芋のレモン煮deリメイクサラダ

ひよこ豆と押し麦の玉子サラダ


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ

スポンサーサイト
豆類 | コメント(11) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。