スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
昨日、ローの話をしていたばかりなのに
いきなり肉加熱料理でシツレイします。( ̄∇ ̄;)


夏に作ったバジルの塩漬け

2か月たった今頃は塩にもバジルの風味が
しっかりと入り込み、いい感じのバジルソルトが
できあがっています。

普段のお料理に塩を使う際にちょこちょこと
使ってはいるものの、

肝心の塩漬けにしたバジルレシピを
まだアップしていなかったことに気付きました。w


バジルはトマト以外にもチキンやポテトとの
相性が抜群♪

今日はバジルの塩漬けを使って
チキンとポテトをシンプルに焼きあげました。

油は特に使わず、鶏皮から出る脂で焼いています。

ガーリックパウダーとブラックペッパーを
プラスして、仕上げはレモン!(是非欲しいフレッシュレモン)


お肉料理ではありますが、案外さっぱりと
いただけます。



『バジルチキン ~チキンとポテトのバジルソルト焼き~』
111018バジルチキン


【材料 3人分】

鶏ムネ肉・・・・・・・・大1枚(330g)
じゃが芋・・・・・・・・2ケ
塩(バジルソルト)・・・・・少々
バジルの塩漬け・・・・・5枚
こしょう・・・・・・・・少々
ガーリックパウダー・・・適量
ブラックペッパー・・・・適量
レモン


【作り方】

①じゃが芋は皮をむいて5~7㎜厚さ(大きいものは
 半分に切ってから)に切り、水にさらす。

②バジルの塩漬けは葉5枚を取り出し、
 塩部分をなるべくとる。
 重ねて縦半分に切ってから千切りにする。
*乾いた薄いまな板や広げた牛乳パックの上などで切ると
 葉についた塩も無駄なく使えます。


③鶏肉は皮をとり、食べやすい大きさのそぎ切りにする。
 皮は切っておく。

④鶏肉(皮以外)に②のバジル(塩含)の半分と
 ガーリックパウダーを全体にもみこむ。

⑤フライパンに鶏皮を入れ、強火で炒める。
 脂が出てきたら中火にして鶏皮を隅にやり、
 じゃが芋を重ねないように並べ、
 片面にバジルソルト(or塩)、こしょう、
 ガーリックパウダーをふり、フタをして両面こんがりと
 焼いてじゃが芋だけ取り出す。
 (鶏皮はカリカリになっていなかったらそのまま残す。)

⑥⑤のフライパンに④の鶏肉を並べ、中火でフタをして
 両面をこんがりと焼き、中まで火を通す。

⑦⑥に⑤のじゃが芋を戻し、(鶏皮も出しておいたら戻し)
 残りのバジルの塩漬けとブラックペッパーをふり、
 強火で炒め、器に盛り、レモンを添える。




チキンは少なめ、じゃが芋多めでも十分に
おいしいです。


ジェノバソースなどの思いっきり”バジル”な感じは
あまり好まないムスコも、

このバジルチキンはリクエスト有りの料理。


大人は白ワインが欲しくなります。^^


★バジルの塩漬けの作り方⇒⇒⇒コチラ




********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ


スポンサーサイト
肉、卵、チーズ | コメント(14) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。