スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

里芋と糸コンの煮もの

2011/10/15 Sat 20:00

里芋がおいしい季節。

大きめの里芋もお安くなってきました。

土がついたまま売っていることが多い里芋。

ビニール袋に入った売っていたままの状態での
保存はカビが生えやすくなってしまいます。

買ってきたら洗って水けをふきとって
乾燥させてから常温での保存
が傷みにくいです。

乾燥させた状態で皮をむくと
手がかゆくなりにくくもあります。


芋にキズがあったりすると、
そこから傷んできやすいので、

なるべく早めに使いきりたいもの。


旬の里芋。まずは定番の煮ものから。



『里芋と糸コンの煮もの』
111015里芋と糸コンの煮物



【材料 3人分】

里芋・・・・・・・3~4ケ
糸こんにゃく・・・100g(1/2袋)
ごま油・・・・・・大さじ1/2
水・・・・・・・・ひたひた

◆だしの素・・・・少々
◆酒・・・・・・・大さじ1
◆みりん・・・・・大さじ1
◆砂糖・・・・・・大さじ1
◆醤油・・・・・・大さじ2

削り節


【作り方】

①里芋は洗って皮をむき、大きめの一口大に切る。
 (表面の汚れだけ水で流し、水けをきる。)
*表面をしっかりふきとっておくと(乾燥させておくと)皮がむきやすいです。
*表面がやわらかくなるほどにレンチンしておくと、さらに皮がむきやすいです。


②糸こんにゃくは小鍋に入れて水(分量外)を入れて強火にかける。
 煮立ったら弱火にして2~3分ゆでてザルにあげ、水けをきる。
*アク抜き。ひと手間ですが、味のしみこみがグっとよくなります。

③鍋にごま油、里芋、糸こんにゃくを入れて火にかけて炒める。
(時々鍋をまわしながら)

④水をひたひたに入れて◆も加え、落としぶたをして強火で煮る。
 煮立ってきたら弱めの中火にして10分煮る。

⑤味をみて調整し、鍋をまわして弱火にし、さらに10分煮る。
 里芋に竹串がスーっとささればOK。
 強火にして煮汁を少し残すぐらいまで煮詰める。
*できればこのまま少しおくと味がなじみます。

⑥器に盛り、削り節をかける。


【ひとこと】

☆残った糸こんにゃくは水に入れて冷蔵庫保存。
 きんぴらなどに加えても。

☆上記分量にて糸こんにゃく200g使ってしまってもOK。
 (この場合、糸こんにゃく多いので、次の日のお弁当や胡麻和えなどにしても。)




ごくフツーのよくある煮っころがし。

里芋だけだと3人分というともう少し
量が欲しいので、

今回は糸こんにゃくを組み合わせました。


里芋は糖質をエネルギーに変えるビタミンB1
脂肪を効率よく燃焼させるビタミンB2が豊富。

食物繊維も多く含むので、同じく食物繊維を多く含む
こんにゃくとの組み合わせにより、整腸作用に役立ちます。


ヌルヌル成分は脳細胞を活性化するとともに
免疫力を高め、胃腸の働きを強化します。



********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ


スポンサーサイト
いも類 | コメント(6) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。