スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
めっきり冷え込むようになってきましたが、
風邪などひいていませんか?


冬生まれのワタクシ。

秋~冬にかけての今の時期、嫌いじゃありません。( ̄▽ ̄)


朝、外に出たときの秋の香り。

キンモクセイはそろそろ終わりですが、

”空気の匂い”で季節を感じられるのもありがたいこと。

季節を五感で感じられる日本に生まれてよかった、
と思える瞬間でもあります。



今日はさつま芋と豆乳のポタージュ

さつま芋、皮をむいてポタージュにすることも
ありますが、

今日は皮つきのまま


さつま芋の皮や皮付近には食物繊維などの栄養素
いっぱい!

厚めにむいて皮のきんぴらにしてもいいけれど、
ぶっちゃけメンドーだったので( ̄∇ ̄;)
今日は皮ごとポタージュに。


仕上がりはなめらかクリィミー~というわけには
いきませんが、

ミキサーにかけるので、ザラつき感はそれほど気になりません。



『さつま芋の豆乳ポタージュ』
★111005さつま芋の豆乳ポタージュ


【材料 2~3人分】

さつま芋・・・・・・・・1本(150g)
玉ねぎ・・・・・・・・・1/2ケ

バター・・・・・・・・・10g
水・・・・・・・・・・・1カップ
コンソメ顆粒・・・・・・小さじ1/2
塩、こしょう・・・・・・各少々

豆乳・・・・・・・・・・1カップ
牛乳・・・・・・・・・・1/2カップ

黒ごま


【作り方】

①さつま芋は7㎜ほどの厚さに切り、水にさらす。
 玉ねぎは薄切りにする。

②鍋にバターと玉ねぎを入れて炒め、
 さつま芋と水、コンソメ顆粒、塩、こしょうを加えて
 さつま芋がやわらかくなるまで10分ほど煮る。
 火を止めて粗熱をとる。

③ミキサーに②と豆乳を加えて撹拌し、なめらかにする。

④③を鍋に戻し、牛乳を加えて火にかけ、
 温めてから器に盛り、黒ごまをひねりながらトッピングする。


【ひとこと】

☆牛乳を加えることでコクアップに!

☆仕上がりの濃度はお好みで豆乳や牛乳で調整してくださいね。
 



皮なしにてなめらかクリィミーに仕上げたい場合には、

蒸すか、焼きいもにしてから薄めに皮をむくのがおすすめ。

(生の状態で皮むきするより薄くむけます。)

さつま芋のレンチンは甘さがあまり出ないので
ちょいと時間はかかりますが、

少し時間をかけての加熱がさつま芋の甘さを引き出すのには
合っているようです。


ちなみにオーブントースターを使ってのやきいもの作り方は

コチラ


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


おきてがみ

おきてがみ


スポンサーサイト
スープ、汁もの、鍋 | コメント(10) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。