スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

かぼちゃのシンプル煮

2011/09/07 Wed 20:00

かぼちゃ、といえば煮付け

というぐらいおなじみの料理。

うちは3人家族なので、1/4カットのかぼちゃを
買うことが多いですが、

1ケ売りで買った方がかなりお得なので、
時々丸ごと1ケ買いもしています。

かぼちゃを買って最初に作るのはやっぱり煮付け。


うちの煮付けはだしを加えずに少しの調味料で
シンプルに煮たものです。

最初にこの煮付けをしてかぼちゃの味を判断。


ほっくりとおいしいかぼちゃか、
はたまた水っぽいかぼちゃか、、、、、

だしを入れないこの煮方なら残念なかぼちゃだった
ときにも

翌朝すぐに豆乳とのミキシングで
ポタージュに変更可能。(笑)


最近は”当たり”のことが多いので、
この量を煮ても翌朝まで残ることはないですが。




『かぼちゃのシンプル煮』
110907かぼちゃのシンプル煮


【材料 3人分】

かぼちゃ・・・・・・・・・1/8ケ(250gくらい)
◆砂糖・・・・・・・・・・大さじ1~
◆醤油・・・・・・・・・・小さじ1



【作り方】

①かぼちゃはワタを除き、所々皮をむいて
 食べやすい大きさに切る。

②皮面を下にして鍋に重ならないように並べ、
 かぼちゃの高さの2/3ほどまで水を入れる。

③◆も加えて落としぶたをして強火にかける。
 煮立ってきたら強めの弱火で15分ほど、
 かぼちゃがやわらかくなるまで(竹串がスーっと通るまで)
 煮る。

④落としぶたをとり、強火にして煮詰める。
 少し煮汁が残った状態で火を止め、そのまましばらくおく。


【ひとこと】

★丸ごとかぼちゃ、硬くて切りにくいときには、
 レンジにかけて表面のみを少しだけやわらかくしてから
 切ると切りやすいです。

★冷蔵庫保存の場合にはワタから傷みやすいので、
 最初にワタを除いておきます。

★カットしてから生のままの冷凍保存も可能。
 煮もの用としては食感がかわってしまいますが、
 
 5~7㎜厚さほどにカットして冷凍しておけば、
 チーズ焼きや味噌汁、ポタージュ用にそのまま使えて重宝です。




黄色が濃いかぼちゃはβカロテン、ビタミンCがとっても豊富。

カラダのサビつきを防ぎ、老化の進行を抑制する働きも。


食物繊維、ビタミンB1、B2もたっぷりと含まれますので、

整腸作用とともに新陳代謝を促して血行をよくし
美肌へも貢献します。



<”当たり”かぼちゃはこんな料理も♪>

夏野菜のしょうが南蛮
(レシピにはかぼちゃ入っていませんが、同様の作り方で
おいしくできます。)

ほっくりかぼちゃの塩バター
(かぼちゃのおいしさを存分に味わえるシンプルな蒸し焼き)

ボディ・メンテナンスサラダ
(トマトやアボカドなどボディメンテに効果的な野菜との
組み合わせ♪)

かぼちゃのミートグラタン
(”ぼっちゃんかぼちゃ”でのレシピですが、
フツーのかぼちゃでも美味!)

おかずかぼちゃ~味噌炒め~
(味噌味とかぼちゃの甘味がぴったんこ。)



<水っぽくて”残念”だったかぼちゃなら、、、>

かぼちゃの豆乳ポタージュ

ごろごろかぼちゃのミルクスープ


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


おきてがみ

おきてがみ


スポンサーサイト
緑黄色野菜 | コメント(8) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。