スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

かぼちゃの冷製ポタージュ

2011/07/30 Sat 20:00

朝から過ごしやすいお天気でした。@東京

しかし午後になるとやはりムシムシと
湿度も上がってきて、、、

昨日の予報では最高気温25℃だったので、
少しだけ期待していたのですが、
やはり暑かった。( ̄∇ ̄;)


とはいってもエアコンなくても過ごせるほどの気温。

これで湿度がなければ、、、と思いましたが、
ま、東京の夏は仕方ないですね。。。



そんなじとっとした暑さのときにおいしい冷製ポタージュ。

かぼちゃの味噌炒めで残ったかぼちゃで作り、
冷蔵庫で冷やしておきました。


かぼちゃのスープはこれまでにもいくつかご紹介済。

こちらこちら


今回も殆ど同じ材料で作り方もあまりかわりませんが。w

冷たくしてもおいしいかぼちゃのポタージュ。


バターも生クリームも不使用にて。

玉ねぎはオリーブオイルでしっかり炒めて
甘味を出しています。


『かぼちゃの冷製ポタージュ』
110730かぼちゃの冷製ポタージュ


【材料 3人分】

かぼちゃ・・・・・・1/8ケ(250g)
玉ねぎ・・・・・・・小1ケ
オリーブオイル・・・大さじ1

水・・・・・・・・・250ml
固形スープの素・・・1ケ
牛乳・・・・・・・・150ml

ドライパセリ


【作り方】

①かぼちゃはワタと種を除き、皮をそぐように薄めにむき、
 (少しグリーンが残ってもOK)
 5㎜厚さに切る。

 玉ねぎは薄切りにする。

②鍋にオイルと玉ねぎを入れて炒める。

③玉ねぎが透き通ってきたら、かぼちゃ、水、スープの素を
 加え、強火にして煮立ったらアクをすくい、弱火にして
 フタをし、かぼちゃがやわらかくなるまで7分ほど煮る。

④粗熱をとり、ミキサーに入れ、牛乳も加えて撹拌する。
 アルミボールに移し(熱伝導がよいのではやく冷えます。)
 しっかりと冷やし、器に盛り、ドライパセリをちらす。
*粗熱をとる際、急ぐときには氷水のボールに鍋を
 10分ほどつけます。



塩分はスープの素のみで、塩は特に加えていません。

かぼちゃ本来の甘味が生きたおいしいポタージュ。


火照った胃にもしみわたります。

が、冷たいものばかりだと真夏でも
内臓が冷えがちに。


食卓には必ず温かい料理も出すようにしています。



ビタミンカラーのカボチャ色のスープは目にも鮮やか☆

色からも元気をもらえそうです。^^


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへはこちらからも訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


スポンサーサイト
スープ、汁もの、鍋 | コメント(14) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。