スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

なすのしょうがポン酢

2011/07/27 Wed 20:15

夏から秋にかけておいしいナス!

この夏もたくさんいただいています。


幼い頃はなすが苦手だったムスコも
徐々に食べられるようになってきたので、

夏にはナスの登場回数が増えています。


今日は油焼きしたナスをしょうが風味の
ポン酢に浸した焼き浸し

熱いうちにポン酢に浸すことにより、
味がしみこみ、おいしくなります。


しょうが風味で食欲も増進。

あれば、青じそを刻んで加えたり、
トッピング
してもおいしいです。


『なすのしょうがポン酢』
110727なすのしょうがポン酢


【材料 2~3人分】

なす・・・・・・・・2本

◆しょうが・・・・・1かけ
◆ポン酢・・・・・・大さじ1.5

●サラダ油・・・・・大さじ1
●ごま油・・・・・・大さじ1

酒・・・・・・・・・大さじ1


【作り方】

①なすはヘタを取り、縦に4等分にして乱切りにする。
 濃いめの塩水に5~10分浸してアク抜きをする。
*濃いめの塩水に浸すことにより、吸油も抑えられます。

②しょうがは千切りにしてポン酢と混ぜておく。

③フライパンに●を熱し、水気をきったなすを炒める。
 油を吸いきったら酒を加えてフタをして蒸し焼きにする。
 20秒→混ぜる→フタして再び20秒くらい。

④ナスに火が通ったら、アツアツを②に加えて和え、
 しばらくおいて味をなじませる。
 



ナスを切ったときには、こんなにたくさん??と
思える量も、炒めることにより、カサが減るので大丈夫。

案外食べられてしまうものです。


冷蔵庫で完全に冷やしてもおいしいですが、
その場合にはポン酢は上記の量より控えめでOK。

多少色は悪くなりますが、味はしっかりしみこみます。



ナスの皮に含まれる成分”ナスニン”には
カラダのサビつきを防ぐ、抗酸化作用があり、
ガン抑制効果も認められています。


ナスニンは油と調理することにより、
水溶性である成分が溶け出すのを防げます

色もよくなるので、一石二鳥。

濃いめの塩水で下処理しておくことにより、
スポンジのごとく油を吸うことを防げます。


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへはこちらからも訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


スポンサーサイト
淡色野菜 | コメント(20) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。