スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
とうもろこしは鮮度が命!

採ってから時間がたてばたつほど
薄皮も固くなってきて、甘味も薄くなってしまう。。。


本当は採りたてをすぐに料理するのが
一番おいしのですが、

そうもいきませんので、
買ってきたり、いただいたりしたら

なるべくはやいうちに料理します。


レンチン900w/3~4分/1本
(600wの場合は1本につき4~5分)
してそのまま食べるのが一番!ですが、

今日は食卓に並べられる料理にて。


まずは炊きこみごはん!


生のとうもろこしの実だけをごはんと一緒に炊きこんで、
塩昆布を加えたもの。

とうもろこしとごはんに同時に火が通るので、
ごはんにもとうもろこしの甘味が入って

後から加えた塩昆布の塩味とほどよいマッチング♪


塩昆布は最初に加えると、塩分が分散してしまうのと、
昆布がやわらかくなりすぎるので、
後から加えています。



『とうもろこしの炊きこみごはん』
110724とうもろこしの炊き込みごはん


【材料 米2合分】

米・・・・・・・・2合

とうもろこし・・・1本
塩昆布・・・・・・2つまみ(10gくらい)
◆酒・・・・・・・大さじ1
◆塩・・・・・・・小さじ1


【作り方】

①米は洗って炊飯器の内釜に入れ、2合の線まで水を入れて
 30分ほど浸水させる。

②とうもろこしは皮をむいてひげ根をとり、
 半分に折ってから包丁で芯から実をこそげるようにして
 包丁で実をとる。

③①に◆を加えて混ぜ、②を加えて表面を平らにしてスイッチオン。

④炊きあがったら、塩昆布を加えて混ぜる。




とうもろこしの甘味と塩昆布の塩分がよどよく、
おいしい炊きこみごはんのできあがり!

おにぎりにしてもおいしいです。



はやく処理したいとうもろこし。

すぐに食べなくても加熱しておくことで、
おいしさはある程度保てます。

ま、1~2本でしたらすぐに使ってしまえるものですが。


加熱したてをそのままガシガシいただくのも
いいですが、

1~2本を家族で分けたいときや、食卓の一品に
したいときはこんな方法でも。


バターコーン♪
1107124バターコーン



レンチンしたとうもろこしを半分にして
包丁で実をこそげとり、

器に盛って温かいうちにバターをのせて塩パラパラ。


暑くて火を使いたくないときにも重宝です。^^


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへはこちらからも訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


スポンサーサイト
淡色野菜 | コメント(10) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。