スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
この暑さで畑のきゅうりもグングン成長しているようです。

夏の食卓に欠かせないきゅうり

カラダの余分な熱を冷まして代謝機能を調整してくれるので、
熱中症対策にも有効です。

利尿効果も高いの、むくみやすい方にもおすすめ。
(ただし味付けは、しょっぱくしすぎませんように~。。。)


今日は塩水に漬けての浅漬けを。

屋台やサービスエリアでも、居酒屋でも、
真夏に人気の「一本きゅうり」!

きゅうり一本をまるごと塩水に漬けた浅漬けにして
割り箸刺して1本100円ぐらいで売っているアレ。

食べやすくカットされて塩水に漬かったものは
コンビニでもよく見かけます。


1本まるごとでもいいんですけど~。。。

今日は食卓にも出しやすいよう、
おかずにもなりやすいよう、
おつまみにもイケるよう。。。

食べやすくカットしての塩水漬け。


赤唐辛子と昆布を加えて旨味出し。

ほったらかしで作りおき。
冷蔵庫がおいしくしてくれます。


『塩水きゅうり(エンスイキュウリ)』
110707塩水きゅうり


【材料 2~3人分】

きゅうり・・・・・・大1本

◆水・・・・・・・・100ml
◆塩・・・・・・・・小さじ1
赤唐辛子・・・・・・1本
だし昆布・・・・・・適量


【作り方】

①ジップロックなどの口の留められるしっかりしたポリ袋に
 ◆を入れて混ぜ、赤唐辛子、細切りにした昆布を加える。

②きゅうりは長さを3等分にしてそれぞれを縦に4等分に切る。

③②のきゅうりを①の袋に入れて、空気をぬくように
 ポリ袋を巻きながら封をして、冷蔵庫で6~8時間漬けこむ。


【ひとこと】

☆赤唐辛子は辛味ではなく、旨味のためにまるごと加えています。
 辛味はさほど出ません。
 辛いものが好みの場合には輪切りにした唐辛子を加えます。

☆きゅうりの量、切り方で漬け時間はかわってきます。




ちょっと濃いめの塩水ではありますが、
きゅうりからもかなり水分が出ますので、

この量でこの切り方だと一晩ほど漬けてほどよいおいしさ


上記の塩水の量で2本は一度に漬けられるかと思います。


残った塩水。

きゅうりから出た水分で薄まっているので、
塩を少し足せば数回は使えますょ。


塩をふっただけの浅漬けもいいのですが、

塩水に漬けた浅漬けの方がみずみずしい(?)
仕上がりのような気がします。


ほどよい漬かり具合は味見にてご確認を。

わさびや和辛子、柚子胡椒を加えての”風味漬け”もおいしいです。 



********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへはこちらからも訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


スポンサーサイト
淡色野菜 | コメント(12) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。