スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
7月に入り、テンプレート替えてみました。^^
ちょっとだけ気分転換。



昨晩、余震の続く松本から帰京。

地震のあった次の日に被害が大きかった市内でも
南の方にある仕事先に向かう途中、

屋根の上にブルーシートが掛けられている家が多数。。。

時々大きな余震もあり、まだまだ予断を許さない松本です。(>_<)


実家の片付けを手伝った後、東京へ戻ると嬉しい贈り物が
届いていました♪

110702さくらんぼ

山形のさくらんぼ!!

東京でもさくらんぼは沢山出ている時期ですが、
こんなに大きくて赤くてツヤがよいさくらんぼは
見かけません。(ってかあってもかなり高価(^^ゞ)

食べてみると、、、見た目通りのおいしさ♪♪♪

さくらんぼとは思えない甘さ&ジューシー感。


この時期だけのおいしさを堪能させていただきました。

Kちゃんありがとう~ヽ( ̄▽ ̄)ノ




あっちっちーで溶けそうな毎日。
酸っぱいものがおいしいです。

今日の酸っぱいものは(・・・ってそれほど酸味はキツくないけど)
にんじんとわかめのサラダ!

ツナとごま油の旨味を借りて、
ベースの味はポン酢です。


うちで作るドレッシングや和えもので
よくやるのが、

ポン酢+ごま油


どんな素材とも相性がよく、大抵家にある
調味料なので、思いたったときにすぐ作れるのが嬉しい。


今日のサラダ、にんじんも乾燥わかめもツナ缶も
だいたいいつも家にある食材たち。


たっぷりのにんじんもおいしくさっぱりといただけます!



『にんじんとわかめのツナポンサラダ』
110702にんじんとわかめのツナポンサラダ


【材料 3人分】

にんじん・・・・・・・1本(170g)
わかめ(乾燥)・・・・大さじ山盛り1
ツナ缶・・・・・・・・小1缶

ポン酢・・・・・・・・大さじ3
ごま油・・・・・・・・大さじ1
白ごま・・・・・・・・大さじ1


【作り方】

①わかめはたっぷりの水で5分ほど戻し、水気をきる。

②にんじんはよく洗って皮ごと千切りスライサーで
 切りながらボールに入れる。

③②に汁気をきったツナ缶、ポン酢大さじ2、
 ごま油、白ごまを加えて混ぜる。

④①のわかめにポン酢大さじ1を和え、器に盛り、
 ③を盛りつける。
*わかめにも下味をつけておくことにより、
 全体がおいしくいただけます。



【ひとこと】

☆にんじん1本といっても大きさはイロイロ。
 ポン酢の量はにんじんの大きさに合わせて加減を。




【ヘルシーポイント】

★ごま油が入ることで、風味がよくなるうえに、
 にんじんのβカロテンの吸収率がアップします!




カロテン、食物繊維がたっぷりのにんじん。

肌ツヤをよくして皮膚をすこやかに保つ働きや
ガンの抑制、便秘解消
にも効果的。

胃腸の働きを高める作用もあるので、
冷たいもので弱りがちな夏の胃腸にも嬉しい野菜です。


皮付近にカロテンが多く含まれるので、
千切りにする場合にはよく洗って皮をむかずにそのままで。


デトックス効果のあるわかめとの組み合わせ。

カロテン豊富なにんじんは強力な抗酸化作用もあるので、


にんじん+わかめ ⇒ カラダの内側クリーニング!

の働きが期待できます。


作ってすぐはもちろん、
しばらく冷蔵庫で休ませて、

マリネ状態にしてしんなりと味がしみこんだ
サラダも
また美味。

その場合には、にんじんからの水分が
ドレッシングと混ざったもので
わかめを和えると無駄なくいただけます。


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへはこちらからも訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


スポンサーサイト
緑黄色野菜 | コメント(14) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。