スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
簡単、お手軽、時短、ラクチン、手間いらず。。。


最近の世の中の料理レシピの傾向として
いかに簡単においしいものを作るか

ということが求められているように思います。

それだけ皆さま忙しい生活の中でおいしいものを
いただきたい、ということなのでしょう。

書いている私も類にもれず、やること満載の
毎日の中でも家族においしいものを食べさせたいし、
自分もおいしいものが食べたい。ヽ( ̄▽ ̄)ノ

毎日のごはん作りの中から生まれる私のレシピも
簡単でおいしく、カラダが喜ぶものを楽しく作れるのが一番!
と考えております。


ただ、ふと冷静になったときに、
昔から使われているもの、昔の人の知恵が詰まっているものも
けっこうあるのでは、と。

調理器具はわりと物持ちいいことはこちらの記事でも
書きましたが、まだありました。

断捨離しても捨てられない(捨てる気のない)コレ。

110522すりばち

すり鉢とすりこぎ。

私が持っているものは2~3人分のごま和えや
とろろ汁を作るのにほどよい少し小さめのすり鉢。

普段は「すりごま」はすってある既成品を使うことが
ほとんどですが、

時間と心に余裕があるときにはすり鉢を引っ張り出してきます。


重くて、収納もしやすいとはいえず、
出したりしまったりするのも少々面倒ではあるのですが、

空炒りしたゴマをすり鉢とすりこぎを使ってすった
あの香ばしい香りは何にも替えがたいものがあります。

すっているときにはもちろん、ゴマ和えにして
食べたときにも既成品のすりごまにはないやさしい味。


毎回、とまではいかないまでも、
時々すりこぎ使って丁寧に(といってもそれほど時間は
かかりませんが)作ったゴマ和えは

遥か昔、祖母が胡麻和えを作ってくれたときの
手伝いですり鉢を支えていたあの頃を思い出させて
くれる味でもあります。

普段の胡麻和えは醤油ベースが多い我が家ですが、
今日は祖母がよく作っていた味噌ベースの胡麻和え。

使う調味料はいたってシンプル。

小松菜の味とゴマ味噌の味の調和はどこかほっとする
懐かしい味です。


『小松菜のゴマ味噌和え』
110522小松菜のゴマ味噌和え


【材料 2~3人分】

小松菜・・・・・・・・・・1/2束(3株くらい)
醤油・・・・・・・・・・・少々(醤油絞り用)

◆白ゴマ・・・・・・・・・大さじ2
◆味噌・・・・・・・・・・大さじ1
◆砂糖・・・・・・・・・・大さじ1


【作り方】

①小松菜は硬めにゆでる。
*アクが少ないのでフライパンでさっとゆででOKです。

 流水をかけて軽く絞り、醤油を少しかけてさらに絞り、3㎝ほどに切る。
*→「醤油絞り」仕上がりが水っぽくなるのを防ぎます。

②白ごまはフライパンで空炒りする。
 フライパンに白ごまを入れ、強火→中火にて
 ほんのりと色づき、香ばしい香りがしてくるまで炒る。

③すりばちに②のごまを入れ、半ずり(半分は粒が残っている状態)
 にし、◆を加えてさらにする。(徐々にまとまってくるまで)

④①の小松菜を③に加えて和え、器に盛る。
*画像はさらに白ごまをトッピングしてあります。


【ひとこと】

☆ゴマ味噌で和えてからしばらくおくと水気が出やすいので
 和えたあとはなるべくはやくいただきます。




バタバタと料理する毎日の中でも
たま~にはスロークッキング。


すり鉢ですったゴマの芳しい香りは
小さな幸せを感じる瞬間でもあります。^^



********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへはこちらからも訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


スポンサーサイト
未分類 | コメント(15) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。