スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
新緑の季節。

110505山梨①

緑の中を車で走っているととっても気持ちのいい季節です♪


110505山梨②

クリーム色に咲く桜。初めて見ました。
今の時期がちょうど見ごろの桜のようです。


110505山つつじ

山つつじ(かな?)も色鮮やかです。


GW中の仕事のあと、ちょっと立ち寄ったところの自然たち。

木々の緑は色鮮やかで、今までじっと我慢していたものを
一気に吐き出すように芽吹いていました。


自然からたくさんのパワーをいただきながら帰途につきました。




数日間、家を空けていたので、
昨晩は冷凍しておいたたけのこと、買い置きしてあった
突きこんにゃくを使って煮ものを作りました。


本当はたけのこは冷凍しない方が食感も香りも
おいしくいただけるのですが、

今回出掛けるまでに食べ切れなかったので、
食べやすくカットしてから平らにフリーザーバッグに入れて
冷凍庫で待機してもらいました。

煮ものにすると、ゆでたての味とはいきませんが、
どうしても余ってしまった場合にはそのまま冷蔵庫に
入れておくより使えます。


だしの味が生きる煮ものなので、だしの素でなく、
だしパックを使って。

最初にだしをとっておくことはせず、
たけのことこんにゃくを煮ながらだしパックも入れて
一緒に煮てしまいます。



調味料は最初は少なめに。
後で足すことはできても引くことはできないので。


油揚げを加えることで肉を加えなくても
コクのある煮ものに仕上がります。

さらに仕上げに削り節をたっぷりと加えた
香りのよい煮ものです。



『たけのことこんにゃくのおかか煮』
110507たけのことこんにゃくのおかか煮


【材料 3~4人分】

たけのこ(ゆで)・・・・・・250g
突きこんにゃく・・・・・・・1袋(200g)
油揚げ・・・・・・・・・・・小1枚

サラダ油・・・・・・・・・・適量
水・・・・・・・・・・・・・300ml
だしパック・・・・・・・・・1ケ

◆砂糖・・・・・・・・・・・大さじ1
◆みりん・・・・・・・・・・大さじ1
◆酒・・・・・・・・・・・・大さじ2
◆醤油・・・・・・・・・・・大さじ2~3

削り節・・・・・・・・・・・小袋1パック


【作り方】

①たけのこは食べやすく切る。
 突きこんにゃくはほどよい長さに切る。
 油揚げはペーパーで表面の油をふきとり、食べやすく切る。

②鍋に油を入れ、たけのこ、突きこんにゃくを炒める。

③よく炒めたらひたひたの水(約300ml)とだしパックを入れ、
 強火にして煮立ったら油揚げを加え、ホイルで落としぶたを
 して弱火で5分煮る。

④だしパックを絞ってから取り出し、
 ◆を加え、再び落としぶたをして強めの弱火で10分煮る。
*この時点で醤油は少なめに加えておき、後で味をみて足した方が
 失敗がありません。


⑤味をみて調整し、さらに5~10分煮る。
 火を止めてそのまま10分以上おき、盛り付ける前に
 強火でほどよく煮汁をとばし、削り節を加えてざっくりと混ぜ、
 器に盛る。


【ひとこと】

☆板こんにゃくを使う場合には味がしみこみやすいよう
 スプーンでちぎって加えます。




多めに作っておき、次の日に再び温めていただいても
またおいしい。

味がしっかりとしみ込んだ煮ものはお弁当にもぴったりです。



たけのこもこんにゃくも腸の掃除に最適な食材たち

よく噛んでいただけばお腹にもたまります。



********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへはこちらからも訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ

スポンサーサイト
淡色野菜 | コメント(8) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。