スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

えびカツ

2011/04/23 Sat 20:00

我が家は”練りもの”ってあまり使いません。

ずっと昔、練り物も扱っている会社にいた頃は、
その手のメニュー、山ほど考えていましたが。w


白身魚と山芋、卵白が主原料の「ハンペン」も
おでんのときと、チーズはさんで海苔を巻いて焼いた

”磯チーズ焼き”をお弁当のときに入れるぐらい。


お正月に伊達巻きを作っていた頃は
すり身のかわりに必ずお世話になっていましたが、

家族が伊達巻よりもフツーの厚焼き玉子を好むので、
お正月にも出番がなくなりました。( ̄∇ ̄;)


でも、よく考えてみたら伊達巻にすり身変わりに
使う、ってことは、

伊達巻でなくてもすり身として使えばいいわけで、、、



冷凍庫にむき海老が中途半端に残っていたので、
ハンペン使っての「えびカツ」を作りました。


ハンペンはやわらかいのでフープロ使わなくても
ポリ袋(ビニール袋)に入れれば簡単につぶせて、手も汚れず。

えびも少量なので、包丁で叩いて混ぜました。



『えびカツ』
110423えびカツ①


【材料(小さめ6ケ)2~3人分】

ハンペン・・・・・・・大判1枚
むきえび・・・・・・・120g
◆塩・・・・・・・・・ひとつまみ
◆片栗粉・・・・・・・大さじ1

薄力粉、玉子、パン粉

サラダ油・・・・・・・大さじ4~5


【作り方】

①えびは(冷凍のものは解凍させてから)◆をふりかけて
 よくもみ、水で流す。
*プリプリ食感のための下処理です。

②えびの半分はそのまま、半分は細かく刻む。

③ボールにハンペンを入れ、ポリ袋を手にはめてつぶす。

④刻んだえびを③に加えて混ぜ、そのままのえびも加えて混ぜる。
*大きめのむきえびの場合には、そのまま加える方のえびは
 小さめに切ってから。


⑤6等分に分けて丸く形を整える。

⑥薄力粉→溶き卵→パン粉の順につけ、多めの油で揚げ焼にする。
 

【ひとこと】

☆これだけが主菜だと食べ盛り中学生のいる3人分では少なめなので
 肉野菜炒めを添えました。(↑画像)

 さらに残った卵にじゃがいもをすりおろしてカサ増しし、
 白だし、刻みねぎを加えてごま油で焼いた副菜も一品に。



→このままお弁当箱に入れれば、お弁当にもなりそうです。( ̄▽ ̄)



えびカツの切り口はこんな感じ。
110423えびかつ②


えびのプリっと食感。
半分はそのまま混ぜ込んだえびが生きてます。

ハンペンを使っているので、卵白を改めて加えなくても
仕上がりはフワっと食感♪

衣のサクっ!ハンペンのフワっ!えびのプリっと
食感の違いが楽しめます。



日本人の大好きなエビ!

プリっと食感とともに独特の旨味の正体は、

タウリン

コレステロールや中性脂肪を減らす働きのあるタウリン。

エビにはイカ、タコに次いで多く含まれているようです。



********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへはこちらからも訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ

スポンサーサイト
エビ、イカ、タコ、貝類 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。