スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

大根の桜漬け

2011/04/14 Thu 20:00

ソメイヨシノは散り桜になってきましたが、
しだれ桜はまだ健在。

110414しだれ桜①

ご近所のお宅の立派なしだれ桜。

今日のように天気のよい日は澄み渡った青空との
コントラストがとてもキレイです。


今日は先日の「桜ごはん」で使った”桜の花の塩漬け”を
使って浅漬けに。


なんだか最近私としては珍しく、
”ピンク”がとっても気になります。

桜の季節だからか、春のポカポカ陽気が続いているためか、
はたまた癒されたいのか。アタシ( ̄∇ ̄;)


先日からブログの記事にもいちごのミルキィプリンやら
「桜ごはん」やら、、、ピンク色が続いています。w

ピンクといってもいろいろありますが、
白が混ざったような優しいピンク色が今の気分にぴったり。


食卓にピンク色があると、ホっとするこの頃です。



「大根の桜漬け」といえば、よく市販のお弁当に
入っているあの毒々しいピンク色の漬物のことを指すことが
多いですが、

今日の桜漬けは食紅を使わず、
桜花の塩漬けだけを使ってのシンプルな浅漬け

全体がピンクに染まるわけではないですが、
火を通さないので、仕上がりは塩漬けの桜の色が鮮やかです。


『大根の桜漬け』
110414しだれ桜②


【材料(作りやすい分量)】

大根・・・・・・・・200~250g
桜の花の塩漬け・・・10g


【作り方】

①大根は皮を薄くむき、縦4等分にして
 スライサーでイチョウ切りの薄切りにする。
 桜花の塩漬けは細かく刻む。

②フリーザーバッグなどのポリ袋に①の大根と
 桜花の塩漬けを入れて全体を混ぜ、
 水分が出てくるまで(やさしく)手でもむ。

③空気を抜きながら巻き寿司のようにポリ袋ごと巻き、
 冷蔵庫で6~12時間漬けこむ。


【ひとこと】

☆3時間後から食べられますが、6~12時間漬けた方が
 桜の風味と塩の味が全体になじんでおいしくなります。




箸休めに、お茶受けにも香り高い浅漬け。

桜の花の塩漬けが余っていましたら、ぜひどうぞ。



********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへはこちらからも訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ

スポンサーサイト
淡色野菜 | コメント(14) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。