スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

桜ごはん

2011/04/10 Sun 20:47

ぽかぽか日和の日曜日。

110410桜①


投票に行った小学校では桜の花が満開でした。


「お花見」はもともと花からの元気をもらうために
行われていた春のイベント、と先日ラジオで言ってました。

今年のお花見、だいぶ自粛の動きもあるようですが、
わざわざの「お花見」でなくても、

近所の公園や学校、川沿いなどの満開の桜の花を
眺めるだけでも元気がもらえそうです。



今の時期だけの桜の花。

命が短いだけにありがたい存在に感じるのかもしれません。



今夜は桜ごはん。

桜の花の塩漬けを塩抜きせず、そのまま使って炊く方法です。

110410桜②


桜の花の塩漬けは八重桜を塩漬けにしたもの。


お祝いごとのときの桜茶やゼリー、おまんじゅうなどの
お菓子に使われたり、ケーキに使ってもほんのりと
塩味と桜のほのかな香りが春を感じさせてくれます。


この時期になるとスーパーなどにも並んでいることも
ありますが、

今回は先日の出張のとき、休憩したパーキングエリアで
売っていたもの。


ソメイヨシノとは違う鮮やかな桜色がそのまま残った
桜の花の塩漬けは、ごはんと炊くと花の色が抜けてしまいます。

ただ、そのまま炊きこむことによって桜の香りがごはんに移る、
というメリットもあるので、

半分は炊きこみ、残りの半分は色を生かして塩抜きをしてから
飾り用に使います。



『桜ごはん』
110410桜③


【材料 3~4人分】

米・・・・・・・・・2合
桜の花の塩漬け・・・30g
だし昆布・・・・・・10㎝くらい
酒・・・・・・・・・大さじ1



【作り方】

①米は洗い、炊飯器に入れて2合の線の少し下まで
 水を入れ、昆布も加えて30分ほど浸水させる。

②桜花の塩漬けの半分は(塩をつけたまま)
 茎の硬い部分だけを除き、茎は細かく刻む。
 (花部分はそのまま)

③残りの桜花はたっぷりの水に浸して15~20分ほど塩抜きし、
 キッチンペーパーにとり、やさしくおさえるように
 水気をおさえる。

④①に酒を加え、2合の線まで水を入れる。
 ②の桜花と細かく刻んだ茎を加え、普通に炊く。

⑤炊きあがったら、昆布を取り出し、細く刻んで炊飯器に戻し、
 全体を混ぜる。

⑥茶碗に盛り、③で塩抜きした桜花をトッピングする。


【ひとこと】

☆塩抜きした桜花は細かく刻んでから炊きあがったごはんに
 混ぜても色がキレイです。

☆桜花は塩抜きしないものを加えた炊き方です。
 加えすぎると仕上がりの塩分が強くなってしまいますので
 米2合に対し、桜花塩漬けは10~15gほどが適量です。 

☆米2合のうちの、1/3程度をもち米にしても美味。



おむすびにしてもおいしい桜ごはん。

今の時期だけの味わいです。



********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへはこちらからも訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ

スポンサーサイト
ごはん、餅 | コメント(11) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。