スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
白こんにゃく、黒こんにゃくはどちらでも。

お好みのものをお使いくださいませ。

とはいってもここ数日、売り場に残っていたのは
いつも黒コンだったので、今日も黒コン使っておりますが。


こんにゃくの白と黒の違い。

生芋から作るこんにゃくに似せるように、
アラメやヒジキなどの海藻の粉末で色をつける場合が
多いようです。((財)日本こんにゃく協会HPより)


今日のこんにゃくレシピも下ゆでしてから作ります。

前回のこんにゃく料理「浸しこんにゃく」一緒に下ゆですれば
さらに省エネ。


味噌漬けこんにゃく。

味がしみこみやすいようにフォークで刺して
下ゆでしてから漬けこみます。



味噌はそのままよりも少しだけお酒を加えて
伸ばしてから塗ると
ツルツルとしたこんにゃくにも
塗りやすいです。



『味噌漬けコンニャク』
110320こんにゃく味噌漬け①


【材料 2~3人分】

こんにゃく・・・・・・・1/2枚
◆味噌・・・・・・・・・大さじ2
◆酒・・・・・・・・・・大さじ1/2

白ごま、ブロッコリースプラウト


【作り方】

①こんにゃくにフォークをランダムに刺し、
 味をしみこみやすいようにする。

②小鍋にお湯をわかして①を1分ほど下ゆでする。

③こんにゃくをざるにあげて水気をきり、ふきとる。

④◆をタッパーなどの密閉容器に入れて混ぜ、
 ③のこんにゃくの表面にまんべんなく塗り、
 丸一日(24時間)冷蔵庫に入れる。

⑤味噌をぬぐいとり、薄切りにする。

⑥皿にスプラウトを敷き、⑤のこんにゃくを盛り、
 白ごまをふる。


【ひとこと】

味噌漬けにしたこんにゃくをごま油で炒めても美味

 いつものこんにゃくきんぴらとはまた違ったおいしさです。



画像の向こう側に見える小鉢に入ったものは、、、

コレ↓

110320こんにゃく味噌漬け②

クリームチーズに万能ねぎの小口切りを加えたもの。


もちろん味噌漬けこんにゃくだけでも
おいしく召し上がれますが、

仕事で使ったクリームチーズが残っていたので
添えてみました。


万ねぎ入りクリームチーズとスプラウトを
味噌漬けこんにゃくでクルンと巻いていただきます。

110320こんにゃく味噌漬け③

 
味噌+こんにゃく⇒合う

こんにゃく+万能ねぎ⇒合う

味噌+クリームチーズ⇒合う



ゆえに、

味噌漬けこんにゃく+万ねぎ入りクリームチーズ=合う


という強引な方程式(?)のもと、
クセのないこんにゃくで包みこんだソレ↑は
とってもおいしくいただけました。


そして、ぬぐいとった味噌もムダなく使います。

110320こんにゃく味噌漬け④


『味噌ドレサラダ』

ぬぐいとった味噌・・・・・上記分量
米酢、オリーブオイル・・・各大さじ1/2


材料すべてを混ぜて味噌ドレッシングのできあがり。

きゅうりの薄切りとにんじんの千切りに
かけていただきました。



こんにゃくからぬぐいとった味噌は
こんにゃくの水分を含んで、水っぽくなっていますが、

ほどよく塩分も緩和され、ドレッシングにちょうどよい感じ。

ねりごまやすりごまを加えてもいいですね。



こんにゃく。
言うまでもないですが、

ダイエット目的で、
こんにゃくだけを食べ続けるのはNG。

栄養が偏り、体調崩れて肌も荒れます。


主菜のオプションや副菜として、また汁物などに
上手に使っていきたいものです。


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへはこちらからも訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


※お返事、訪問が遅れてましてごめんなさい。
スポンサーサイト
きのこ、海藻、乾物など | コメント(12) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。