スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
中途半端に半分だけ残った小さめのキャベツ。

使いきってしまいたい。。。と思い、
今日は温サラダに。

「3分もやし」の応用で、

焦げ目を少しつけた蒸し焼きに。


最初にオイルで焼き目をつけてから
蒸し焼きにすることで、そのままいただくのに
盛り付けたときに上になる焦げ目が目からもおいしい。

少しの水での蒸し焼き状態。
仕上がりには水分ない状態なので、
キャベツの甘味をグーンと引き出す温サラダ。

マヨネーズで作るお手軽アイオリ風ソースでいただきます。



『蒸し焼きキャベツの温サラダ』
110309蒸し焼きキャベツの温サラダ


【材料 3人分】

キャベツ・・・・・・・小1/2ケ
オリーブオイル・・・・大さじ1
水・・・・・・・・・・50ml
塩、こしょう・・・・・各少々

<お手軽アイオリソース風>
◆マヨネーズ・・・・・大さじ2
◆牛乳・・・・・・・・大さじ1
◆おろしにんにく・・・小さじ1/2


【作り方】

①キャベツは1/2を6等分のくし切りにする。

②フライパンにオイルを熱し、キャベツを並べる。

③ジリジリと火が通ってきたら水を加えてフタをし、
 中火で5分蒸し焼きにする。

④火を止めてそのまま1分蒸らす。

⑤フライパンに大きめの皿をあて、
 ひっくり返して焦げ目が上になるように盛る。

⑥塩、こしょうをふりかけ、◆を混ぜた
 ソースをかける。


【ひとこと】

☆ソースはお好みのドレッシングなどでも
 おいしくいただけます。




キャベツ半分の千切りを食べるのは
けっこうな量になりますが、

火を通すとカサが減るので、
これだけの量も3人でペロリ。

気をつけたいのはマヨネーズ。

マヨラーなワタクシはついついかけすぎて
しまうので、牛乳でのばしておろしにんにくで
風味付け。


マヨラーで思い出しましたが、
このソースにラー油を加えた
「マヨラーアイオリ風ソース」
もおいしいです。


キャベツは火を通す調理により、
甘味が増え、胃腸の働きも活発になります。

(せっかく豊富なビタミンCは熱に弱いので
加熱時間は短く抑えたいところです。)


ほかの野菜にあまり含まれないビタミンU
胃や十二指腸の粘膜を守る働きをするので、

胃腸の弱い方にも蒸し焼き調理、おすすめです。


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


スポンサーサイト
淡色野菜 | コメント(14) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。